725件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

国を代表するFCの評価機関「技術研究組合 FC―Cubic(濱村芳彦理事長)」も、2022年に転入する。... 【積極姿勢支える】 県の積極姿勢を支えるのが、世界でも最高水準のFC研...

▼は減点 ※EV(企業価値)は時価総額+ネット有利子負債額、FCはフリーキャッシュフロー ※非上場企業の安定性得点は該当する従業員規模、業種の回答上場企業の得点との...

豊田通商、米で水素活用調査 (2020/11/4 国際・商社)

豊田通商と豊田通商アメリカは米国カリフォルニア州のロサンゼルス港で港湾機材動力源の水素燃料電池化(FC化)と、水素の地産地消モデルの実現可能性調査を始めた。

JR東、FCバス運行開始 竹芝―東京駅丸の内口 (2020/10/26 建設・生活・環境・エネルギー)

FCバスは2050年度に二酸化炭素(CO2)排出量“実質ゼロ”を目指すJR東グループの環境方針を象徴するものとして、また水素社会実現の啓発を狙いに導入した。

会場ではFC電源車を使って送風と細かな水粒子を飛ばす「ミストファン」を動かした。... 一方、トヨタとホンダが共同開発したFCバスを使う給電システム「ムービングイー」も注目を集めた。... FCバスは...

両社は日本国内向けでもFC大型トラックの共同開発をしている。... FCトラックは電気自動車(EV)トラックと比べて航続距離を長くしやすいなどの特徴がある。 ... いすゞ自動車はホ...

ミニストップ、FC契約の最終益折半 来年9月導入 (2020/9/28 建設・生活・環境・エネルギー)

同社のFC契約店の平均日販は42万円だが、日販50万円の店舗だと新契約になれば加盟店純利益が現行比で15%増になる。 ... 約2000店のうちFC契約店は約1800店。

東京大井の同ステーションでは、1時間当たりでFCVの場合10台、FCバスの場合6台への水素供給が可能だという。

トヨタ自動車などが燃料電池(FC)電源車やFCバスによる給電、トヨタホーム(名古屋市東区)などが電動車からスマートハウスへの給電などを紹介する。

産業春秋/メッシ残留 (2020/9/23 総合1)

サッカースペイン1部リーグの名門でバルサの愛称で世界中にサポーターが多い強豪チーム、FCバルセロナのリオネル・メッシ選手が残留を表明した。

▽AirX(新宿区)=データベースシステムで管理・運用するヘリチャーターサービス▽クレリオ(江戸川区)=ほっき貝を原料とした食品洗浄剤のアジア地域の専売事業▽アイエヌジーコーポレーション(豊島区)=生...

FC電源車はトヨタの小型トラック「ダイナ」をベースに、動力源には燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」に搭載されているFCシステムを活用。FC専用の給電機器はデンヨーが製作した。 ...

独ダイムラーの商用車事業の子会社ダイムラー・トラックは、2025年以降に燃料電池(FC)トラックを量産する。航続距離1000キロメートル以上の大型トラックで、23年には顧客へ試験供給を始める。航続距離...

ニュース拡大鏡/増える水素ステーション 五輪テコに25年度320カ所 (2020/9/10 建設・生活・環境・エネルギー2)

FCバスの導入拡大に伴い、大型車も受け入れ可能なステーションも増え始めた。... 1時間当たりFCV10台、FCバス6台の水素充填が可能だ。 ... FCバス向けの安定供給を重視する...

「第23回オゾン層保護・地球温暖化防止大賞」に4件 (2020/9/2 建設・生活・環境・エネルギー1)

覆工コンクリート裏の空洞を埋める裏込用ウレタン注入材として、従来HFC(ハイドロフルオロカーボン)が使われてきたものの、これを地球温暖化係数(GWP)が低いHFOで代替した。

日本郵船など5社、燃料電池搭載船を実証 船舶燃料に水素活用 (2020/9/2 建設・生活・環境・エネルギー1)

FC搭載船は、30年ごろをめどに500トン未満の内航貨物船などでの実用化を念頭に置く。 実証事業では150トン級、定員100人程度の中型観光船を想定した船を建造して出力500キロワッ...

国内車メーカー、電動車で災害時電力供給 (2020/9/1 自動車・機械・ロボット・航空機)

トヨタ自動車とホンダは共同で、FCバスの大容量電源から電気を小分けし、避難所などに電気を供給する移動式発電・給電システムの実証実験を始める。... FCバス対応の水素ステーションから100キロメートル...

FCバスにも供給する。

災害時には設置した燃料電池をFCVやFCバスの電源として活用する。

観戦したのは世界的な人気チーム、FCバルセロナ。

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる