212件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

無塩の微酸性電解水は主に食中毒の原因菌の殺菌や除菌、消臭に使う。

【和歌山】エムテック(和歌山県紀の川市、根来〈ねごろ〉繁社長)は、生魚で食中毒を引き起こす寄生虫のアニサキスを検出する、ハンディ型装置を完成した。

群馬大学大学院の平川秀忠准教授らはクレハと共同で、重度の食中毒を起こす腸管出血性大腸菌「O157」の無毒化に成功した。

日本板硝子、食中毒原因菌25分で検出 PCR検査向け試薬 (2022/4/28 素材・医療・ヘルスケア2)

日本板硝子は、短時間のPCR(ポリメラーゼ連鎖反応)検査で食中毒の原因菌「カンピロバクター菌」を検出する試薬を開発した。... カンピロバクター菌は、鶏肉の約6割に...

フォックスコン、iPhone組立再開 印南部工場を再稼働 (2022/1/12 電機・電子部品・情報・通信1)

台湾の電子製品受託生産大手、鴻海精密工業傘下の富士康科技のタミルナドゥ州チェンナイ近郊の工場では2021年12月、従業員250人以上が食中毒となったこと受けて抗議行動が起き、同18日に稼働を停止。

フォックスコン、印南部の工場再開 臨時従業員の生活環境改善 (2021/12/28 電機・電子部品・情報・通信)

インド紙ヒンズーによると、同工場の臨時従業員は、食中毒による入院といった事態を受け、18日に抗議を実施。

調理した料理を器に盛るよりも手間が省けることに加え、食中毒のリスクを下げられる。

食中毒菌の除菌も可能で、無臭・無刺激なのが特徴だ。

食環境衛生研究所、カビ毒の分析方法確立 (2021/9/21 建設・生活・環境・エネルギー2)

カビ毒はカビが産生する代謝産物で、人間や動物の臓器などに障害を与え食中毒などを引き起こしたり、発がん性を示したりする。

食中毒菌の除菌も可能で、ウイルスの不活化と食中毒菌の除菌は日本食品分析センターに、体への暴露と吸収した際の安全性は他の第三者機関にそれぞれ依頼した試験で確認している。

7月に、アニサキス食中毒事故ゼロを実現するアニサキス感電殺虫装置を熊本大学産業ナノマテリアル研究所と共同で開発した。

ジャパンシーフーズ(福岡市南区、井上陽一社長)がアニサキスによる食中毒をなくすために開発した「アニサキス感電殺虫装置」が水産加工業界で話題となっている。

「飲食業は食中毒リスクに備え、休業補償に占めるポートフォリオが元々高い。

産業春秋/アジサイの花言葉 (2021/6/15 総合1)

品種によっては嘔吐(おうと)やめまいなど食中毒を起こす成分を多く含んでいるが、漢方薬として古くからマラリア治療に用いられてきた。

新型コロナ/神鋼、抗菌メッキで効果 (2021/2/26 素材・医療・ヘルスケア)

同技術は腸管出血性大腸菌「O157」による食中毒事件を機に開発し、重症急性呼吸器症候群(SARS)ウイルスと同類のコロナウイルスなどへの抑制効果も確認済み。

ウイルス不活化と食中毒菌の除菌は日本食品分析センター、身体への暴露と吸収時の安全性は他の第三者機関に依頼した試験で確認したという。

輝け!スタートアップ(63)ミートエポック (2021/1/28 中小・ベンチャー・中小政策)

しかし悪い菌が付着すれば食中毒が容易に起こる、リスクが高い状態だった」と跡部社長は述べる。

Eプランは自社開発した装置で生成する強アルカリイオン電解水に各種ウイルスの不活化と食中毒菌の除菌ができることを、日本食品分析センターに依頼した試験で確認した。

空間全体のウイルス不活化と食中毒菌除菌を可能にする装置も開発中で、21年2月をめどに市場投入する計画だ。 ... 同電解水は純水と微量の食品添加物を原料としており、アルカリイオン濃度...

完全無菌で培養するため食中毒リスクもほぼなく、常温保存や長期保存ができる可能性もある。

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2020/2021/2022対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2020/2021/2022対応-

めっちゃ使える! 
設計目線で見る「機械材料の基礎知識」
必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

めっちゃ使える! 設計目線で見る「機械材料の基礎知識」 必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン