900件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

対象を中古車とすることで料金を抑えた。 ... トヨタ車を対象にした「キントワン」、高級車ブランド「レクサス」を対象とした「キントフレックス」で、いずれも3年契約で展開する。 ...

高級車ブランド「レクサス」生産拠点の宮田工場は第1、第2の二つのラインを持つ。

「欧州でブランドのイメージを高めたい」と意気込むのは、川崎重工業常務執行役員の堀内勇二さん。... 伊高級2輪車メーカーのビモータと合弁会社を設立。... ビモータの2輪車は欧州メーカー製のエンジンが...

車・5G関連で顧客開拓 ―2021年3月期に力を入れる市場は。 ... 高級車向けでの引き合いがある。... 「双方が強い市場や顧客に対して相手ブランドで販売する『...

同省にある完成車メーカーも稼働を落としている。 ... 栃木工場は高級ブランド「インフィニティ」の車種を生産する。九州工場は主力のスポーツ多目的車(SUV)「エクストレイル」などを生...

【ロンドン=ロイター時事】日産自動車は、英国の欧州連合(EU)離脱後もスポーツ多目的車(SUV)「キャシュカイ」の次期モデルを英サンダーランド工場で生産する計画を進めている。... ただ、昨年は高級ブ...

EV・eパワーを2本柱に設定 ブランド再構築 電気自動車(EV)「リーフ」を発売してから10年目。... 一方、高級セダン「スカイライン」などに設定するパラレル式HVは、競争力が確保...

高級車アウディやポルシェなど傘下ブランドを含むグループ全体の世界販売台数は、19年は前年比1・3%増の1097万台と4年連続で過去最高となり、世界販売首位の座も4年連続で維持した。

日本板硝子の瞬間調光ガラス「UMU(ウム)スマート ウィンドウ=写真」が、量産国産車の車室内向けとして初めてトヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」の「LM」の車室内パーティションに採用された。ウムス...

EVやプラグインハイブリッド車(PHV)を生産する。... トヨタは、EVやハイブリッド車(HV)など電動車の世界販売を25年に550万台以上とする計画。世界最大市場の中国でも電動車戦略を拡大しており...

両社は19年秋からトヨタの高級車ブランド「レクサス」のスポーツ多目的車(SUV)「RX」6台に、ポニーの自動運転システムを搭載して実証試験を開始。

建築材や、トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」限定モデルの窓枠外装部品(モール)などで採用実績がある。... 樹脂製の黒いモールも存在するが、高級感に乏しく、アベルブラックが注目を集めているという...

今回のタンクはドイツの高級車をイメージした。 ... 塚本は燃料備蓄タンクを中核とする新ブランド「TENES」(テネス)を立ち上げた。... 信頼性のあるブランドとして、しっかり育て...

【ニューヨーク=時事】米有力消費者情報誌「コンシューマー・リポート」が発表した自動車ブランドの2020年版総合ランキングで、昨年3位だったドイツの高級スポーツ車「ポルシェ」が首位となった。2位は前年と...

日産自動車は、高級ブランド「インフィニティ」シリーズで、2020年内に米国市場などに投入予定の新型車「QX55」をメキシコの独ダイムラーとの合弁工場で生産する。この合弁工場で生産する2モデル目の日産車...

トヨタ自動車は3日、高級車ブランド「レクサス」の2019年暦年の世界販売台数が前年比10%増の76万5330台で着地し、過去最高の年間実績になったと発表した。... 18年に全面改良したセダン「ES」...

最近ではトヨタ自動車の高級車ブランド『レクサス』の新型『RX』にブレードスキャンADBが採用され、国内でもADBの採用実績が出てきている。... さまざまなやり方があり、当社なりに見極めて開発しなくて...

「特にブランドビジネスは攻めることが必要。... 中国も高級流通と手を組んで攻勢をかけており、(中国アリババが展開する)『独身の日』の売り上げも好調だった。... 車向けの精密部品については半導体より...

【ベルリン=ロイター時事】ドイツの高級車大手ダイムラーと、中国・浙江吉利控股集団傘下のスウェーデン同業ボルボ・カーズは、燃焼機関の開発コスト削減に向けて提携を検討中だ。... ボルボは昨年10月、エン...

2020予測/3大市場 減速 (2020/1/1 自動車)

中国市場全体で高級車カテゴリーは好調で、トヨタは高級車ブランド「レクサス」も伸びた。 ... 値引きに頼らず売り切る商品力とブランド力が試される。 ... 両社それ...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる