9件中、1ページ目 1〜9件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

前年に比べてほぼ2倍に増えた理由の一つは、今年メルケル政権がコロナ危機に対する景気刺激策として、BEV・PHEVを購入する市民に支払う補助金を増やしたことだ。... ドイツ政府は30年までにBEV・P...

このほか、市場規模の小さいバッテリー電気自動車(BEV)は144・0%増、ディーゼル型マイルドハイブリッド車(MHEV)は740・5%増、ガソリン型MHEVは172・1%増だった。

それに対し、バッテリー式電気自動車(BEV)も67万8000台から697万台に10倍増となるが、ハイブリッド車(HEV)は162万3000台から464万3000台と伸びが鈍ると見ている。  

一部のメーカーではバッテリー電気自動車(BEV)などへの移行を加速させる動きもある。... 2019年以降に発売する全ての新型モデルをBEVもしくはハイブリッド車(HV)とする方針を2017年7月に打...

【ロイターES・時事】米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は、中国でガソリンを使わず電気だけで走行する純電気自動車(BEV)の生産を2年以内に開始する。

同社は2025年を目標に30を超えるBEV車種を投入し、BEV販売台数(通年)を200万~300万台(全体に占める比率は20~25%)まで引き上げる計画だ。... VW傘下のアウディも2025年を目標...

フィアットクライスラー・オートモービルズ(FCA)は、同社初のプラグインハイブリッド車(PHV)となるミニバン「パシフィカ」を、ゼネラルモーターズ(GM)は、バッテリー充電式電気自動車(BEV)の「B...

BEVとPHEVも150万台に達して、世界の31%を占める。

このほか軽金属・複合材料・技術がテーマの「MALSEC(軽量化・高強度化技術展)2010」、プラスチックフィルム・シートを対象とする「FILMEC(高機能フィルム開発技術展)2010」、飲料業界向けの...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる