60件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

赤道上空3万6000キロメートルの軌道に代表される静止衛星を含む人工衛星は、地球環境の観測や通信・測位や気象予報などを行うことで日々の生活を支えている。 静止軌道の先には、地球唯一の...

(飯田真美子) 【静止衛星を中継】 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、低軌道上の地球観測衛星が撮影したデータを地上局に直接送らずに、静止衛星を中継して通信を高速化...

2020年に打ち上げた光データ中継衛星に搭載された「静止衛星用GPS受信機」を活用。静止衛星でのGPS航法が普及し、能力向上につながると期待される。... 静止衛星に向けた信号を4機以上のGPS衛星か...

NEC、衛星向け装置開発 レーザー光通信速度7倍 (2020/12/16 電機・電子部品・情報・通信2)

開発した光通信装置は静止衛星用と地球観測衛星用の2種類。静止衛星と地球観測衛星の間で4万キロメートルにも及ぶ超長距離の光通信を実用化するために、低出力の半導体レーザー光を真空環境の下で高出力に安定的に...

情報通信研究機構(NICT)では、衛星地上間の光通信に影響を及ぼすこの大気ゆらぎの影響を克服すべく研究を進めている。 ... 静止衛星と地上局の間での効果が実証されれば、衛星地上間の...

1994年に技術試験衛星VI型(ETS―VI)により、静止軌道(GEO)と地上間で1秒当たり1メガビットの光通信に成功したのをはじめ、数々の重要な実証実験で世界初の成果を上げてきた。... 1台目は地...

商業通信衛星の「技術試験衛星9号機」には133億7600万円を充て、さらに二つの新規課題を加えた。... 技術試験衛星9号機は、産業競争力強化に向けて電気推進系を搭載した「オール電化」で大電力の静止衛...

3万6000キロメートル上空で、ほぼ夜にならず太陽光が当たり続ける「静止衛星軌道」に設置する計画。

日本、研究連携で巻き返し 【地球に無線送電】 宇宙で太陽光発電を行う人工衛星「宇宙太陽光発電所(SPS)」の開発が進んでいる。... 人工衛星に取り付けた太陽電池で...

東京大学大学院新領域創成科学研究科の小泉宏之准教授らは、推進剤に水を使った超小型衛星のイオンエンジンを開発した。... 地球上から3万6000キロメートル上空で、ほぼ夜にならず太陽光が当たり続ける「静...

NICTでは80年代からこの研究開発に着手し、96年に技術試験衛星VI型で、世界初の静止衛星−地上間レーザー通信の実証実験に成功している。 ... 現在は、技術試験衛星9号機で静止衛...

KDDI、外国籍船向け衛星通信提供 (2019/1/23 電機・電子部品・情報・通信1)

米イリジウムコミュニケーションズが手がける衛星通信サービスを国内代理店として販売する。... サータス350は地球全域をカバーする低軌道周回衛星。静止衛星では提供が難しい北極海航路を進む船舶や航空機な...

これまでに打ち上げられた静止衛星は900機を超え、運用中の衛星数も400機を超えている。このため静止軌道は過密化が進み、複数機関の衛星が近接して使われることも増えてきている。 静止衛...

防衛省が監視するのは主に静止衛星が位置する高度3万6000キロメートル軌道で、22年度にレーダーを完成させ、23年度から運用する。衛星の運用に重大な支障を与えるデブリとともに、他国の衛星に接近して活動...

最接近時の距離は気象衛星「ひまわり」などの静止衛星より遠いが、大きさは13年2月にロシア・チェリャビンスク州上空で爆発した隕石(いんせき)と同程度だった。  

商船三井は、運航船において、静止衛星の周波数帯KaバンドとKuバンドの双方向通信システム「VSAT」の導入を加速。

スカパーJSAT、低軌道衛星向けの地上局サービス開始 (2016/9/14 電機・電子部品・情報・通信2)

衛星による観測データや画像などを受信したり衛星に指示を送信したりして、他社の低軌道衛星の運用を支援する。... 低軌道衛星は静止衛星に比べて通信遅延が少ないといった特徴を持つ。... 静止衛星20機以...

この機体は衛星を静止軌道に乗せるまで一緒に飛行するといった工夫を施し、静止衛星が負担する燃料を節約することに成功。 ... そこでプロジェクトでは、衛星を固定する衛星分離部において固...

静止衛星からスマートフォンなどの端末に電波を直接送れるため、災害で地上の基地局が倒壊した際などの代替通信手段になる。... 静止衛星を介した端末・基地局間は、伝搬距離が7万2000キロメートルある。....

昨年11月には連続成功を評価されて受注した加テレサット向けの静止衛星を無事軌道に乗せ、欧アリアンスペースや露プロトン、米スペースXなど競合ひしめく商業衛星打ち上げ市場への本格参入に大きな一歩を踏み出し...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる