95件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

英センタスバイオ、バイオ後続品がEMA承認勧告 (2020/7/31 素材・医療・ヘルスケア)

結腸がんや直腸がん、非小細胞肺がんなどが適応となる。 ベバシズマブは血管内皮細胞増殖因子「VEGF―A」を阻害し、がん細胞の血管新生を抑制する抗VEGFヒト化モノクローナル抗体の医薬...

抗体が、がん細胞に発現している標的因子に結合して薬物をがん細胞へ直接届けることで、がん細胞への攻撃力を高める。DS―1062は、手術不能な進行・転移性の非小細胞肺がんや、治療が困難な乳がんの患者を対象...

キイトルーダは、抗体「PD―1」が組織上の抗体受容体を阻害して体の免疫を高めることで、がん細胞を攻撃する細胞を活性化させる薬剤。日本では2017年に発売し、皮膚がんの一種である悪性黒色腫および、非小細...

小野薬品工業は、がん免疫治療薬「オプジーボ」と抗がん剤「ヤーボイ」との併用療法について、進行非小細胞肺がんに対し最初に投与するファーストライン治療薬(第一選択薬)として、米国食品医薬品局(FDA)から...

小野薬品の前3月期、売上高最高 オプジーボ貢献 (2020/5/13 素材・医療・ヘルスケア)

オプジーボは腎細胞がんで使用が拡大したが、薬価改定や他社製品との競合で、同3・6%減の873億円だった。 21年3月期業績予想は、オプジーボの食道がん領域における使用拡大や非小細胞肺...

「非小細胞肺がんを対象とした試験では、がん免疫薬『キイトルーダ』に後れを取ったが、肺がん領域を除けばオプジーボがリードしている。... 肺がん領域でも1次治療では使用できるよう申請し、キイトルーダに早...

アバスチンは中外製薬が手がけてきた抗がん剤で、先発品の適応は結腸がん、直腸がん、非小細胞肺がん、卵巣がん、子宮頸(けい)がん、乳がん、悪性神経膠腫。

武田の非小細胞肺がん治療薬、病状進行・死亡リスク低減 (2019/12/3 素材・医療・ヘルスケア)

武田薬品工業は、同社の非小細胞肺がん治療薬「ALUNBRIG」(ブリガチニブ)をクリゾチニブと比較する第3相ALTA―1L試験の25カ月データを発表した。 ファーストライン治療の同試...

中外製薬によると、がん免疫薬「テセントリク」は非小細胞肺がんでの処方実績が当初の想定を超えて推移。

中外製薬は、がん免疫薬「テセントリク点滴静注」(一般名アテゾリズマブ遺伝子組み換え)が、進展型小細胞肺がんに対する効能・効果追加の承認を得た。小細胞肺がんは全肺がんの約10―15%を占め、腫瘍の増殖能...

非小細胞肺がん、胆道がん、ぼうこうがんにおいて既存薬と同程度の有効性を示した一方、副作用の軽減がみられた。

独キアゲンは同社のEGFR(上皮性細胞増殖因子受容体)遺伝子変異検出キット「therascreen」が米ファイザーの非小細胞肺がん治療薬「VIZIMPRO」(ダコミチニブ)のコンパニオン診断薬として日...

中外薬、小細胞肺がん適応拡大申請 (2018/12/18 ヘルスケア)

小細胞肺がんは全肺がんの約10―15%を占め、腫瘍の増殖能が高く、早期に広範な転移が生じる。同剤は国内では、1月に切除不能な進行・再発の非小細胞肺がんを効能・効果として承認を取得し4月に発売。3月に一...

(大阪・安藤光恵) がん細胞が免疫細胞に対して働きかけ、免疫細胞からの攻撃を阻止する際に働くブレーキ役の分子を「免疫チェックポイント分子」と呼ぶ。... 免疫細胞であるT細胞表面にあ...

両剤の併用療法は、腎細胞がんについて米食品医薬品局(FDA)から画期的治療薬(ブレークスルーセラピー)指定を受けていたが、両社の共同開発を他の6がん種における11の適応取得へ向けて拡大するとした。&#...

契約一時金などの経済条件は非開示。 第一三共は乳がんや非小細胞肺がんの患者を対象とした両剤併用の第1相臨床試験を行う。

アストラゼネカ(大阪市北区、06・4802・3600)はステージ3非小細胞肺がんを対象にした抗がん剤「イミフィンジ点滴静注(一般名デュルバルマブ)」を発売した。切除不能な局所進行の非小細胞肺がんにおけ...

アストラゼネカは非小細胞肺がん治療薬「イミフィンジ点滴静注120ミリグラム」「イミフィンジ点滴静注500ミリグラム」(一般名デュルバルマブ「遺伝子組み換え」)の国内における製造販売承認を取得した。切除...

中外製薬、がん免疫薬の製造販売承認取得 (2018/1/24 素材・ヘルスケア・環境)

中外製薬のがん免疫薬「テセントリク点滴静注1200ミリグラム」(一般名アテゾリズマブ遺伝子組み換え)が、切除不能な進行・再発の非小細胞肺がんを効能・効果として製造販売承認を取得した。同剤は免疫細胞の一...

小野薬品工業の「オプジーボ」やMSD(東京都千代田区)の「キイトルーダ」といった、がん免疫薬が肺がん領域で普及する点などを踏まえた。... 25年の肺がん治療薬市場は、同78・9%増の3707億円と予...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる