電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

94件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

タイやイカなどの魚種や釣り場に合わせ自由に重さの違うおもりを組み合わせた仕掛けを作れる。... 釣り歴約30年の面本社長がおもりを柔軟に組み合わせ多様な魚種に併用すれば、トータルコストを抑えられると同...

空中試験機をフル活用して、今回の受賞製品だけでなく、さらに数種の新しい後続製品(つれゼロワシャ・非回転ワシャ・ボルロックナット・ボルロックワシャ)も開発しました。... 売り手は手間を...

第36回「中小企業優秀新技術・新製品賞」(2) (2024/4/17 中小企業優秀新技術・新製品賞2)

同システムは魚群探知機の技術と知見をベースに超音波を用いて自動計測する。... この信号をパソコン上で魚検出処理する仕組み。... 水産業者は手間をかけずに新しい販売先を開拓でき、スーパーマーケットや...

異なる魚種を交雑させることで味の良さと飼育しやすさを両立した「ハイブリッド魚」の開発・販売を手がける。

ブリは国内の海面養殖魚生産量の約5割を占める魚種で、市場を開拓して魚粉に比べ安定供給が可能な昆虫由来飼料の販売増加につなげる。

JR西、水産ベンチャーに出資 陸上養殖や鮮魚販売拡大 (2024/1/25 生活インフラ・医療・くらし)

同社との協業を軸に陸上養殖や養殖魚の販売を拡大し、地域の社会課題解決や活性化につなげる。 ... 翌年には陸上養殖魚ブランド「PROFISH(プロフィッシ...

春をめどに岬町深日(ふけ)地区で稼働させる水槽は、魚種をフグとサーモンに絞って生産能力を倍増させる。現在は同町淡輪(たんのわ)地区でヒラメとクエを加えた4魚種、年8・5...

魚種によっては不漁が続き、漁業関係者も危機感を持っているためだ。

現在、陸前高田市は東日本大震災からの復興に取り組み、水産業の振興に力を入れているが、近年は主要魚種である秋サケが不漁という。

漁業者の負担軽減のために、魚の大きさや魚種によって変わるが、魚の食欲によって変わる泳ぎ方などを画像解析し、AIを用いて自動で餌を与える。... 現在養殖している魚種も、当初はデータを集めることから始め...

NTT東は今回の実証の他にも、NTT西日本、宮崎県都農町などと連携し、ハタ科世界最大級「タマカイ」と高級魚「クエ」をかけ合わせた新魚種「タマクエ」の陸上養殖の実証を23年度に始める計画。

漁業の現場は温暖化による海水温の上昇で、魚種が変わり、漁獲量が減少し、磯焼けが広がっている。これまでの寄稿で紹介してきたように、今まで捕れていた魚が捕れなくなり、ここ5年程度で漁場が激変している。

魚種選別装置は人手を介さずに水揚げした魚の全数を即時に選別するシステムになる。... 具体的には魚を整列排出する機能を持つ「投入部」、魚種とサイズなどをAI、画像処理で判定・計測する「魚種判定部」、固...

従来は目利きにしか分からなかった鮮度が、魚の鮮度見える化システム「MIRASAL(ミラサル)」があれば誰でも簡単にその場で数値化できる。... これに対しミラサルは、魚種と温度データを...

JR西イノベ、島根産カワハギ販売 中学校跡地で陸上養殖 (2023/4/6 生活インフラ・医療・くらし)

JR西日本イノベは魚種の選定や陸上養殖設備機器の販売、魚のブランディング、販売までの一括サービスを昭和開発に提供した。

NTT東西と宮崎・都農町など4者、ICT活用の陸上養殖で提携 (2023/1/17 電機・電子部品・情報・通信2)

ハタ科世界最大級「タマカイ」と高級魚「クエ」をかけ合わせた新魚種「タマクエ」の陸上養殖の実証を2023年度に開始。

輝け!スタートアップ(146)AquaFusion 魚群探知機、画像分解能100... (2022/11/11 中小・ベンチャー・中小政策)

魚群の発見を目的としていた従来の魚群探知機に比べ、同製品を使えば魚の数やサイズの判定まで可能だ。... 魚群探知機の基本的な仕組みは、超音波を発信し、魚や海底からの反射波を捉えて解析、画像化するという...

ところが、最近は小型魚ばかりで量も少ない。... サンマの寿命は長くて2年で、漁獲するのは主に1歳魚。... 2魚種は動物性プランクトンの餌でも競合関係にあるとされる。

従業員は魚種や数量、販売先が記載された指示書に沿って手作業で切り身を製造するが、同時に数量を自身で数える必要があり、数量に間違いが発生することが課題だった。

クエとタマカイの交雑種であるクエタマなどの高級魚を安定生産できる。... 魚種はクエタマのほか、シマアジ、ヒラメの3種を実証した。... 生産ノウハウは群馬県水産試験場で防疫手法を学んだほか、魚種ごと...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン