129件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

日本では地震リスクは常に隣り合わせと言える。 中小企業庁の中小企業強靱(きょうじん)化研究会の説明資料によると、今後30年以内に70%程度の確率で発生するといわれている首都直下型地震...

首都直下型地震や大規模災害が起これば患者の数は激増し、通常のベッドや医師の数では対応できなくなる。... 今回の新型コロナは地震や台風災害と異なり、収束のめどが現時点で立っていない。

19年の台風19号は内陸部の水害対策のもろさを見せつけ、今後は南海トラフ地震や首都直下型地震への備えが問われる。

横浜市東部病院は1月19日、首都直下型地震を想定した医療訓練を実施した。

自然災害が相次ぎ、首都直下型地震などを視野に企業のリスクは増すばかりだ。

2018年の北海道胆振(いぶり)東部地震では大規模停電「ブラックアウト」に直面。... 首都直下型地震や南海トラフ地震が懸念される災害列島・日本で企業市民の役割は増すばかりだ。... 政府は団塊の世代...

大分県の広瀬勝貞知事は、発生が想定される南海トラフ地震や首都直下型地震に絡み「国土強靭化事業の延長は不可欠」と強調。

首都直下型地震や南海トラフ地震の発生も懸念される中、企業が有事に備えることは顧客も含め損害低減などにつながる。

東電、送配電設備を総点検 3年計画で自然災害に備え (2018/11/8 建設・エネルギー・生活1)

また、北海道地震では大規模発電所が被災し、電力供給エリア全域に及ぶ広域的な停電も発生。... ただ、首都圏と静岡県東部を含む東電HDの電力供給エリアにも大型台風が襲来し近い将来、首都直下型地震や東南海...

(高島里沙) 【地震手帳配布】 花王は首都直下型地震や南海トラフ地震などの大地震に備え、震度7や6強を想定した防災訓練を年に2回実施している。....

障がい者目線の避難マップ、スタッフサービスが制作 (2018/8/29 建設・エネルギー・生活2)

スタッフサービス・ホールディングス(HD、東京都千代田区、阪本耕治社長、03・5209・7100)は、首都直下型地震を想定し、障がい者の目線を取り入れた避難時の「バリアフリーマップ」を制作した。

首都直下型地震を受けたら、日本はやられるぞ」。... その堤防は、完成から88年後に起きた和歌山沖の大地震で村を津波から守った。さきの大阪北部地震で阪神・淡路大震災を思い起こした人は多くいたと思う。

防衛省は11日、首都直下型地震を想定した自衛隊統合防災演習を19―22日に行うと発表した。... 地震を想定した自衛隊統合防災演習実施は2014年度から数えて5回目で、首都直下型地震を想定した統合演習...

NTTデータ、AI活用を支援 新DC利用し新サービス (2018/3/21 電機・電子部品・情報・通信)

首都直下型地震にも対応した免震設備を採用し、地下にある強固な耐震トンネルに直結している。

北海道での訓練は、政府の地震調査委員会が2017年12月に公表した「北海道東部沖地震」を想定した。北海道東部沖の千島海溝沿い地震の発生確率は今後30年以内で7―40%、震度はマグニチュード(M)9級に...

内閣府は、マグニチュード7クラスの首都直下型地震が30年以内に発生する確率を70%と予想。大規模地震のリスクがある中、リスクマネジメントは不可欠との考えからだ。 ...

これから30年の間に、かなり高い確率で大規模な地震が日本のどこかで起こるのではないかと言われています。首都直下型地震は70%程度の確率で起きるとの見方もあります。... 07年の能登半島地震、新潟県中...

JR東日本は4日、2026年度までの10年間に約3000億円を投じ、首都直下型地震などへの耐震対策を実施すると発表した。... JR東日本は11年3月の東日本大震災を受け、首都圏と仙台圏中心に、高架橋...

ちょっと訪問/チャレンジ−日本・世界の光明化に貢献 (2017/3/14 モノづくり基盤・成長企業)

地震計を内蔵した緊急地震速報装置「EQガード」シリーズは地震の初期微動の検知センサーを内蔵しており、気象庁配信の緊急地震速報のみでは限界があった首都直下型地震でも猶予時間を稼げる。... 佐々木和男社...

首都直下型地震や南海トラフ地震といった大震災の危険にさらされている日本。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる