341件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

一方、日本では顔認証による診断システムの可能性が取り沙汰されているが、思うようにAIが活用されているとは言い難い。 ... 技術の使用段階における「モノづかい」のデザインとも言うべき...

IoT(モノのインターネット)基盤事業では顔認証対応の入退場システム『e―Stand』の採用を広げる。

飛島建設、多機能サイネージを外販 顔認証・安全教育・EC (2020/3/12 建設・生活・環境・エネルギー2)

顔認証を使い建設現場で普及が急がれる建設キャリアアップシステム(CCUS)にも簡易に対応できる。 顔認証は1度登録すれば、アプリ(応用ソフト)を設定した自分のスマートフォンのカメラで...

顔認証や電子キー技術などを組み合わせた次世代ドアシステムなどを開発中で、技術は確立しつつある。

顔認証によって利用者の食事準備を効率化するシステムと人工知能(AI)で食事量を自動測定するシステムを導入し、介護職員の負担軽減や業務効率化への影響を調べた。同社は今後、顔認証システムを中心に介護施設で...

顔認証で手ぶら決済 NEC、レジレス店舗を公開 (2020/3/2 電機・電子部品・情報・通信)

公開したのは社員専用の店舗で、入退店時に顔認証で本人を特定する。... 3月16日からは、手のひら静脈と顔情報で本人を特定するマルチ生体認証を導入する。... 顔認証のNECと、手のひら静脈の富士通。

茨城県内の企業による人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)を活用した新ビジネス創出を目指す組織「AI・ビジネスモデル研究会」は、県内の商店で顔認証システムの実証実験に着手した。買い物客の顔を...

具体的な例を挙げると、北京に本社を置くAI企業は、最先端の顔認証技術をベースにしたAI検温サービスを新たに開発した。... 現在、中国では外出時にマスク着用が義務付けられているが、このサービスはマスク...

【顔認証で入店】 20年からは顔認証による入店と値札の電子化機能を追加した。顔認証は事前にスマホのアプリで自分の顔を撮影する。... NTTデータサービスデザイン統括部の新原友美課長...

ローソン、レジなし店舗実証 スマホにQRコードかざし入店 (2020/2/19 建設・生活・環境・エネルギー1)

米ブイコグニションテクノロジーズのシステム「ジッピン」を使い、店内に設置した28台のカメラで客の動きを確認。... 3月16日からは「手のひらの静脈と顔情報で本人を特定、認証する『マルチ生体認証』端末...

リケジョneo(92)パナソニック・浦川楓さん (2020/2/17 ひと カイシャ 交差点)

現在は顔認証を用いた入退管理システム「KPAS(ケイパス)」のチームで稼働状況監視機能の開発を担当しています。

将来は開発リーダー パナソニックの浦川楓さん(26)は、顔認証技術を用いた入退管理システム「KPAS(ケイパス)」の開発に携わっている。稼働状況の監視機能を担当しており、導入数が多い...

システム開発が主力の同社は、新事業としてeスポーツ関連ビジネスを19年に開始。... 「最新ITを用いたコミュニケーション手法や顔認証による来店ポイントなどeスポーツ施設に集まることで楽しめるコミュニ...

産業春秋/無人コンビニ (2020/2/7 総合1)

スマートフォンや顔認証だけで入店ができ、商品を棚からとって店外に出ると自動的に決済が行われている。... カメラや重量センサー、認証システムなど。

顔認証で無人受け付け サイバーウェア、中小向けシステム発売 (2020/2/4 電機・電子部品・情報・通信2)

サイバーウェア(東京都新宿区、平鹿貴文社長、03・5261・2041)は、顔認証技術を活用して受け付け業務を省人化できる中小企業・小規模事業者向けシステム「IDEAゲート・フォー・オフィス」を発売した...

乗車料金は入り口に設けた顔認証システムによる決済を想定したシミュレーションを行う。

20年以降は市場規模の大きいイベント監視・通報関連機器や危機管理・事故防止対策、監視カメラシステムが堅調に推移すると予測。... 注目市場のバイオメトリクス(生体認証)では、静脈認証やハイブリッド型が...

退店と同時に決済が行われ給与システムと連動し精算する。... この店舗はNECが小売業向けに構築した売り上げ管理や顧客管理等の店舗システムと、中国のクラウドピック(云拿)が持つセンサーからのデータ解析...

川重、きょうAI推進室新設 10人体制で開発迅速化 (2020/1/1 機械・ロボット・航空機2)

顔認証やプラントの設備診断などで人工知能(AI)技術が急速に進歩しており、社内のAI関連機能を一本化し集約するとともに、AI関連製品の開発を迅速化する。 AI推進室はシステム技術開発...

ホンダは2020年夏にも一定条件下で運転をシステムに任せる「レベル3」対応の新型車を国内投入する計画という。... 渋滞解消時や緊急時は運転主体をシステムから人に戻す「レベル3」の自動運転で、同レベル...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる