55件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

アドバンスト・メディア、在宅勤務で通話をテキスト化 (2020/6/10 電機・電子部品・情報・通信2)

アドバンスト・メディアのコンタクトセンター向け人工知能(AI)音声認識システム「アミボイス・コミュニケーション・スイート」が、大塚商会のコンタクトセンターの在宅勤務で運用を始めた。新型コロナウイルス感...

三井住友海上火災保険はAIを活用した電話応対スクリプトの自動表示システムを導入。... あいおいニッセイ同和損害保険は音声認識システムにAIを搭載している。... AIが発話内容から用件を認識。

金沢工大・NTT西など協定 データサイエンティスト養成 (2020/4/29 国際・商社・科学技術・大学)

職場ではコールセンターに寄せられた顧客の声を人工知能(AI)技術を活用した音声認識システムによりテキスト化した後、データ分析する業務などに携わる。

あいおいニッセイ同和損害保険は、顧客からの問い合わせに応えるコンタクトセンター部門に音声認識システムを導入した。... システムの機能を生かして採用や育成にもつなげる方針だ。 ......

AIで字幕、瞬時に生成 TBSが音声認識システム開発 (2019/11/22 電機・電子部品・情報・通信2)

TBSテレビ(東京都港区)は生放送の字幕をリアルタイム生成する音声認識システム「もじぱ」を開発した。... 100%の認識精度の音声認識AIは存在しない。... 認識精度はグーグルの95%程度の音声認...

エース・E&L(相模原市南区、津田博通社長、042・740・8111)は、聴力補助機と音声認識システムを一体化した「Choju文字会話システム」を10月までに投入する。... マイクで集音した会話など...

産業用語やなまりに特化した音声認識システムなど、守備範囲が広い当社だからこそ開発できる技術で差別化する」 ―ネットワークから端末まで光を使う「IOWN(アイオン)」構想を発表しました...

この事業は15年から始まっており、これまでサイバーセキュリティーシステムの開発や光学マイク付きヘッドセットなどでも利用できる音声認識システムの研究開発案件などが採択されている。 .....

鳥の鳴き声など文字化 NTT、AI最新技術披露 (2019/5/28 電機・電子部品・情報・通信1)

複数人による対話をAIが認識できる技術も公開した。 従来の音声認識システムは人の話し声以外の音をテキストに変換できなかったが、脳の神経回路を模した多層ニューラルネットワーク技術を利用...

損保ジャパンは18年2月、全国の保険金サービス拠点に「音声認識システム」を導入。約1万人の担当者の音声データをテキスト化して蓄積している。

パーソルワークスデザインが開発した評価システムを活用する。まず、顧客とオペレーターのやりとりを音声認識システムでテキスト化する。 ... これまでは通話中の音声を録音し、人が聞いて評...

キリン、RPA本格導入 21年に9万時間削減へ (2019/2/14 建設・エネルギー・生活1)

各部署で業務システムを使った各種の登録、帳票の更新、データ集計といった単純作業を中心にRPAに置き換える。 ... 先行きOCR(光学的文字認識)や人工知能(AI)、音声認識システム...

12日から東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれる「第20回自動認識総合展」でデモンストレーションする。... 組み込みシステムや画像、音声認識システム、ロボット、AIなど難易度の高い研究開発に特化...

話し言葉の処理能力向上 NTTレゾナント、AI向けAPI公開 (2018/4/24 電機・電子部品・情報・通信1)

自然な対話ができるチャットボット(自動対話システム)の開発やコールセンターシステムの一部自動化などに応用してもらい、オープンイノベーションの推進につなげる。 ... 企業名や顧客番号...

機械学習とニューラルネットワーク(神経回路網)の基礎研究に従事し、基本ソフト(OS)「アンドロイド」の音声認識システムやグーグル翻訳を手掛けた。

AIによる新たなユーザー・エクスペリエンス 従来のカーナビにもルート設定に音声認識が対応しているモデルはありますが、これらの多くは登録された地名や単語のみを解釈しているに過ぎず、ドラ...

三井住友海上火災保険は26日に、音声認識技術を活用した自動車保険の保険証券再発行サービスを開始する。... 新サービスには、コールセンター事業やバックオフィス事業を手がける、りらいあコミュニケーション...

KPMGは顧客企業の社員が業務報告をしやすくする観点で、外部の音声認識システムとHEROを連携する機能も開発中。

損害保険ジャパン日本興亜は14日、保険金の支払い対応などを行うサービス拠点に人工知能(AI)による音声認識システムを導入すると発表した。通話内容のテキスト化や、音声データを活用した感情分析などに利用す...

STOを使い、99・6%の正答率で音声を認識できることを確認した。... 今回、ナノメートルサイズ(ナノは10億分の1)のSTOを人工ニューロンとして用いる「ニューロモロフィック回路音声認識システム」...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる