70件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

ENEOS、導電フィルム開発 低抵抗と高透明性両立 (2021/1/18 素材・医療・ヘルスケア)

このほか通信障害や電子機器の誤作動を防ぐ電磁波シールドにも提案する。

コロナ禍で先行き不透明な中でも、樹脂向け電磁シールドメッキなど新規分野の需要開拓に注力。「プラスチックへの電磁波シールドメッキ技術に関する約50ページの冊子を作成した」という。

同社が培った電磁波シールド技術を応用することでEVの電磁波対策にも活用できる。

例えば車の自動運転では、精密機器への電磁波の影響を防ぐゴム部品の成形ができる。電磁波シールド機能を有するゴム材料など、材料配合から対応できる点もアピールする。

車載向け新製品では、5G関連の通信モジュール、センサー、レーダーなどに求められる伝送損失の低減に対応し、低誘電特性や電磁波シールド機能を持つ樹脂材料を近く市場投入する。

また、電磁波シールド特性を持つためノイズ対策も可能で、電気通電性などの特性も持つ。

導電性を持つことから電磁波シールドの特性を持つ機器への利用が期待できる。... KEC関西電子工業振興センターで行った試験で、船舶無線や携帯電話などに使う100キロヘルツから1000メガヘルツまでの周...

セーレン、導電性繊維を拡販 回路パターンを布地に形成 (2020/1/10 電機・電子部品・情報・通信2)

電磁波シールドやノイズ対策の主力製品「プラット」の進化形として、フレキシブル導電素材「METAFLEX(メタフレックス)」の名称で本格営業を始めた。 ... プラットを含め、導電性繊...

芝浦メカトロニクスは、電磁波シールド用スパッタリング装置「CCS―2110」を開発した。半導体パッケージをスパッタで成膜する際に、高周波帯域と低周波帯域の両方の電磁波を遮蔽(しゃへい)できる。... ...

機能性樹脂の総論では、大阪産業技術研究所の上利泰幸研究フェローが第5世代通信(5G)通信やIoT(モノのインターネット)機器などへの活用が期待される低誘電性樹脂や電磁波シールド樹脂、高熱伝導性樹脂など...

市村清新技術財団、助成7件決定 (2019/7/26 科学技術・大学)

▽良好な切れ味が持続するチタン刃物素材の低コスト製造技術の開発=武生特殊鋼材(福井県越前市)▽捕獲ろ過物の解析が容易なナノポーラスアルミナメンブレン(ろ過膜)の開発=智科環球(横浜市金沢区)▽半導体レ...

阿波製紙は、熱拡散シートを電磁波シールド用途にも広げ、完成車への採用を目指す。シールドの素材に黒鉛を用いることで、通常のアルミニウムと比べて重量を半分に減らせる。電動化が進めば電子機器の搭載量が格段に...

経営革新計画承認/富山県・4件 (2016/12/28 中小企業・地域経済)

▽アイティフォー(高岡市)=ロボット遠隔操作技術を用いたインフラ点検支援サービスの事業化によるIoT市場への参入▽フジタ(高岡市)=町工場にメタルアートミュージアムを創設▽ワイズイノベーション(富山市...

山崎ユニオンは携帯電話や家電、自動車関連部品などに使う電磁波シールド材や絶縁フィルムなどを手がける。

実際、自動車部品のメッキ処理が主体の吉野電化工業(越谷市)は、この1月に航空機内外の電磁波を遮断する「電磁波シールドめっき」技術を1000万円を投じて開発した。

スマートフォンやタブレット端末などに使われる電磁波シールドフィルムなど、機能性材料事業の3番目の生産拠点「仙台工場」として、今年11月から操業する予定。

【硬質クロムメッキ】 精密な膜厚制御が可能な硬質クロムメッキ「ミクロンクロム」と、電磁波の漏えい防止やデジタル信号を使用した製品の誤動作などを防ぐ「電磁波シールド」を主力としている。...

低接触抵抗を実現し、スマートフォンやタブレット端末(携帯型情報端末)向けに電磁波対策材料として提案を始めた。... プラズマディスプレーテレビの電磁波シールド材の開発で培った技術やノウハウをもとに、原...

93年には電磁波シールドで片面シールドメッキを導入しノートパソコンを収益の柱とするも、その後、海外に受注が流れた。同技術は携帯電話の筐体メッキで生かされたが、電子部品の電磁波抑制技術もあり筐体メッキ自...

例えば、パソコンや携帯電話で電磁波シールドのために筐体内面に施されていたメッキは、電子部品自体の電磁波抑制技術により時代の中で姿を消した。

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる