68件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

電力・石油業界、脱炭素前倒し 工程表改定、再エネ導入急ぐ (2022/5/24 建設・生活・環境・エネルギー)

スコープ1(自社事業での直接排出)、同2(電気、熱、蒸気使用に伴う間接排出)の30年度のネット排出量を、政府目標と整合する13年度比で46%削減とした。

温室ガス、50年めど排出ゼロ トーヨーカネツが削減目標 (2022/5/23 機械・ロボット・航空機1)

同社と国内外の連結子会社の燃料使用などによる直接排出「スコープ1」と、外部から供給される電気・熱の使用による間接排出「スコープ2」を削減する。

事業者自らによる温室効果ガスの直接排出がスコープ1、他社から供給された電気・熱・蒸気の使用に伴う間接排出がスコープ2、原材料調達や製品の販売・使用・廃棄などの活動に伴う他社の排出がスコープ3と呼ばれる...

電気・熱 駅周辺に独自供給網 東日本大震災発生直後の大津波で壊滅的な被害を受けた福島県新地町。... 地区内の新地エネルギーセンターに配備したコ...

設置済みの太陽光発電(PV)設備と木質ペレットガス化コージェネレーション(熱電併給)と組み合わせ、本社敷地内で必要な電気・熱を再生可能エネルギーで全て賄うマイクログリッ...

狙うのは需要増が見込まれる電気自動車(EV)の給配電部品であるバスバー向け金型の受注だ。... 藤電気 熱可塑性樹脂製品拡販 藤電気(大阪市淀川区、並...

エア・ウォーター、長野のトマト農園で「トリジェネ」開始 (2021/7/2 建設・生活・環境・エネルギー)

エア・ウォーターは1日、長野県安曇野市のトマト農園内で地域の未利用木材を使うバイオマス発電設備(写真)から生まれる電気、熱、二酸化炭素(CO2)を有効活用する「トリジェ...

アルパ(大阪市平野区、中村信一社長)は熱分解炭化装置「PWCD」について、電気熱を利用した「BOX」タイプ(写真)を開発した。熱分解に従来のガスを使わず電気熱を利用し、...

第48回「環境賞」に5件 (2021/5/10 建設・生活・環境・エネルギー)

優秀賞 【高砂熱学工業/「大気放出ゼロの揮発性有機溶剤回収システム」】 高砂熱学工業の新開発システムは、溶剤乾燥炉の排気を処理したのちに、乾燥炉への給気と...

温室効果ガス、50年度めど排出量ゼロ SCSK (2021/5/5 電機・電子部品・情報・通信)

中間目標として、30年度までに自社による直接排出量と他社から供給された電気、熱などの使用に伴う間接排出量を19年度比47%削減することを目指す。

農水省は農山漁村地域での再エネ発電による電気・熱収入などの目標を23年度600億円(19年度372億円)に設定しているが、大幅な積み増しを期待する。

力学、電気、熱、光などの特性値を含む大量のデータには、材料に関する規則性が潜んでいる。... この材料はビスマス(Bi)とケイ素(Si)、2種類の材料の界面で生じる高い...

ニュース拡大鏡/東京ガス・TGES、エネ地産地消で高効率 CO2を20%削減 (2020/10/28 建設・生活・環境・エネルギー2)

電気・熱を一体供給 東京ガスと東京ガスエンジニアリングソリューションズ(TGES)が、清原工業団地(宇都宮市)で操業するカルビー、キヤノン、久光製薬の...

地域の電気・熱の消費量よりも、地元の再生エネ設備の発電量が多い市町村を「エネルギー永続地帯」と定義している。

電気・熱は工場内で自家消費する。... 設置したのはシーズと資本提携している藤田建設工業(同)が販売する独エントランコ(デュッセルドルフ)製のガス化コージェネユニット「...

SCREENHD、30年めど温室ガス30%減 環境団体の認定取得 (2020/4/7 機械・ロボット・航空機1)

事業所などでの温室効果ガスの直接排出と、他社供給の電気、熱、蒸気の使用による間接排出の合計排出量について30%削減を目指す。

併せてPtGプラントは水素と二酸化炭素(CO2)の合成によるメタン化、小型水素ガスエンジンやガスタービンコージェネレーションでの工場への電気・熱供給など、研究開発を含めた水素拠点として...

倉阪研究室らは地域の民生(家庭と業務)と農林水産業の電気・熱の消費量よりも、地元の再生エネ設備の発電量が多い市町村を「エネルギー永続地帯」と定義し、調査している。

東京ガスエンジニアリングソリューションズ(TGES、東京都港区)が設備の設置、電気と熱を供給・運用するエネルギーサービス事業を受託。... センターでは電気、熱の最適運転を実現、省エネ...

電気、熱、機械、光などの特性を活用し、実用化事例は出てきたが、幅広く実用化を促進するために再確認したい点がある。

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン