522件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

岸田文雄首相から、「GX(グリーントランスフォーメーション)の前提となる安価で安定的なエネルギー供給の確保について、冬の電力需給逼迫(ひっぱく)への対応や原子力の活用も...

政府は電力需給が逼迫(ひっぱく)する今冬に向け、電力の安定的な供給体制の構築に全力を傾ける。... (総合3参照 編集委員・川瀬治、同・池田勝敏、同...

需要は旺盛だが課題も多い」 【記者の目/材料・原料の争奪戦も激化】 半導体の需給逼迫(ひっぱく)は長期化の様相を呈している。

ロサンゼルス港・ロングビーチ港では一時期沖合に100隻以上が滞船するなどした結果、世界的に需給が逼迫(ひっぱく)化し、運賃の高騰につながった。... 各社が建造を打ち出した新造コンテナ...

佐々木敏春副会長は「足元の需給逼迫(ひっぱく)と長期的な脱炭素化」を課題に挙げる。

ウエハー不足への懸念は根強く、ウエハー大手は生産能力の増強を進めているが、SEMIでは需給逼迫(ひっぱく)は今後も続くと予想している。

脱炭素社会への中長期的な課題に加え、現在ロシアのウクライナ侵攻の影響で資源価格の高騰や国内の電力需給逼迫(ひっぱく)が起きていることを念頭に、足元の電力やガスの安定供給へ対策を指示した...

需給逼迫(ひっぱく)が深刻化する場合は、削減を義務化することも可能にする。

送配電に新託送料金制度、再エネ拡大へ投資促す (2022/7/21 建設・生活・環境・エネルギー)

また需給逼迫(ひっぱく)時の電力融通対応や、高度成長期に大量導入された老朽設備の更新も課題だ。

経営ひと言/中国電力・瀧本夏彦社長「反転攻勢」 (2022/7/20 建設・生活・環境・エネルギー)

「燃料価格の高騰や需給逼迫で電力業界全体が厳しいが、入社した1981年の様子と似ている」というのは中国電力社長の瀧本夏彦さん。

本社定点観測/私の景気診断 (2022/7/19 景気アンケート インタビュー)

今夏と今冬に電力需給逼迫(ひっぱく)も予想され、原子力発電を含めて国民を巻き込んだエネルギー安定供給の議論が大事だ。

電力需給逼迫(ひっぱく)と電気料金高騰の両方に対する新たな枠組みとして、電力会社の節電プログラム登録に対するポイント付与を実施。

電事連、ホームページに節電・需給情報 省エネ意識喚起 (2022/7/15 建設・生活・環境・エネルギー)

省エネや節電の方法、電力需給などの情報をまとめた。各電力会社のでんき予報などにもリンクしており、需給逼迫(ひっぱく)時の最新情報もワンストップで得られる。 夏季も冬季...

同月に取引が始まる「需給調整市場」や日本卸電力取引所などでの取引を通じ、電力供給の安定化に貢献する。 ... だが調整電力の不足や猛暑時の電力需給逼迫(ひっぱく)など...

食用油は菜種輸出大国であるウクライナの情勢悪化による菜種油の需給逼迫(ひっぱく)などを背景に高騰が続く。

東電EP、脱炭素コンサル拡大 工場・スーパー囲い込み (2022/7/13 建設・生活・環境・エネルギー)

その中で再生エネの活用、省エネ設備の導入、需給逼迫(ひっぱく)時に節電することでインセンティブを得るデマンドレスポンスの導入なども提案する。

需要家の自主的なガスの節約で需給逼迫(ひっぱく)が解消されない際には、大口企業にガス利用の抑制を求め、使用制限の発令も視野に入れる。... 需要家の生活や経済活動に支障が生じない範囲で...

産業春秋/節電の次は節ガス (2022/7/12 総合1)

電力の需給逼迫(ひっぱく)は夏より冬の方が懸念されるが、今冬は電力に加えてガス需給の行方も心配だ。

電力の需給逼迫(ひっぱく)が課題となっている中、非常時には自宅などに給電できる点も購買意欲を高めそうだ。

また萩生田経産相は、足元の電力需給逼迫(ひっぱく)や資源・エネルギー供給の緊迫化を踏まえ、「クリーンエネルギー戦略への転換を円滑に進める上で避けて通れない課題が積み上がっている。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン