10件中、1ページ目 1〜10件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

業界としても自動車保険を中心に年平均成長率(CAGR)は堅く見積もって1―2%は伸びるとみている」 ―頻発する自然災害リスクへの対応は。

「単年度の売上高や利益よりは、中外のようにCAGR(年平均成長率)でコミットした方が適切ではないか。

東芝ライフスタイル(川崎市川崎区、小林伸行社長、044・577・0100)は、海外市場の開拓などを進め、3年以内をめどに売上高の年平均成長率(CAGR)を2018年の5%から10%に引き上げる。

調査会社のまとめによれば、2030年までにMaaSの市場規模は年平均成長率(CAGR)25%で成長し、米国と中国、欧州を合わせて1兆4000億ドル(155兆円)に達すると想定する。

経営ひと言/NTTデータ・本間洋社長「成長の核は海外」 (2018/7/17 電機・電子部品・情報・通信)

現在は、国内景気も回復基調でIT投資も堅調だが「17―21年度の平均成長率(CAGR)は日本が1・7%、米国5%、欧州は6%」と成長の核はずばり海外とみる。

それによれば、17年のIoTセキュリティー市場は7億300万ドル(約770億円)と推測され、IoTの導入の加速とともに、新しい脅威やサイバー攻撃の発生を背景に、22年までに年平均成長率(CAGR)で4...

中国やインドなどの新興国では中・低位機種中心にスマホが引き続き成長すると見られることから、ガートナーでは14年から5年間のCMOSイメージセンサーの年間平均成長率(CAGR)を6―7%と予測している。...

14―19年のCAGRは6・4%減とマイナス成長。... 照明用LED売り上げは14年で市場全体の22%を占め、14―19年のCAGRが23%増。... 全体の11%を占め、CAGRは34%増とみてい...

13年から20年にかけての同市場の年平均成長率(CAGR)は13・3%と予測する。

09年から2013年の複合年間成長率(CAGR)は3―6%と予測した。 ... 5年間の予測期間中に成長は回復すると見込むが、全体として5年間のCAGRは横ばいとなる見込み。 ... ...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる