155件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

今後の電源構成を考える教訓としたい。 ... 電源開発(Jパワー)は停止中の石炭火力発電の燃料に重油を使って発電するという異例の対応もとる。 ... 日本の主力電源...

コーセル、医療機器対応の電源開発 (2020/12/29 電機・電子部品・情報・通信)

コーセルは医療用電気機器の国際規格「IEC60601―1」に対応した海外市場向けAC(交流)―DC(直流)電源「WMA35F」と「同75F」を開発した。

関電、非化石5割へ 電源構成、原子力・再エネ両輪 (2020/7/16 建設・生活・環境・エネルギー2)

関西電力は同社の電源構成(発電設備容量比)で二酸化炭素(CO2)フリーの非化石電源比率を現在の3割超から5割を目指す。... 一方、国際社会で石炭火力発電所に厳しい目が注がれる中、電力会社に対しCO2...

東芝エネルギーシステムズ、無線IoT運用 (2020/3/24 電機・電子部品・情報・通信2)

東芝エネルギーシステムズ(川崎市幸区、044・331・0625)は電源開発(Jパワー)に納入した「省電力無線IoTソリューション」の運用を始めた。

大ガス、米で再エネ参画 太陽光発電事業者に出資 (2020/3/13 建設・生活・環境・エネルギー)

今回の出資を通じ、米国で分散型太陽光発電の電源開発の知見を得ることを狙う。ソルアメリカは米国東部中心に10万キロワットを超える分散型太陽光の開発・建設実績を持つ。 将来的に米国で累計...

中部電、航空障害灯LED化 交流100V生成のSI式電源開発 (2020/3/5 建設・生活・環境・エネルギー2)

【名古屋】中部電力は送電鉄塔などに取り付ける航空障害灯で、発光ダイオード(LED)型用の電源方式を開発した。架空地線の絶縁で得られる静電誘導電力を利用したSI式電源で、交流電圧100ボルトを生成する新...

出光、フィリピンで太陽光発電プロ参画 出力8万900kW (2020/2/18 建設・生活・環境・エネルギー1)

出光の国内外の再生エネの総電源開発量は20万キロワット。

社長在任中は、大規模電源開発の陣頭指揮をとった。当時の石油危機で「脱石油化」が国家的課題になる中、原子力を中心とする石油代替電源の開発に努めた。... 単にエネルギー分野だけでなく、関西経済連合会の副...

諏訪にいながら腕時計の研究開発に取り組み、世界初の水晶式腕時計「セイコー クオーツアストロン35SQ」や小型電子式プリンターの開発に成功した。... 電力流通と、原子力発電所など電源開発の両面で、電力...

ベルニクス、無線給電システムで新会社 新電源インフラに挑戦 (2019/10/31 電機・電子部品・情報・通信1)

電源開発(Jパワー)から資金調達しており、これを弾みに製品開発、事業拡大を促進する。... 両社の持つ技術やノウハウを生かし、グローバルでの電源インフラビジネスを展開する。 ... ...

ホスト国は、あらかじめ決められた期間に供給される電力を一定価格で買い取ることを約束することで、巨額の発電所の建設コストを負担せず電源開発を進められる。... このように、ホスト国・スポンサーがウインウ...

九電、2030年経営ビジョン策定 連結経常益1500億円 (2019/6/13 建設・生活・環境・エネルギー2)

残り5割を電源開発など海外事業やエネルギー関連事業、都市開発や情報通信技術(ICT)分野など地域における産業創出でまかなう。

カンボジア電力需要予測 中国電、改訂業務を受託 (2019/4/5 建設・生活・環境・エネルギー)

2030年までの電力需要の想定や、電源開発や送変電の計画などをまとめる。 ... それ以来、同国で小水力発電所の開発や電気事業に関わる人材の育成などに専門家を派遣してきた。 ...

経営ひと言/フューテックス・福田康成社長「技術面強化を」 (2019/3/28 中小・ベンチャー・中小政策)

同社は電子ビームの電源開発を得意とする。 ... 開発、設計などゼロから生み出す力を技術と捉える。

東北電、福島に水力PR施設 来年完工 (2019/3/14 建設・エネルギー・生活2)

水力発電の仕組みや発電方式、奥会津地域の電源開発の歴史、地域の魅力などを展示する。

東京ガス、自社電源開発計画を見直し 外部調達も視野 (2019/2/20 建設・エネルギー・生活1)

東京ガスは2020年代に総出力500万キロワットを目指していた自社電源の開発計画を見直す。... このため18年度内にも、電力会社などとの相対取引や市場調達による外部からの電源を含めて、20年代半ばに...

展望2019/大阪ガス社長・本荘武宏氏 エネルギーソリュ推進 (2019/1/17 建設・エネルギー・生活1)

「国内は再生可能エネルギー中心に電源開発を着実に進める。... 18年に参画した米国2カ所目のシェールガス開発の投資効果も高めたい。

死去日・氏名(年齢)・肩書き 【2017年11月】 25日 木下徳彦氏(72)冨士ダイス名誉会長、元会長 【12月】 24日 萩...

スイスの電源開発会社であるアドバンスド・パワーから、このプロジェクトを進める事業会社、クリケット・バレー・エナジー・センター(CVE)発行済み株式の10%を取得した。

杉山和男氏(91歳、すぎやま・かずお=元通商産業〈現経済産業〉事務次官、元電源開発〈Jパワー〉社長)3日肺炎のため死去。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる