20件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.019秒)

トラックなどの商用車は電動化が進みづらかった。... FCトラックはトヨタ自動車と開発を強化する。... 20年3月にはFCトラックを20年代後半までに量産すると発表した。

トヨタは2017年からロサンゼルス港湾地域で、FCトラックの実用化に向けた実証に着手した。今月には港湾運営会社などに、第1世代のFCトラックの納入を始めた。21年中に合計10台を提供して、FCトラック...

商品を配送センターや店舗へ配送する車両にFCトラックを導入。... 国や地方自治体、水素ステーション事業者とも連携し、FCトラックの普及に向けた支援体制の構築を目指す。 ... 各社...

両社は日本国内向けでもFC大型トラックの共同開発をしている。... FCトラックは電気自動車(EV)トラックと比べて航続距離を長くしやすいなどの特徴がある。 ... 三菱ふそうトラッ...

独ダイムラーの商用車事業の子会社ダイムラー・トラックは、2025年以降に燃料電池(FC)トラックを量産する。航続距離1000キロメートル以上の大型トラックで、23年には顧客へ試験供給を始める。... ...

「完全にCO2(二酸化炭素)ニュートラルな輸送は電気駆動装置のみによって達成される」と説明するのは、三菱ふそうトラック・バス副社長のアイドガン・チャクマズさん。 ... 電気小型トラ...

最近取り組みが活発化しているのが、FCトラック関連だ。... 三菱ふそうトラック・バスはFC小型トラックのコンセプトモデルを開発し、FCを使った商用車を20年代後半までに量産化する計画だ。... FC...

トラックの稼働効率を上げるため、テレマティクスを生かした予防整備を促す中で、整備士の存在は改めて重要性を増す。... 各社は電気トラックや燃料電池(FC)トラックの開発にも取り組んでおり、パワートレー...

いすゞ自動車と日野自動車がFCトラックの研究や開発に乗り出したほか、三菱ふそうトラック・バスはFCトラックのコンセプトモデルを公表した。... いすゞはホンダとFC技術を採用した大型トラックの共同研究...

商用車が運ぶ将来(上)CASE開発費の軽減 国内各社、協業を加速 (2020/4/20 自動車・機械・ロボット・航空機)

ドライバーを必要としない自動運転や環境に優しいFCトラック、電気トラックといった、次世代技術の進展への期待が高まっている。 ... 三菱ふそうトラック・バスが19年10月に発表した大...

燃料電池(FC)トラックを2020年代後半に量産化する計画を発表した。 FCトラックは小型電気トラック「eキャンター」がベースだが、量産化は小型トラックに限らない。... 環境と積載...

FCトラックや電気小型トラックなど環境に優しい仕様で次世代のニーズに対応していく。... FCトラックも電動車の一種だ。... FCトラックや電気トラックをそろえ、三菱ふそうもそれに続く。

いすゞは小型トラック、ボルボは大型トラックが強く、互いに協力できる」 ―FCトラックの可能性は。 ... FCは自力では手が出ないし、社会インフラを考えると乗用車よ...

トヨタ自動車は23日、米カリフォルニア州で進めている燃料電池(FC)大型商用トラックの実証実験で、今秋から貨物運送を本格化すると発表した。... 投入するFC大型商用トラックは、パ...

【FC搭載で共同】 またトヨタ自動車とトラックメーカーの米ケンワース・トラックが、トヨタの燃料電池(FC)を搭載した「ゼロエミッショントラック」を共同開発する。18年9月に公表した米...

FC技術を応用し、環境対策に貢献する。 トヨタは2017年にロサンゼルス港でFC大型商用トラックの実証実験を始めた。今秋にはトラックメーカーのケンワースのプラットフォーム(車台)をベ...

■現地企業と組むか 日系岐路 中国で燃料電池(FC)トラックやバスを導入する動きが広がっている。... ◇   ◇ ―中国では環境対応の商用車としてFCトラックやバ...

調査報告「水素市場の拡大」では30年までに燃料電池車(FCV)1000万―1500万台、FCトラック50万台が走ると試算。

トヨタは配送トラックの動力と冷蔵・冷凍ユニットの電源をFC仕様に変更し、FCトラックを完成する。... FC発電機には燃料電池車(FCV)のFCユニットを搭載して、水素ステーション併設のセブン―イレブ...

トヨタ自動車は今夏から、米カリフォルニア州のロサンゼルス港で燃料電池(FC)技術を採用した大型商用トラックの実証実験を始める。... 大気汚染物質の削減に取り組む現地での実証を通じて、FC技術の大型商...

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

理系学生必見!! 
日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

理系学生必見!! 日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる