112件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

(藤木信穂) 【スピン利用】 近年、量子コンピューターをはじめとする量子技術が進展している。... 研究グループは、電子が自転する回転の内部自由度(電子スピン)の量...

東北大学の小野瀬佳文教授と研究当時に同大特別研究生だった理化学研究所の佐々木遼研究員らの研究グループは、音波で電子のスピンの向きを変えることに成功した。... 角運動量保存の法則にのっとって、ニッケル...

英科学誌ネイチャー・マテリアルズ電子版に掲載された。 アンチスキルミオンは固体中の電子スピンが形成する渦状の磁気構造体。

また東京都昭島市の日本電子が持つ世界最高クラスのNMRに接続し、長時間の遠隔利用で貴重なデータを取得するのに成功した。... 阪大の科学機器リノベーション・工作支援センターの古谷浩志副センター長は「さ...

【強誘電分極】 次世代メモリー材料として期待されているマルチフェロイクス物質は、物質内で電子スピンが整列すると、それに伴って物質内で電子の偏り(強誘電分極)が発生する。そのため、この...

日本原子力研究開発機構とNECの研究グループは、電子スピン(自転)を利用し熱を電気に変える「スピン熱電素子」が高い放射線耐性を示すことを明らかにした。... その中でもスピン熱電素子は設計の自由度や経...

電子が強く相互作用する強相関電子の絶縁性を電子スピンにより制御できることを示した。... だが、強い電子相関を持つためにその金属転移のメカニズムは不明だった。 電子スピンはこうした強...

日本原子力研究開発機構と理化学研究所、芝浦工業大学、総合科学研究機構の研究グループは、電子スピンの一部がほぼ固化した「短距離秩序」状態となり相分離した新しい金属状態を高温で初めて実現した。... 磁性...

磁石の性質を持つ電子スピンの向きをそろえる性質と伝える性質を持つ、合金とグラフェン(炭素シート)の積層材料を作製。超高記録密度で省エネルギーの磁気メモリーの実現に必要な電子スピンの操作を可能にした。&...

ダイヤモンドは室温で電子スピンの状態を操作でき、スピンを用いた電場や磁場の高感度センサーなどへの応用に注目が集まっているが、デバイス化に向けては、限りなく純粋に近いダイヤモンド基板が欠かせない。...

このような課題の解消や、より使い勝手の良い材料開発のために注目されているのが、固体中の電子の利用である。特に、電子にはスピンと呼ばれる磁極(NS極)があり、スピンの向きのそろい方が変わる相変化によって...

電子デバイスや新機能材料、燃料電池や太陽電池のほか、医療や農水産分野への応用を進める。... 設備は高密度大気圧プラズマ装置や表面解析プラズマビーム装置、ラジカル計測付きプラズマプロセス装置、電子スピ...

二酸化バナジウムは電子スピンの相変化を利用して熱を吸収したり放出したりする。

電子顕微鏡を利用し、微小な磁場をかけた磁性体の薄片を室温で観察。... 電子はスピンと呼ばれる磁気的な性質を持つ。... さらに磁気記憶素子への応用に向け、磁気渦構造の一つで渦状の模様を形成する電子ス...

歴史は、1999年に超伝導、その6年後に量子ドット中の電子スピンによる量子ビット(情報単位)が実現された。... 電子を1個だけ含む量子ドットの近傍に微小な磁石を配置しておくと、その外部に勾配をもった...

研究グループは、強い核スピンと電子スピンの相互作用を持つ炭酸マンガンに着目。相互作用によって核スピンと電子スピンが連動し、核スピン波と呼ばれるスピンの集団運動が起こる。... 核スピンが電子スピン同様...

本センターは、そのような固体電子を用いた革新的なエネルギー技術学理の創成を目指している。... トポロジーによって保護された強固な量子状態を利用して、高効率の電界・光による磁性(電子スピン)の制御を目...

被ばく線量、歯で測定 東北大が新手法 (2018/9/14 科学技術・大学)

歯のエナメル質を抽出して電子スピン共鳴(ESR)法で計測する。

精密有機合成化学と電子スピン化学を融合して物質を開拓した。奇数個の電子からなる有機中性ラジカルという特異な電子スピン状態の有機分子の電子機能性材料の研究につながる。 ... 結晶化の...

奇数個の電子を持って非常に反応性が高い中性ラジカルの電子機能性材料への応用につながる。 有機合成化学と電子スピン化学を融合してトリオキソトリアンギュレンを設計した。

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる