52件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

米科学財団(NSF)は1日、プエルトリコのアレシボ天文台にある大型の電波望遠鏡が同日朝(日本時間同日夜)、崩壊したと発表した。1963年に建設され、かつては世界最大の電波望遠鏡として知られたが、老朽化...

銀河系3次元立体地図作成プロジェクト「VERA(ベラ)」で使用する電波望遠鏡を4台運用できる予定。 ... 水沢観測所の予算は20年度当初予算が19年度比で半減し、ベラで使用する電波...

電通大と国立天文台、宇宙研究で連携協定 (2020/11/19 科学技術・大学)

電通大の幅広い理工系分野の研究を生かし、国立天文台の望遠鏡などの観測技術の向上を目指す。... これまでに電通大と国立天文台は、チリにある巨大電波望遠鏡「アルマ望遠鏡」での観測に重要な波長の検出に使う...

産業春秋/頑張る女性研究者 (2020/10/23 総合1)

「アルマ望遠鏡」など最先端の電波望遠鏡を用いた大型プロジェクトで、惑星系形成の解明につながる成果をあげた。

複数の電波望遠鏡が協力して仮想的な巨大望遠鏡を作る「超長基線電波干渉法(VLBI)」を活用した。

また、昼夜関係なく浮力を維持し長期間飛行できる「スーパープレッシャー気球」の飛行実験や、電波望遠鏡をつなぎ仮想的な巨大望遠鏡を作る「超長基線電波干渉法(VLBI)」の気球での実証に向けた検証を行う。&...

遠い場所にある複数の電波望遠鏡が協力して仮想的な巨大望遠鏡を作る「超長基線電波干渉法(VLBI)」を活用する。... 岩手県奥州市の水沢観測所のほか、入来(鹿児島県薩摩川内市)、小笠原(小笠原諸島父島...

世界各国の電波望遠鏡をつなぎ合わせて地球サイズの仮想的な望遠鏡を作り上げる手法「超長基線電波干渉法(VLBI)」で観測した。... そこで、国際プロジェクトを立ち上げ世界中の電波望遠鏡を使い協力する試...

施設には2種類の巨大な電波望遠鏡が設置。... 同観測所を中心に進める銀河系の3次元立体地図を作るプロジェクト「VERA(ベラ)」は、4台の電波望遠鏡をつなぎ合わせて仮想的な巨大望遠鏡を作る手法「超長...

これまで世界6カ所8台の電波望遠鏡を使って観測していたが、4月には新たにフランスや米国など9カ所11台に増やして、より高画質な画像で撮影しモニタリングすることで動画も作成する計画だった。... 撮影す...

近畿大学と国立天文台、東京大学、台湾の中央研究院は、チリに設置されている巨大電波望遠鏡「アルマ望遠鏡」で、超巨大ブラックホールから超高速で噴き出すガス流「ジェット」が、星間のガス雲に衝突して激しく揺さ...

光も捕まえるため、光を利用した望遠鏡による観測ができず、直接的な証拠は見つかっていなかった。 世界中の電波望遠鏡をつなぎ合わせ地球サイズの仮想的な望遠鏡を作り上げるプロジェクト「イベ...

富士通のHEMT、米学会が「IEEEマイルストーン」認定 (2019/12/19 電機・電子部品・情報・通信1)

富士通研究所が1979年に開発し、電波望遠鏡や衛星放送受信機の性能向上で画期的な成果を挙げたことを評価した。

米国や日本、欧州などの大型望遠鏡や天文衛星を使い、二つの銀河団が衝突し始めるときに発生すると予測されていた衝撃波を観測した。 日本の「すざく」や米国の「チャンドラ」などのX線天文衛星...

 早稲田大と東京大、名古屋大などの国際共同研究チームは、観測史上最も遠い131億光年先で銀河同士が衝突、合体する様子を南米・チリのアルマ電波望遠鏡で捉えることに成功した。... ハッブル宇宙望遠鏡の観...

世界の電波望遠鏡が連動 捉えた「影」 宇宙の謎を掘り起こす―。... 南米・チリにある国立天文台のアルマ電波望遠鏡のほか、米アリゾナ州、ハワイ島、メキシコ、スペイン、南極の電波望遠鏡...

惑星系の元になる円盤状の構造を電波望遠鏡で観測。... 国立天文台がチリで運用するアルマ望遠鏡で同円盤を観測し、今回の発見につなげた。

未熟「原始星」に円盤 東大など発見 (2018/9/6 大学・産学連携)

誕生後1000年程度の未熟な原始星を電波望遠鏡で観察。... おおかみ座にある原始星を、国立天文台がチリで運用するアルマ望遠鏡で観察。

電波望遠鏡での高解像度観測と解析を行い、銀河全体でガス分子が集まり大量の星が生まれやすくなっていることを突き止めた。... 国立天文台がチリで運用する電波望遠鏡「アルマ望遠鏡」で、ろくぶんぎ座の方角を...

電波望遠鏡で同星雲を観測。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる