27件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

生産工程では鋳造・塗装・加工工程の設備更新時に、従来比30%の省エネと非化石燃料への転換を図る。

この生産技術の進歩が生み出すコストメリットを相対的に高価な非化石燃料由来H2の調達に充てることで窒素肥料製造工程におけるCO2フリー化が望めるほか、オンサイト生産が可能となることから輸送貯蔵のカーボン...

インド政府は70年までに温室効果ガス(GHG)排出量実質ゼロを表明しており、非化石燃料による発電容量を30年までに5億キロワットに引き上げる方針。

オリオンビール、沖縄電のCO2フリーメニュー導入 (2022/3/9 建設・生活・環境・エネルギー1)

【那覇】オリオンビール(沖縄県豊見城市、村野一社長)は、名護工場(同名護市)の電力由来エネルギーの5割を非化石燃料由来とする。... 同メニューは県内の再生可能エネルギ...

エネ関連改正法案、閣議決定 水素・アンモニア転換推進 (2022/3/2 建設・生活・環境・エネルギー1)

エネルギーの定義を水素やアンモニアなどの非化石エネルギーに広げ転換を進めるとともに、脱炭素燃料や技術への支援強化、電源休廃止時の事前届出制、大型蓄電池を発電事業とすることなどで供給の安定も図る。......

【北京=時事】中国共産党・政府は、二酸化炭素(CO2)排出削減目標の達成に向け、2060年までに1次エネルギー消費に占める非化石燃料の割合を80%以上に高める方針を明ら...

住友重機械工業はバイオマスなどの非化石燃料を利用可能な循環流動層(CFB)ボイラの検査にロボットを活用する。... 温室効果ガスの排出削減に向け、化石燃料専用ボイラからCFBボイラへの...

アズビル金門原町、使用電力を再生可能エネに転換 (2021/8/24 機械・ロボット・航空機2)

アズビル金門原町(福島県南相馬市、小川雅和社長)は、使用電力を全て非化石燃料由来の再生可能エネルギーに転換した。... 非化石燃料由来の電力の活用によって温室効果ガスをさらに削減するた...

脱炭素化が進む中でも臨海部の産業が発展を続ける方法、水素を軸とした非化石燃料への転換を図る方法などで具体策を練る。... 同市は横浜市などと合同で開催した専門家会合を通じ、川崎港と横浜港の将来について...

習近平国家主席は二酸化炭素(CO2)排出量を30年までにピークアウトさせる公約の一環として、1次エネルギー消費に非化石燃料が占める割合を30年までに約25%に引き上げる方針を示...

中国国内では、カーボンニュートラルの観点からは、化石エネルギーを主とした構造から非化石燃料への転換という構造転換が必要となり、非化石エネルギーの比率を30年には25%に下げる必要があるともされ...

【横浜】横浜、川崎両港の脱炭素化について、横浜市や川崎市が運営する有識者会議が、水素などの非化石燃料を輸入または製造して貯蔵、供給、利用する機能を備えた「脱炭素コンビナート」への転換を促す検討報告をま...

省エネルギーと非化石燃料への転換により温室効果ガスを削減する。

インドネシアでバイオ燃料用・飼料用ユーグレナの屋外培養実証プラントの建設に今年着手し、2022年に完成。... このため、非化石燃料の開発だけでなく、既存発電所でのCO2排出量の削減に寄与する。...

結局、再生可能エネ比率は原発の20―22%を若干上回る22―24%に設定され、その両方を合わせ、輸入に依存する液化天然ガス(LNG)や石炭などの化石燃料発電に次ぐ1次エ...

また中国は「30年ごろを二酸化炭素(CO2)排出量のピークとし、エネルギー消費の非化石燃料割合を約20%に」などの目標を決め、公表している。

この4機が動けば、高い火力燃料費を大きく減らせて黒字化できるとする。... 長期的に競争力を回復するには、燃料の安価な原発を一つでも多く動かし値下げできる電源構成が必要になる。... 東京電力福島第一...

米国は25年に05年比で26―28%削減、中国は30年をめどに温室効果ガスの排出量を減らし、エネルギー消費に占める非化石燃料の比率を20%程度に引き上げる目標を示した。

そのときに初めて化石燃料を使わない化学の強さがはっきりするだろう」。... 三菱化学は脱・化石燃料を中長期的な戦略として打ち出しており、25年までに非石油由来の化学品の割合を20%にまで高める...

原発停止に伴い、代替する火力発電所の燃料の負担増も発生するが、「燃料の追加調達に伴う値上げは避けられない」(海江田経産相)と政府が認めるように、電気料金の引き上げである程度は賄える。&...

おすすめコンテンツ

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン