10件中、1ページ目 1〜10件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

新産業創造研究機構(NIRO)による技術指導や「IoT・AI・ロボット導入補助金」の採択を受けた上で、プログラマブル・ロジック・コントローラー(PLC)とIoT機器とのシステム構築や運用を自社の技術陣...

サーボプレス機械3台とプレス間搬送ロボットによるタンデムラインを実演した(写真)。... 同社は鍛造機に連動する「SPロボット=写真」の訴求にも力を入れる。... 6軸制御の汎用ロボットにパイプをつか...

兵庫県と神戸市は、産業支援機関の新産業創造研究機構(NIRO、神戸市中央区)内に、IoT(モノのインターネット)や人工知能(AI)、ロボットの導入に関する相談窓口を設置した。... また、システム開発...

ロボット遠隔操作も研究 VRとロボットの連携については、当社でも研究を進めている。特にヒューマノイド(人型ロボット)では関節などの自由度が増えるに従って制御が難しくなる。... VR...

「シーテック」開幕−IoT・AI・ロボットの出展目立つ (2017/10/4 電機・電子部品・情報・通信1)

2017年のシーテックはIoTやAIに加え、ロボットの展示も目立った。日立製作所はシニア向けコミュニケーションロボットを展示。パナソニックは幼児教育用ロボットを発表した。

また、この白書は独自テーマについての第3章で「技術革新」を取り上げ、IoT(モノのインターネット)やビッグデータ、人工知能(AI)、ロボットなどを導入した企業が生産性を向上させたと分析している。

《IoTで日本の産業はどう変わっていきますか》 少子高齢社会の日本は世界に先駆けてAI、ロボットとともにIoTが必要になる。

大規模化や法人化が進めば、IoTやロボット、自動化機械の導入も容易になる。... しかし、農作業者の平均年齢が65歳を超す現状から見ても省力化と生産性向上は急務で、これを可能とするロボットやIoTへの...

2013年にアンドロイド部門からロボット部門に移り、東大発ベンチャーのシャフトや、軍事ロボットを研究する米ボストン・ダイナミクスなどロボットベンチャーの相次ぐ買収で辣腕を振るったものの、ロボット事業で...

第4次産業革命型は、補助上限額3000万円で、IoT(モノのインターネット)・AI・ロボットの設備投資が必須になる。複数の機械等がネットワークにつながり、IoT機能を必ず活用し、AIまたはロボットの導...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる