65件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.02秒)

そこで本年度中にデータサービスクリエイターの養成プログラムを開設し、60人程度から始める。社員の強みであるリスクを捉える力に企画力が加われば、より一層イノベーティブ(革新的)な企業に成...

従業員一人ひとりの意識改革や能力向上を図るため、新規教育制度の制定や豊富な研修プログラムなどの各種支援を推進。... 資源事業本部副本部長の佐藤涼一執行役員は「非鉄金属は今後さらに需要が増す一方、新規...

ふくおかIST、DX人材育成連携 (2020/12/24 西日本)

ふくおかISTの育成ノウハウと、同社開発の人材養成プログラムを組み合わせてオンライン研修を展開していく。

ANA、22年度新卒は200人 (2020/11/18 総合3)

パイロットと一等航空整備士養成プログラム対象者、障害者に絞り込む。

東北大学や熊本大学などは、企業人らの知見や実務経験を生かして産学連携教育を行う「実務家教員」の育成プログラムを始めた。... 連携先の海外大学から、最先端の大学教員養成プログラムを導入・発展させてきた...

東京大学先端科学技術研究センター、電通の専門組織「電通ダイバーシティ・ラボ」、日本エンゲージメント協会(東京都中央区、小屋一雄代表理事、03・6264・4356)は、チームの謙虚な&#...

愛知県、スタートアップ育成強化 米テキサス大と連携 (2019/7/17 中小企業・地域経済2)

また起業を目指す人材を発掘・養成プログラムを9、10月に新たに始める。 テキサス大との連携プログラムは、海外の大企業や投資家との商談で活用できる技術、市場性などについて、インタビュー...

【名古屋】名城大学はモチベーションの高い学生に、自己研さんの機会を設ける選抜型プログラム「チャレンジ支援プログラム」を始めた。... グループワークや自律的な会員制交流サイト(SNS)...

国際基督教大学(ICU)は同大の「学士・修士5年プログラム」の中で、外交・国際公務員と金融プロフェッショナルの養成を2019年度から始める。... このうち来春に始める「外交・国際公務...

文部科学省は大学院教育改革を先導する2018年度新事業「卓越大学院プログラム」で13大学15件の採択を決めた。... 異分野融合や企業資金獲得をキーワードに、科学技術と高等教育の取り組みを連動させる高...

独自の養成プログラムで人材を育成し、自動運転化の進む自動車業界などで高まる人材需要に応える。 ... アイズファクトリーが実施するデータサイエンティスト養成プログラムで教育し、専門的...

文部科学省は2019年度から、社会人のリカレント(学び直し)教育を後押しするため、「実務家教員」を養成する新事業を始める。... 文科省が実務家教員養成に取り組むのはこの「産学コラボレ...

「各学部の教育の特徴を、学部横断で発展させて活用する『オール同志社教育推進プログラム』を4月から始めた」というのは、同志社大学学長の松岡敬さん。 例えば社会の科学技術理解を促す「サイ...

同志社大学は社会構造の変化に対応するリーダーの養成プログラム「同志社大学新島塾」を始める。

既存の医療科学部は、臨床検査学科と臨床工学科を統合して医療検査学科とし、3年次に臨床検査技師か臨床工学技士の養成プログラムを選ぶ方式とする。

地域医療を担う医師の養成プログラムなどを研究する。

仙台市やINTILAQ東北イノベーションセンター(仙台市若林区)が運営する社会起業家養成プログラムで、現在12者が参加する。

実践的な養成プログラムを豊富にそろえて、顧客のライフプランに合わせた最適なコンサルティングが可能な専門人材を育成する。

こんな問題意識から、人事担当常務執行役員の高橋雄介は日本人をターゲットにしたリーダー養成プログラムを矢継ぎ早に導入した。 ... 現場を通してリーダーシップを育成するのがプログラムの...

産業界で活躍できる博士を 【新学位、初の修了生】 産学官の連携の下でイノベーションを先導する博士人材を養成し、「インダストリアルPh.D(産業博士&...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン