72件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

隕石の衝突でアミノ酸生成 東北大など分析 (2020/6/10 科学技術・大学)

地球上に存在するアミノ酸をめぐっては、隕石や彗星(すいせい)などからもたらされたという説や、大気の微量成分のメタン、アンモニアなどから生成された説があるが、よく分かっていない。 .....

火星由来の隕石(いんせき)の化学組成から、火星の中心部は液体鉄―硫黄の合金で構成されていると考えられていた。

また、隕石(いんせき)が多く発見されており、地球上で見つかった隕石の約70%が南極でのもの。

研究グループは、5億年前から現在までに火星で過去に起こった複数回の隕石(いんせき)衝突を衝突計算と破片の軌道計算で算出した。

陸上に大きなクレーターが存在しない年代であるため、海に落ちた隕石である可能性が高いという。隕石の直径は数キロメートルとみられる。... 海に落ちた隕石としては、251万年前に南太平洋に衝突した隕石があ...

2種類の隕石(いんせき)からRNA(リボ核酸)を構成するリボースなどの糖を検出した。... 今後、複数の隕石を分析し、地球外からの糖による地球の生命誕生への影響を明らかにする。 .....

有機物を多く含んだ、二酸化ケイ素と金属酸化物で構成される隕石(いんせき)「コンドライト」に似た構造とみられる。

隕石(いんせき)の落下映像から軌道を逆算し、母体となる小惑星の位置を確認。隕石の成分分析から木星より遠く寒い場所で作られるドライアイスを見つけた。... 水を多く含む隕石には、水と岩との反応で形成した...

デジタルコレクションの例は他に、総合研究博物館の非南極隕石(いんせき)標本、文学部の史跡モヨロ貝塚ガラス乾板写真、農学部の農学生命科学図書館コレクション、経済学部の古貨幣・古札統合データベースなどだ。...

 昨年12月にベーリング海上空で大きな隕石(いんせき)が爆発した痕跡を地球観測衛星「テラ」が観測していたと、米航空宇宙局(NASA)のジェット推進研究所が26日までに発表した。.....

さらにリュウグウと科学的な特徴が一致する隕石(いんせき)を調べると、500度C程度の加熱か、10ギガパスカル(ギガは10億)以下の衝撃を受けた炭素質隕石に限られることが分かった。

 愛知県小牧市の民家に昨年9月26日夜に落下した隕石(いんせき)が国際隕石学会に「小牧隕石」として登録され、東京・上野の国立科学博物館で19日展示された。... 展示された隕石の最...

隕石(いんせき)に含まれる隕鉄(いんてつ)磁石と同じ結晶構造をもつ。... 薄膜中の隕鉄磁石の純度を示す規則度は約0・4だった。

ただ、二つの巨大な隕石(いんせき)が同時に衝突してできた可能性は低いという。  ... 地球に近づく小惑星の中には2個以上が近接して集まっているものがあり、地球に隕石となって落下した...

さらに太陽風や微小隕石(いんせき)の衝突などが原因と考えられるエネルギーが含水鉱物を加熱し、徐々に水を奪っていくことも分かった。

直径が約1キロメートルもある隕石(いんせき)が衝突して形成されたと考えられ、当時、北半球の環境に大きな影響を与えた可能性が高いという。  ... 付近の堆積物からは、隕石衝突で生じた...

火星衛星は、大昔の火星と巨大隕石(いんせき)が衝突しその破片が集まってできたとする仮説と、外から飛来した小惑星が火星の重力に捕まったとする仮説に分かれ議論されている。

ロシアのチェリャビンスク州上空に残る隕石が通った跡(13年2月、EPA時事)  計画は「衝突するNEOが極めて大型だったり、衝突までの時間が短かったりする場合、核...

水の蒸発で作られる鉱物「モガナイト」を月隕石の中から初めて発見。... 研究グループは、巨大天体の衝突で宇宙空間に放出された後、地球に飛来した月隕石に着目。大型放射光施設(SPring―8)のX線や電...

これらの衛星はかつての火星と巨大隕石(いんせき)が衝突しその破片が集まってできたとする仮説と、外から来た小惑星が火星の重力に捕らえられたとする仮説が議論されている。

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる