115件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.056秒)

ニュース拡大鏡/味の素、DX人材育成 産業構造変化に対応 (2020/12/2 建設・生活・環境・エネルギー2)

DX推進の基盤となる人材育成を進め、グローバルで食品企業のトップ10入りを目指す。... DXの推進により、時代の変化にも柔軟に対応できる企業を目指し、取り組みをさらに進める。 &#...

「食品企業として、命をつなぐ使命感を強く持ち、消費者に選ばれるモノづくりにまい進したい」と抱負を語る。 ... 海外企業との交渉を通じて得た「『フェアーに、謙虚に』の姿勢を大事にした...

F-LINEとJR貨物、共同輸送列車を運行 東京→大阪へコンテナ56基 (2019/4/22 建設・生活・環境・エネルギー)

F―LINEは4月に味の素、カゴメ、日清オイリオグループ、日清フーズ、ハウス食品グループ本社の食品メーカー5社の物流事業を統合して誕生。ミツカンを加えた6社で食品企業物流プラットフォームの構築を進めて...

県内の食品会社と航空関連会社が商談会を開いたのは初めて。 商談会には、菓子や酒、生鮮品などの食品関連会社55社が出展。... 協議会の平栄三監事(県中小企業団体中央会会長)は「商談会...

日本公庫、埼玉玉ねぎセンター施設に融資 (2019/3/20 中小企業・地域経済1)

同施設は埼玉県内をはじめとする首都圏の外食・食品企業に対し、玉ねぎを安定的に供給する目的で、総事業9億円をかけ、5月完工に向けて工事を進めている。

産業春秋/日韓関係 (2018/11/19 総合1)

1970年代、韓国企業に製造技術を供与するため、ソウルに駐在していたある食品メーカー技術者の述懐だ。... 先の食品メーカーもその1社だ。 ... 先の食品企業が無償協力したのは当時...

ザンビア産の牛肉は、その質の高さから「ザンビーフ」として名高く、これを製造するZambeefはアフリカ有数の食品企業であるが、同社では500名を超えるザンビア大卒業生が活躍する。... 近年は本邦企業...

三和建設、食品企業向けセミナー開催 (2018/6/29 建設・エネルギー・生活2)

三和建設(大阪市淀川区、06・6301・6636)は7月23日に東京、11月15日には大阪で食品企業向け「FACTASセミナー」を開く。両会場とも3人の講師が、「人を魅了する食の企業とは」「食品表示の...

すでに糖化反応を事前に抑える食品素材を展開し、大手食品企業の健康美容食品やサプリメントなど約70製品で採用されている。... アークレイは医療機器・試薬メーカーで、機能性食品素材事業も手がける。......

日系企業14社が参加し、同国でのビジネス展開の可能性を探った。  ... 3日目には、マダガスカルの主要産業である繊維と食品(農業)分野の企業を訪問した。... ...

東陽テクニカ、セキュリティー売上高 23年度に30億円へ (2018/5/10 機械・ロボット・航空機2)

東陽テクニカは企業向けのサイバーセキュリティー対策事業の売上高を、2023年度に17年度比9倍の30億円に引き上げる。セキュリティー対策先進国のイスラエル企業と提携していることを強みに、同国の商品を日...

味の素など食品5社、全国規模で共同配送 物流会社発足 (2018/4/30 建設・エネルギー・生活)

味の素、カゴメ、日清オイリオグループ、日清フーズ、ハウス食品グループ本社の食品メーカー5社は、2019年4月に全国で共同配送を展開する物流会社を発足する。... 食品メーカー5社などは15年2月に「食...

タイ企業のロボット活用が進んでいる。... タイの食品企業、CPRAMは型押しロボットのほか、2017年10月には積み込み用に安川電機のロボットを導入。... CPグループは食品や農業などを手がける巨...

味の素、育児社員を支援 川崎事業所内に保育所 (2018/3/8 建設・エネルギー・生活1)

同社は川崎に続き、2018年度は大阪や福岡地区でも企業主導型保育事業の保育所と提携、支援環境を整える考え。... キユーピーやサッポロホールディングス、エスビー食品なども企業内保育所を開設している。....

テイストテクノ、味覚官能評価集計ソフトの英語版 (2017/7/28 建設・エネルギー・生活1)

テイストテクノロジー(東京都東久留米市、平沼孝太社長、042・449・6485)は、食品企業が行う味覚官能評価のデータを集計するソフト「マジックセンス」で、英語版を発売した。

【宇都宮】真岡製作所(栃木県真岡市、仁科捷哉社長、0285・83・0871)は、企業・団体に労働災害教育を行う「安全体感技塾」の設備を増強し、食品製造現場などの潜在的危険を体感できる研修を始めた。.....

経営ひと言/味の素・西井孝明社長「やりがいが大事」 (2017/3/10 建設・エネルギー・生活2)

食品企業のグローバルトップ10入りと働き方改革を同時に進めており、競争力を生み出す研究職の処遇に目を配る。

味の素、M&A積極化−新中計、設備投資2300億円 (2017/2/20 建設・エネルギー・生活)

グローバル食品企業への成長を念頭に、事業利益(国際会計基準)を16年度見込みの927億円から、19年度は1240億円へ高める。... 調味料・加工食品の低価格競争に生き残るため、グループ全体で生産体制...

食品大手による海外展開や海外企業買収も近年、増えてきた。... 食品企業による内需掘り起こしには、これが少ない。 ... また市民イベントへの出展や工場見学などで人気を集めるのは食品...

食品業界は他の業界と比べても、労働人口が多い。... 「当社は東京五輪のオフィシャルパートナー企業。... 20年までにグローバル食品企業トップ10入りを目指し、構造改革を進める。

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる