44件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

関電は国が目指す50年のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)を追い風に、同じ40年超の高浜原発1、2号機(福井県高浜町)も再稼働し、新たな成長軌道を描く狙いだが解決すべき課題も残る。.....

高い安全性、高効率で発電 化石燃料に代わる高温供給源として期待の次世代原子炉「高温ガス炉」。日本原子力研究開発機構は高温ガス炉の試験研究炉「高温工学試験研究炉(H...

需要拡大には電力、産業、運輸各部門での施策をまとめたほか、海外からの輸入による供給網構築や日本国内での製造への取り組み支援、高温ガス炉の活用などによる安価な供給体制の確立などを掲げた。

導入量拡大により発電コストを1ノルマル立方メートル当たり20円程度以下とガス火力以下に低減し、化石燃料に対して競争力を持てる水準とする。... 米国など海外で進む小型炉や高温ガス炉、核融合といった次世...

両者は日英政府間の高温ガス炉開発の取り組みを支援するため、高温ガス炉技術分野での先進燃料の開発や安全性などに関する協力を進める予定。協力の成果が高温ガス炉開発を進める英ウレンコの子会社ユーバッテリーの...

高温ガス炉の高度化シミュレーションのための設計研究や原子力熱利用の安全研究などで協力する。... 高温ガス炉は安全性が高く、900度C以上の熱を取り出せることから水素製造などの発電以外の利用も可能な原...

日本原子力研究開発機構と原子燃料工業(横浜市鶴見区、北川健一社長、045・500・6300)の研究グループは、次世代原子炉とされる「高温ガス炉」に使える高品質な燃料の量産化技術を確立した。原子力機構の...

すでに実施している事例として、税関での爆発物の検知などにも活用できる放射線の一種「中性子線」の利用や、次世代原子炉とされる「高温ガス炉」で水素を製造する研究などを実施している。

日本原子力研究開発機構高温ガス炉研究開発センターの久保真治研究主席らは、900度Cの熱を使って水から水素と酸素を生産する水素製造装置の150時間の試験運転に成功した。... 高温ガス炉という原子炉での...

安全設計の国際標準化リード ナトリウム冷却高速炉や高温ガス炉など、次世代原子炉とされる「第4世代原子炉」の実用化が見えてきた。... 【記者の目/日本の実力アピール】 ...

連載で紹介してきた高温ガス炉は、この水素社会の到来へ大きく寄与することが期待されている技術でもある。 ... 原子力機構は高温ガス炉で発生する高温ヘリウムガスの熱エネルギーを利用し、...

【多様な熱利用】 炉心溶融の危険性が極めて低く多様な熱利用が可能な高温ガス炉。... IG―110黒鉛は、現在稼働・建設中の高温ガス炉用構造物に世界で唯一採用されている材料だ。東洋炭...

高温ガス炉の最大の特徴は、その固有の安全性にある。... 高温ガス炉のもう一つの特徴は、950度Cという高温のヘリウムガスを利用できることにある。... 日本が高温ガス炉の試験研究炉であるHTTRの建...

日本原子力研究開発機構は6、7の両日、東京都千代田区の東京事務所でポーランド国立原子力研究センター(NCBJ)と高温ガス炉技術協力会合(写真)を開き、ポーランドでの高温ガス炉早期実用化に向け、2国間で...

高温ガス炉の熱で二酸化炭素が出ない水素製造システムが可能になる。... 全てが国産技術で、半世紀を迎える高温ガス炉開発の成果である。世界が高温ガス炉に注目している今、高温ガス炉システムの実現に向け成果...

「高温ガス炉への期待は高い。... 原発は費用が建設中に膨らむリスクがあり、建設期間の短い小型の高温ガス炉が注目された。高温ガス炉は高温ヘリウムを供給でき、「水素製造や海水淡水化などの複合利用も可能」...

パリ協定は「2度目標」を掲げ、達成のために温室効果ガス排出ゼロを求める。... (渡辺光太) 次世代原子炉―核廃棄物処理、技術高めたい 世界では、より安全性の高い次...

だからこそ高速増殖炉の実用化が期待されたわけです。より安全性の高い原子炉を追求しなければなりません。わが国こそ小型モジュール炉や高温ガス炉などあらゆる可能性を追求し、安全性についての技術開発の可能性を...

原子力機構では研究用原子炉、加速器、放射性物質の使用施設など、特徴ある施設を使った基礎基盤的な研究とそれを土台としたプロジェクト的な研究開発を手がけており、現在の重点開発分野は四つある。 &#...

「高温ガス炉技術の海外展開は、日本の開発技術を継承し、発展させるという観点から非常に有意義だ。当機構の高温ガス炉性能は世界最高水準だ。... 【記者の目/幅広い分野の産業に活用期待】 ...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる