307件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

ニチガス、IoTでLPガスメーター情報収集 業界で基盤共同利用 (2020/8/6 建設・生活・環境・エネルギー1)

スペース蛍で収集したデータは一つのフォーマットに集約し、データを個別にAPI(応用プログラムインターフェース)化することで、他社との共同運用を可能にした。

2021年にも同システム向けのサービス開発に必要なAPI(応用プログラムインターフェース)を公開する。... 事業拡大とサービス拡充に向け、年内にAPIの開発に着手する。標準化したAPIを公開し、企業...

自動運転車両などからデータを受け取るAPI(応用プログラムインターフェース)も性能を向上させた。車両からAPI、DBへの一連のデータの流れを確実化、高速化した。

物流事業者とともにデータ収集や利用に関する整理やデータ項目や形式などを検討し、先行する欧州のモデルに準拠して共通のAPI(応用プログラムインターフェース)策定による運用を目指す。

豊富なAPI(応用プログラムインターフェース)の提供により、カスタマイズ(個別対応)も含め、他システムとの柔軟な連携を実現する。

アクセンチュア、都市OS用API公開 会津大と共同研究 (2020/7/16 電機・電子部品・情報・通信2)

API一覧を公開するウェブサイトを構築する。内閣府が示すスマートシティー参照アーキテクチャー(設計概念)に沿ったAPI参照サイトの構築は、国内初となる。 ... 各地域で標準APIの...

NEC、処理性能10%向上 大型汎用機を強化 (2020/7/7 電機・電子部品・情報・通信2)

このほか、API(応用プログラムインターフェース)「レストAPI」を通じて、クラウドなどのオープン環境とACOS業務資産群を連携する2製品も発売する。

日本IBM、地銀共同化システムのクラウド版 (2020/6/17 電機・電子部品・情報・通信1)

これまでチャンス地銀共同化プロジェクトでは、スマートフォン向けアプリケーション(応用ソフト)などに新しい金融サービスを追加する際、API(応用プログラムインターフェース)をその都度、既存のシステム上に...

日本IBM、金融DX支援 顧客の生産性改善・異業種連携を促進 (2020/6/17 電機・電子部品・情報・通信1)

業務マイクロサービスは口座照会や振り替えなどを実行する共通サービス部品で、81種類のAPI(応用プログラムインターフェース)が利用可能。

総務省が提供する「e―Gov」では、API公開によって多くの事業者が社会保険の電子申請サービスを提供している。

ムンバイの製薬企業コジェント・ライフ・サイエンスは、米食品医薬品局(FDA)承認のAPI(医薬品原薬)工場建設を計画し、日本の戦略的パートナーを探している。

NECが構築・運用するシステムを介し、3行と横浜銀行、ふくおかフィナンシャルグループの本人確認情報を事業者にオープンAPI(応用プログラムインターフェース)で仲介する。

SOMPOひまわり生命保険はライフプラン診断サービスにアイリックコーポレーションが提供する「ASシステム」をAPI(応用プログラムインターフェース)連携した。

外部に無償開放した銀行API(応用プログラムインターフェース)を用いたテスト環境の運用を始めた。 ... 「インターネット産業では普通」とAPI無償開放は当然といった様子。 ...

次世代光通信基盤「IOWN」、富士通など6社参加 (2020/4/17 電機・電子部品・情報・通信)

「いろいろなAIの共通API(応用プログラムインターフェース)を呼び出すときに時間がかかってはだめだ」と考えており、CFデータハブがあることでAI開発の促進につながりうるとみている。 ...

GMOあおぞらネット銀行(東京都渋谷区、山根武社長、03・4531・2300)は、外部に無償開放した銀行API(応用プログラムインターフェース)を用いたテスト環境「sunabar(スナバー)」の運用を...

社会保険・税手続きのオンライン・ワンストップ(一本化)申請受け付け機能の追加や、API(応用プログラムインターフェース)の提供へ取り組みも進む。... 窓口一本化やAPI連携で横串を通すには、省庁横断...

すでに民間事業者によって動きだしているプラットフォーム(基盤)や、今後構築されるプラットフォームをAPI(応用プログラムインターフェース)でつなぐことを連携の方向性とする。各アプリケーション(応用ソフ...

またクラウド化の浸透により、生命保険業界でもAPI公開に向けた議論が高まると予想。大手ほどシステム構成が複雑化し、API公開に向けシステムの整理・改修が必要となり、市場も徐々に伸びるとの見方だ。...

年内にもAPI(応用プログラムインターフェース)化し、他事業者との連携を進める。

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる