6件中、1ページ目 1〜6件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

日本の国土や国民の安全・生命を守る防衛予算は、2020年度予算案で前年度当初予算比1・1%増の5兆3133億円となった。... 限られた予算を重点的にどこへ振り向けるかの目配りが重要になる。 ...

総務省所管の2020年度当初予算案では超スマート社会「ソサエティ5・0」を支える情報通信技術(ICT)インフラ整備に4219億円を計上した。... 携帯電話大手が20年春に商用化する次世代通信規格「第...

2020年度当初予算案での社会保障費は8年連続で過去最大を更新した。35兆8608億円と、19年度当初予算比5・1%増で一般会計の3割を超える。... 高齢化の進展による自然増は4111億円で、19年...

国土交通省の2020年度当初予算案では、「臨時・特別の措置」を除く通常分の公共事業関係費が19年度当初予算比0・1%増の5兆2567億円となった。... 実施過程で必要な予算の転用を認める。... 環...

政府全体で量子技術関連の2019年度補正予算案と20年度当初予算案の合計が340億円に達した。18年度補正予算には量子関連予算が付いておらず、19年度当初予算160億円からほぼ倍増...

■15カ月予算で歳出膨張も 政府の2020年度予算案は、一般会計の歳出総額が当初ベースで2年連続の100兆円超えとなった。... 19年度は、追加歳出が4兆4722億円となる補正予算...

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる