84件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

イムノクロマト法は血液や鼻腔(びくう)拭い液などの検体に含まれる抗原・抗体の有無を判定する検査手法でインフルエンザなどの診断で一般的に使う。

花粉症患者は鉛が鼻腔(びくう)に残留する体質があり、症状が悪くなりやすいと示した。

鼻孔から2センチメートル程度の位置で採取した鼻腔ぬぐい液でも検査でき、検査者への感染リスクを低減する。

独自設計のカプセルを配合し、カプセルが弾けることで、口から鼻腔(びくう)までふんわりと心地よく爽快な香りが広がり持続する。

タカラバイオ、コロナ・インフル同時検出キット (2021/2/17 素材・医療・ヘルスケア)

鼻咽頭や鼻腔(びくう)のぬぐい液を検体に用い、新型コロナとインフルエンザウイルスを同時に検出する。

開発中のシステムは唾液検体や鼻腔(びくう)検体を使い、検体採取から感染の有無の判定までは1人当たり約80分で済む。

「鼻腔(びくう)でのウイルス増殖を防げるのでは」と語るのは、新興技術研究所(東京都世田谷区)会長の熊谷卓さん。... アルコール度数40%以上の酒をミスト発生器で霧状にして吸い込み、鼻腔の内面を消毒す...

医師はドレープの十字の切り込みから内視鏡やピンセットを鼻腔(びくう)に挿入して検査する。

鼻腔(びこう)の粘膜を採取して検査するキットで5―15分で感染の有無が分かる。

事前に測定に必要な試薬類をパック化しており、利用者は鼻腔(びくう)拭い液を容器にセットすれば迅速に結果が得られる。

【広島】広島ピーエス(広島県東広島市、宮原和樹社長、082・430・1003)は、新型コロナウイルス感染症のPCR検査ができる「鼻腔(びこう)粘膜採取検査ユニット」を発売した。

【神戸】シスメックスは、鼻咽頭と鼻腔(びくう)のぬぐい液を用いて新型コロナウイルス抗原を検出できる抗原検査キットの製造販売承認を取得、保険適用を受けた。

高林講師らは副鼻腔(びくう)炎の研究の知見をもとに、6月ごろに研究を始めたという。

SBバイオサイエンス、コロナ用検査試薬の承認申請 (2020/11/16 素材・医療・ヘルスケア)

移動式免疫蛍光分析装置「Sofiaアナライザー」で判定し、約15分で、鼻咽頭拭い液や鼻腔拭い液の中の新型コロナ抗原を検出する。

ぜんそくや鼻茸(はなたけ)を伴う副鼻腔(ふくびくう)炎も適応症として承認を得ており、今後も成長を期待する」 ―新型コロナウイルスへの対応は。

新型コロナウイルスとインフルエンザウイルスの同時検査を行う際、検体として鼻腔(びくう)ぬぐい液の共用ができるようになり、医療機関での検査体制の拡充が期待される。 鼻腔ぬぐい液は、鼻孔...

同システムは唾液検体や鼻腔(びくう)検体を使い、感染の有無を80分で調べる。

イムノクロマト法は血液や鼻腔(びくう)拭い液などの検体に含まれる抗原・抗体の有無を判定する検査手法。

それを受け取った利用者は、綿棒で鼻腔(びくう)内の粘膜を自己採取した上で、クエスト側へ送付する仕組みだ。

輝け!スタートアップ(47)メドリッジ (2020/9/17 中小・ベンチャー・中小政策)

内閣府の「革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)」での研究を基に、鼻腔(びこう)や血管などの構造や骨を削る感覚を忠実に再現した。

おすすめコンテンツ

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修キーワード700
第8版

技術士第一次試験 「建設部門」受験必修キーワード700 第8版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

続・東京の長寿企業50社

続・東京の長寿企業50社

これから伸びる東京のカイシャ2021

これから伸びる東京のカイシャ2021

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる