83件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01658秒)

川崎近海汽船、フェリー運賃来年値上げ (2019/10/23 建設・生活・環境・エネルギー)

...を発表した。規制に対応した低硫黄c重油(適合油)を使用することによるコスト増加分について、船会社の内部...

...いとみられる。 ただ、規制適合油はc重油に比べ高価格で、燃料コスト上昇が見込まれる。規制適合油の需給が...

IMO規制で変わる船用燃料 石油元売り、対策急ピッチ (2019/5/3 建設・生活・環境・エネルギー)

...硫黄酸化物(sox)を減らすため、燃料のc重油に含まれる硫黄分濃度を現行の35%以下から05%以下に制限する。公海を... ...mo規制対応に動いている。(青柳一弘) c重油の低硫黄化 重質依存で対応に遅れ c重油は原油を精製して液化石油ガ... ...油の低硫黄化 重質依存で対応に遅れ c重油は原油を精製して液化石油ガス(lpg)、ガソリン、ナフサ(粗製ガソリン...

...として、船舶燃料に使われる低硫黄c重油(lsc)の供給体制を構築する。主力の千葉事業所(千葉県市原市=写真)と... ...に引き下げる新規制の導入を決定。c重油は原油からガソリンなどを精製した残さ。船舶と火力発電の燃料にな... ...事業所と北海道製油所でそれぞれ、c重油に軽油留分を混ぜて硫黄分の割合を減らす。軽油留分をc重油に送る...

...試算があるという。 適合油は従来のc重油に比べて、1トン当たり200―250ドル高いと想定される。年間400万トン...

...5%以下に改められる。多くの船が使うc重油は、規制強化後そのままでは使えなくなる。 【3つの方法】 規制への... ...法がある。 スクラバーを設置すればc重油をそのまま利用できるが、1隻当たり億円単位の初期投資が必要とな... ...選ぶことになりそうだ。 適合油は、c重油と比べて粘り気や流動性が小さくなる温度が、大きく異なる性状を持...

...されると、現在多く利用されているc重油はそのままでは使えない。液化天然ガス(lng)や液化石油ガス(lpg)など...

川重、国内初のLPG焚きLPG運搬船 21年引き渡し (2019/2/5 機械・ロボット・航空機1)

...されると、現在多く利用されているc重油はそのままでは使えない。lngやlpgなどクリーン燃料の使用や低硫黄燃...

...ニングコストも抑制できる。従来のc重油で必要だった不純物を取り除くための加熱工程も不要となり、機関室...

三菱重工と中国社、排ガス浄化装置で実証試験 (2018/6/7 機械・ロボット・航空機1)

...できるほか、硫黄分濃度35%の安価なc重油燃料を燃焼させたガス中の二酸化硫黄(so2)を、2020年に全海域が対象と...

...化により、現在多く使用されているc重油はそのままでは使えなくなる。対応策として(1)低硫黄燃料油への切り... ...された。ただ需要側が求める低硫黄c重油の需要量約600万キロリットルに対し、供給量は約150万キロリットルと...

...の体力勝負も限界に来ている。燃油(c重油)価格も上昇しており今後、運賃への転嫁も見込まれる。 ...

...植物油や、軽油の一種であるa重油、c重油を脱ガム化しバイオ燃料をつくり、約20%の水を混合乳化することで「...

...)を共同開発したと発表した。安価なc重油による排ガスを、低硫黄燃料を使った場合の水準にまで浄化できる。...

...していくとした。 燃料油は、電力用c重油を除く7種が対象。21年度に、内需量が16年度見込み比73%減の1億5746キ...

...ち上げる。2020年までに船舶用高硫黄c重油の使用が制限され、原油調達や製油所稼働にも影響するため。規制対... ...の3種類が有力。 石油業界にとってはc重油の生産体制の変更は避けられない。エネ庁は有識者会議「石油精製流...

...教授はこれまでに、a重油665%、水30%、c重油35%のエマルジョン燃料を開発している。だがc重油の粘度などの課題... ...ルジョン燃料を開発している。だがc重油の粘度などの課題があり、普及が進んでいなかった。そこでa重油と... ...a重油と水の配合割合をほぼ変えず、c重油の代わりにクレオソート油を07―2%加えて改良した。 開発した燃料は...

...の供給余力を背景に、船舶の燃料をc重油から液化天然ガス(lng)に変える天然ガス燃料船が、海運業界を中心に... ...動きがある。 現在ほとんどの船舶はc重油を燃料とするディーゼルエンジンで運航されている。船舶用エンジン...

...授と共同開発した。a重油665%、水30%にc重油35%を添加して燃料粘度を上昇させ、専用の撹拌機とナノクス製の「ラ...

...が少なかった。ガソリンや電力向けc重油の需要が低迷していることもあり、2010年以降では10月として最低水準...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる