17件中、1ページ目 1〜17件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

中央大学の河野行雄教授は東京工業大学、大阪大学などと共同で、管内に貼り付けるだけで濃度などの液質を非破壊計測できるセンサーシートを開発した。... これを利用し、センサーシートの検出信号の減...

そのため多種類の材料を計測し、得られたデータを評価して、高温での物性変化の支配因子を探る必要があった。 ... (木曜日に掲載) ...

そのため、情報通信研究機構(NICT)では、パルス的な電波を高精度に計測する技術や高精度な数値解析技術等について研究開発を行ってきた。 ... さらにパルス的な電波は...

産業技術総合研究所物理計測標準研究部門の昆盛太郎主任研究員と堀部雅弘研究グループ長らは、周波数が数ギガヘルツ(ギガは10億)の電磁波をコメなどの農産物に照射し、水分量を非破壊で測る技術...

産総研、橋の微細たわみをデジカメで測定 (2016/9/2 科学技術・大学)

産業技術総合研究所分析計測標準研究部門非破壊計測研究グループの津田浩研究グループ長と李志遠主任研究員は、カメラで撮影するだけで橋のたわみを数十マイクロメートル(マイクロは100万分の1)...

日本非破壊検査協会(東京都江東区)は、東北大学流体科学研究所、産業技術総合研究所、物質・材料研究機構、宇宙航空研究開発機構と共催で、17―18日に「安全・安心な社会を築く先進材料・非破...

現在、さらに新しい産総研シーズを利用して、乾電池で稼働する小型X線非破壊検査装置の開発にも取り組んでいる。 非破壊検査の分野では(信号を)聴く検査から(画像を...

資源探査や災害救助ロボットなどのほか、がん細胞を検知する生体計測などへ応用を目指す。 ... ほぼリアルタイムで対象物を探知できるため、災害時に活躍する自律型の救...

情報通信研究機構は4日、東日本大震災で被災した建造物の被害状況を調べた「電磁波計測ケーススタディー集」を作成したと発表した。... 情通機構が研究開発に取り組んでいるマイクロ波・ミリ波・テラヘルツ波・...

農林水産省は豊橋技術科学大学先端農業・バイオリサーチセンター、扶桑製作所(川崎市高津区)と共同で、2月から非破壊で連続自動計測できる作物ストレス計を用いて検証する。... これまでは葉...

▽植物研究園における3次元計測データを用いた景観シミュレーション(中村彰宏大阪府立大准教授)▽高速シーケンス技術を利用した果樹栽培土壌の環境評価システムの開発(鈴木俊二山梨大准...

▽伊豆地方の常緑樹と虫こぶ形成昆虫の多様性、および、地球温暖化の影響評価(徳田誠九大助教)▽植生帯境界における構成樹種の水分生理特性の観測に基づいた気候変動に対する植生応答の解明...

そこで、ガラス管直径より大きな試料も非破壊で計測できるよう、片側開放型という特殊な構造をセンサー部分に採用した。... しかし、プロトンを含む液体・ゲル・やわらかい高分子も非破壊・原位置で計測可能なこ...

対象テーマは「半導体材料表面コンタミネーションの高感度・非破壊計測」。

【京都】堀場製作所は若手分析計測技術者を表彰する「2009堀場雅夫賞」の受賞者に、オビエド大学(スペイン)のホルヘ・ピソネロ准教授ら3人、特別賞1人を決めた。今回の選考テーマは「半導体...

【京都】堀場製作所は分析計測技術の有力な研究者を表彰する「2009堀場雅夫賞」の募集を4月1日から始める。今回のテーマは、半導体材料表面コンタミネーション(性能に悪影響を及ぼす混入物)...

日本非破壊検査協会は、新素材の非破壊評価特別研究委員会と共催で「安全・安心な社会を築く先進材料・非破壊計測技術」をテーマにしたシンポジウムを24、25日に開く。... 参加費は非破壊検査協会会員300...

おすすめコンテンツ

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン