404件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

また、天然ガスの代替による石炭需要の高まりなどを背景に、電源構成の約7割を石炭火力が占めるインドでも電力需給が逼迫している。

21年初頭に北東アジアを大寒波が襲った際には、日本の電源構成の4割近くを占めるLNGが不足し、電力スポット価格の高騰と綱渡りの電力供給が続いた。  

エネルギー政策は、脱炭素の観点から電源構成が注目されるが、安定供給を確実にするためには、送配電網(電力系統)の一層の整備と、運用の高度化の視点が重要だ。再生可能エネルギーの主力電源化には、電力系統や調...

中国政府が6月と8月に、エネルギー消費の削減目標に未達の地域を公表して対策強化を指示し、電源構成の6割以上を占める石炭火力発電が抑制されているためだ。  

焦点となった30年度の電源構成は、再生可能エネルギーが19年度実績の2倍以上となる36―38%で「主力電源化の徹底」が明示された。... 30年度の電源構成では再生エネが増加し、火力発電は減少、原子力...

経営ひと言/日本原子力産業協会・新井史朗理事長「十分達成できる」 (2021/9/28 建設・生活・環境・エネルギー2)

第6次エネルギー基本計画素案の2030年度の電源構成で原子力は20―22%とされた。

日本は電源構成の37%をLNG火力発電に頼っている。2030年時点で20%に引き下げる案があるものの、主力電源の一つであることは変わらない。

「第6次エネルギー基本計画」の素案がまとめられ、30年度の電源構成の目標値が示された。... そこで30年度の電源構成として、太陽光や風力などの再生エネの割合を現基本計画比12ポイント以上の上昇となる...

当面は火力発電が主要電源となる日本にとって、輸入に頼る燃料の需給タイト化や価格上昇が経済に及ぼす影響は大きく、警戒感は高まる。... 日本は50年のカーボンニュートラル実現に向けて再生可能エネルギーの...

モーリシャスは2030年までに再生可能エネルギーの割合を35%―40%まで引き上げるロードマップを策定し、波力発電も将来の電源構成の一つと位置付ける。

温室効果ガス排出量を2030年に13年度比46%削減に向け、電源構成に占める再生可能エネルギー比率を大幅に引き上げる一方、火力発電を大幅に削減する。... 国際大学副学長・橘川武郎氏 電源構成、カーボ...

経済産業省のエネルギー基本計画改定案では、30年度の電源構成比の1%を水素・アンモニアにする方針だ。

「電炉業界としては使用する電力の電源構成が二酸化炭素(CO2)削減の重要部分になる。

脱炭素化に向けて、電源構成に占める再生可能エネルギー比率は今後も増加し、電力の安定供給を支える調整電源の重要性が高まっている。... 離島向けの電源や非常用電源に利用する船舶搭載炉としての展開を狙う。...

経済産業省がまとめたエネルギー基本計画改定案では30年度の電源構成として課題の多い再生エネの導入拡大に頼るが、再稼働すら進まない原子力や依然として残る石炭火力など脱炭素化への道のりはなお険しい。...

(増重直樹) 損保 再生エネ後押し 経済産業省・資源エネルギー庁が7月に公表した「エネルギー基本計画」の素案では、30年の電源構成に占める再生エネ比率を36―38%...

ただ国内は人口減などによる需要減が見込まれ、電気料金や電源構成の行方も気になる。

経済産業省は第6次エネルギー基本計画案を公表し、30年時の電源構成比でCO2を出さない再生エネを36―38%に拡大、原子力は20―22%で据え置いた。

7月21日、経産省は第6次エネルギー基本計画の素案を示し、30年時点の電源構成で再生可能エネルギーを36―38%と主力電源に位置付けた。

本書の執筆を通して、国の電源構成で再エネ比率をどこまで引き上げるかが肝だと再認識した。

おすすめコンテンツ

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる