電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

16件中、1ページ目 1〜16件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

フタバ産業の魚住吉博社長は「海外拠点でも適切なオペレーションができるように、日本から改善メンバーを派遣する」と話す。

「人材シフトやデジタル変革(DX)で開発を強化している」と話すのは、フタバ産業社長の魚住吉博さん。

先行開発、モノづくり力向上 ―排気系製品関連でどういった投資を計画していますか。 「電動車のバッテリーの大型化に対応し省スペース化に貢献するため、軽量化とマフラー容...

フタバ産業の魚住吉博社長は「日本や北米で低調だった客先が稼働し、売上高や利益は想定以上だった」と説明。

「実は昆虫が大好き」と明かすのは、フタバ産業社長の魚住吉博さん。

フタバ産業の魚住吉博社長は「世界新車販売台数におけるEVの進展を30年に3―4割とみていたが、特に中国や欧州で加速している」と認識を改める。

フタバ産業社長・魚住吉博氏 北米の生産性向上アクセル ―2023年の生産動向は。

フタバ産業の魚住吉博社長は決意を新たにする。... 魚住社長は「市場や自動車メーカーの計画を基に総合的に判断した」と話す。

フタバ産業の魚住吉博社長も「事業環境は大変厳しい」と述べた。 ... ただ円安効果が大きく、中国・上海でのロックダウン(都市封鎖)による減産影響などから「実質的には減...

《トヨタ自動車時代を含め、生産に長年従事してきた》 「40年のサラリーマン人生の約7割は製造関連。40代で初めて海外駐在したが、トヨタ生産方式(...

2022年上期の新社長《上場会社》 (2022/8/12 上期の新社長)

別会社で同一人物の就任含む 関連記事「上期の新社長564人、ポストコロナ視野」 上場...

次期社長に内定した魚住吉博取締役執行役員は「DXはモノづくりの構造改革のスピードを上げるツール」と期待。

【フタバ産業】魚住吉博氏(うおずみ・よしひろ)82年(昭57)上智大経済卒、同年トヨタ自動車販売(現トヨタ自動車)入社。

■常務役員中国本部副本部長兼広汽トヨタ自動車社長 魚住吉博氏 【横顔】米国駐在や工場長を歴任。

中国本部副本部長の魚住吉博常務役員は「ハイブリッド車(HV)をどれだけ中国のお客さまに広く受け入れてもらえるかが最大の課題」と指摘。

常務役員は中尾清哉、魚住吉博、二之夕裕美、安井慎一、磯部利行、山本圭司の6常務理事と、西利之レンタリース事業部長、菅田道信TMAP―Japan室長が就任する。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン