185件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

2021年2月13日、土曜の深夜11時過ぎに福島県沖で震度6強の地震が発生した。... 同本部は首都直下地震と南海トラフ地震の場合に立ち上げるルールで、その他の災害時には担当役員がその都度判断していた...

さらに熊本地震、北海道胆振東部地震が発生した。... 今後特に対処しなければならないのは首都直下地震と南海トラフ大地震。首都直下の場合、下町と呼ばれる地域の製造業の場合は、火災のリスクをBCPに組み込...

【A】地震による家屋の倒壊をはじめ、地震に起因する火災や津波による被害などを補償します。... 【A】地震は広範囲かつ被害が甚大になりやすいため民間だけでは引き受けが難しく、地震保険法に基づき国と保険...

国難災害がもたらす危機 南海トラフ地震や首都直下地震、そして、大都市における近年激甚化する台風による巨大高潮・洪水は、日本の国力を抜本的に低下させかねない。... 具体的には、首都直...

福島県沖を震源とするマグニチュード7・3の地震が13日夜に発生した。... 東北沖での地震のリスクを注視したい。 ... 国民の関心は、今後30年以内の発生確率が70―80%とされる...

本格的な販売はこれからだが、首都直下地震が想定される都内を中心に採用を目指す。 【低コスト化】 築年数の古い木造アパートは地震に弱く、倒壊する恐れがある。... 地...

切迫性が指摘される首都直下地震など、巨大災害リスクから目を背けてはならない。

「自助・共助 促進を」東商、防災・減災で国・都に対策要望 (2020/10/20 中小・ベンチャー・中小政策)

また、ハード対策として首都直下地震、大規模風水害に備えた都市の構築のために、陸・海・空の主要な交通施設の点検、強化などを要請した。... 東京都に対しては災害リスクに適応できる市街地創出のほか、帰宅困...

防災科研、来月5日に首都地震シンポ (2020/9/25 科学技術・大学)

防災科学技術研究所は10月5日15時からウェブで、首都直下地震に備えた観測データの相互利活用などを話し合うシンポジウムを開く。首都圏や日本のレジリエンス(回復力)強化に向けた課題などを議論する。白鴎大...

経団連の中西宏明会長は「わが国の首都として、次期五輪・パラリンピックの開催都市として、世界の先頭に立って取り組みを進め、新しい時代の成長モデルを国内外に示すことが期待される」とした。 ...

首都直下地震などの災害リスク増大や生活環境の悪化などが懸念され、一方で地方の担い手不足を招く。

損保大手では、地震関連の取り組みが目立つ。... 補償が充実した地震保険を合わせて案内する。 ... 訪問顧客とのアポイントを一元管理し、首都直下地震などが起きた場合でも、迅速で効率...

今後、懸念される首都直下地震などを想定し、管理体制を見直して強化する。

◇  ◇ 南海トラフ地震・首都直下地震と水災害に関する二つの対策本部も発展的に統合する形で発足した。

当然、今後も提携先が増えていく可能性はある」 ―防災科研の「首都圏を中心としたレジリエンス総合力向上プロジェクト」に参加しています。... 当社は2017年に首都圏で独自に実証実験を...

国の借金は世界一に膨れ上がり、首都直下地震と南海トラフ地震はいつやってきてもおかしくない。

防災科研、24日に首都圏防災シンポ (2019/9/18 科学技術・大学)

防災科学技術研究所は24日14時から都道府県会館(東京都千代田区)で、「企業も強くなる 首都圏も強くなる」と題したシンポジウムを開く。首都直下地震などの災害に備え、産学官連携で取り組むデータ利活用協議...

富士通G、きょう合同防災訓練 首都直下地震を想定 (2019/9/3 電機・電子部品・情報・通信2)

重大な影響を与える首都直下地震を想定。

一方、内閣府の防災分野では南海トラフ地震や首都直下地震などの災害予防に同9・6%増の11億9000万円を計上。

東京は2020年の五輪・パラリンピック開催地で、首都直下地震の対策も進んでいることから会場に選ばれた。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる