33件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

トヨタ自動車は、中国で商用車用の燃料電池(FC)システムの現地生産に乗り出す。... 新会社「華峰燃料電池」は、トヨタと億華通の折半出資で、中国でのFCシステムの製造、販売を手がける。最初に投入を計画...

新型MIRAIの第2世代トヨタフューエルセルシステム トヨタ自動車が本格的な普及拡大を目指して、高性能かつ低コスト化した第2世代燃料電池(FC)システムだ。... FCシステムは主要...

(名古屋編集委員・長塚崇寛、日下宗大、西沢亮)【総合1参照】 仲間づくり拡大 FCトラック開発加速 「自動車業界全体でカーボンニュートラル(脱炭素)に取り組むとき、...

帝人フロンティア(大阪市北区、日光信二社長、06・6233・2600)は、ポリエステル立体成型吸音材(写真)がトヨタ自動車の燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の燃料電池(FC)システムに採用...

ミライに搭載したFCシステムは、商用車や鉄道など多様なモビリティーへの転用を前提に開発。トヨタの前田昌彦執行役員(写真左)は「FCシステムを商用車などに幅広く供給し、水素社会の実現に貢献する」と力を込...

豊田自動織機はより小型のFCシステムを開発。... トヨタが開発したシステムはFCスタックやFC専用の昇圧コンバーター、水素ポンプなどで構成する。... 開発した8キロワットFCシステムはトヨタのFC...

県の補助金の基準となる経産省の補助金は、ベース車両とFCシステム搭載時の差額で算出する。新型ミライはプラットフォームが「クラウン」から「レクサス」に変更されて車両価格が上がり、FCシステム搭載時との差...

9日に日本国内で発売した燃料電池車(FCV)の新型「MIRAI(ミライ)」と同じ最新のFCシステムを搭載。... 新型ミライを開発するに当たり、商用車などにも搭載しやすいようFCシステムを大幅に刷新し...

商用車などからもニーズがあったが、乗用車用に開発したFCシステムは転用が困難。... 車台からFCシステムの設計、レイアウトまでを一から見直した。FCセルは薄型化し初代の370枚から330枚に削減。

FCシステムを刷新し、最高出力を約2割高めたほか、航続距離も約3割増の約850キロメートルに延ばした。... FCスタックの組み立てにも本格的に着手し、「発電効率が高いFCの特性をエネファームやドロー...

商品を配送センターや店舗へ配送する車両にFCトラックを導入。... 各社に小型のFCトラック1台を提供し、配送センターや店舗間物流での実用性を検証する。... 乗用車の販売にとどまらず、商用車や鉄道、...

トヨタは中国での提携関係を強化することでFCシステムを効率的に開発し、FCV普及の基盤作りを進める。 ... 参画する6社は協議で商品を企画し、中国の性能ニーズに対応するFCスタック...

FCシステムを刷新し、水素の搭載量を拡大する。... 三菱ふそうトラック・バスはFC小型トラックのコンセプトモデルを開発し、FCを使った商用車を20年代後半までに量産化する計画だ。... トヨタはミラ...

トヨタ自動車は船舶向けの燃料電池(FC)システムを開発した。自社の燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の搭載部品を用いて、船舶用のコンパクトなシステムに仕立てた。... トヨタの欧州事業を統括...

FCシステムを一新し、航続距離を従来比30%延ばすことを目指し開発を進めている。... 出展する「ミライコンセプト=写真」は基幹部品であるFCスタックなどFCシステムを一新し、水素搭載量を拡大。

投入するFC大型商用トラックは、パワートレーンに自社の燃料電池車「MIRAI(ミライ)」のFCシステムを応用。... トヨタは2017年夏から同州でFC大型商用トラック1台を用いて港湾エリアの貨物輸送...

FCスタックの提供を受け、出力3キロワット級の水冷式FCシステムを構築する。... 今後、用途に応じたFCシステムの開発に向け、他企業との連携も伺う。 ... 電気や機械分野の技術力...

カエタノ・バスは2019年秋をめどに、FCスタックや高圧水素タンクなどのFCシステムを搭載した路線バス2台を開発・生産し、欧州で実証試験を始める。トヨタがグループ会社以外にFCシステムを販売するのは初...

米ゼネラル・モーターズ(GM)とは合弁会社を設立し、20年に米国で燃料電池(FC)システムの生産を開始。FCシステムは両社が今後それぞれ発売する車両に搭載する。

2019年をめどに小型のFCフォークリフトを発売するほか、20年をめどに空港作業車のFC化も狙う。... FCフォークリフトはトヨタ自動車の燃料電池車「ミライ」と同じFCセルを使い、発電効率の高い専用...

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる