28件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

日本や米国、欧州、中国、韓国の特許庁(5大特許庁)は、特許業務への人工知能(AI)活用で連携する。... 5大特許庁への特許出願件数は2019年の調査で273万件と世界の特許出願件数の85%を占める。...

特許庁がまとめた人工知能(AI)関連の国内特許出願件数によると、2018年は前年比54%増の約4700件だった。... 18年の出願件数のうち、AIのコア技術に関する発明は前年比65%増の約1500件...

特許庁は2018年版の特許行政年次報告書をまとめた。17年の特許出願件数では日米欧中韓の5大特許庁のうち、中国が約138万件で16年に続きトップ。... 出願人居住国別の国際特許出願(PCT出願)件数...

特許庁は米国、中国、欧州、韓国の特許庁(5大特許庁)と連携し、国際特許審査の判断材料になる「国際調査報告書」を協力して作成・提供する試行プログラムを7月1日に始める。... 5大特許庁が協働して先行技...

さらに産業技術総合研究所の支援を得ながら、業務負荷と業務頻度、職員の精神的な負荷の3点を評価指標に、15分野・20業務に絞り込み、AI技術の導入可否を検討することを決めた。... 上位5位までに提示さ...

専門の審査官や管理職を含めた総勢50人規模でビジネスモデルを含めた分野横断的な発明に対応する。... 業種横断で審査が難しい案件に対して、特許庁として審査の判断を統一していく。 .....

日本、米国、欧州、中国、韓国の特許庁は2日、都内で5大特許庁(IP5)長官会合を開き、ホスト国を務めた日本の提案によるIoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)など新技術に対応した知的財産制度の...

欧州特許庁は人工知能(AI)による創作物を知的財産として認定する方向で調整を始めた。31日に東京都内で開幕した5大特許庁(日米欧中韓)長官会合(IP5)で来日した欧州特許庁のブノワ・バティステリ長官(...

6月初めに東京で開催される5大特許庁(IP5)長官会合で課題や対応の情報共有を提案。... 5大特許庁会合は2007年から実施、審査結果の相互利用や審査品質の維持・向上で協力関係を深めてきた。 ...

日・米・欧・中・韓の5大特許庁が実務者レベルで具体策の協議を進め、19日から中国・北京市で開く5大庁の副長官会合、続いて5月の同国・蘇州市での長官会合において、早期実現で一致する見通し。... このた...

世界の特許出願件数の約8割は日本と欧米、中国、韓国の5大特許庁(IP5)で占められる。... 【インタビュー/特許技監・木原美武氏「補充の100人は“命綱”」】特許技監・木原美武氏 ...

企業の知財戦略は経済のグローバル化を背景として世界的に高度化する傾向にあるものの、日本では知財制度を利用するヘビーユーザーは大企業が中心。... ■国内の体制強化 世界の特許出願件数...

このグローバルPPHとは別に、日米韓と中国、欧州特許庁(EPO)の5大特許庁(IP5)で、同様に特許審査を早期化する多国間ルールを14年1月にも始める。IP5は特許出願の世界シェアが、全体で8割に達す...

経済産業省・特許庁は米国、欧州、中国、韓国の各国・地域と共同で、企業が特許権を早期取得できる枠組みをつくる。9月にスイス・ジュネーブで開く5大特許庁(IP5)長官会合で合意を目指す。... 5大特許庁...

日本、米国、欧州、韓国、中国の5カ国・地域は、米国で5日に開く5大特許庁(IP5)長官会合で、審査出願システムの標準化で合意している「グローバル・ドシエ」の開発課題や導入スケジュールなどを詰める方針だ...

特許庁も事情は企業と同じ。... 【IP5で】 従来、特許庁は「5大特許庁(IP5)」である日本、米国、欧州、中国、韓国の枠組みで、特許制度と運用の国際調和を主導してきた。... だ...

同協会は14日の会合の議論を踏まえて、15日の3極特許庁長官との意見交換会合で、27カ国・機関(10月1日時点)が参加している特許早期審査の特例制度「特許審査ハイウェイ(PPH)」の審査レベル平準化、...

経産省・特許庁は同先進国会合で、複数国に特許をPCT出願する企業の審査の質を高める、具体的な運用改善で議論を主導する方針。... 世界特許出願件数の約8割を占める5大特許庁(IP5=日本、米国、欧州、...

商標5庁会合、創設 (2012/11/2)

経済産業省・特許庁は1日、日本、米国、欧州、韓国、中国の5カ国・地域で商標(ブランド)の知的財産権について国際協力を推し進める「商標5庁(TM5)会合」を創設したと発表した。... 特許分野は5大特許...

ASEANなどは域内の経済統合を完成させる15年に向け、具体的に意匠と商標の国際条約加盟を目指している。 ... さらに、世界の特許出願件数で約8割を占める「5大特許庁」(IP5)に...

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる