41件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

GDPの速報段階では18兆円程度と試算したが、GDPの下方修正に伴ってギャップが広がった。21年1―3月期は新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言の再発出で、個人消費を中心にGDPが大きく下...

今回の経済対策については、ローレンス・サマーズ元財務長官がワシントンポスト紙上で「GDPギャップの3倍もあり、規模が大き過ぎるのではないか」と疑問を呈している。

内閣府は2020年10―12月期の国内総生産(GDP)速報値からの分析で、同四半期のGDPギャップ(需給ギャップ)はマイナス3・3%だったとの推計結果をまとめた。... ギャップはコロナ禍の影響で個人...

内閣府が2020年7―9月期の国内総生産(GDP)速報値から推計した同四半期のGDPギャップ(需給ギャップ)は、マイナス6・2%だった。... 特に7―9月期のGDP速報で、民間設備投資の落ち込みが顕...

内閣府は8日、2020年4―6月期の「GDPギャップ(需給ギャップ)」がマイナス10・2%になったとの推計結果を発表した。... 同四半期の国内総生産(GDP)の改定値から推計した。GDPの成長率が実...

2020年4―6月期の国内総生産(GDP、速報値)が戦後最大の落ち込みとなったことで、デフレ脱却への道が険しさを増しそうだ。GDPの大幅減少に伴い、日本の潜在的な供給力と実需の開きを示すGDPギャップ...

内閣府は国内総生産(GDP)改定後の2020年1―3月期のGDPギャップ(需給ギャップ)が、マイナス2・4%になったとする推計結果をまとめた。同四半期のGDP改定値が、速報値より上方修正されたことを受...

内閣府は2020年1―3月期の「GDPギャップ」(需給ギャップ)が、マイナス2・7%だったとする推計結果をまとめた。... 19年10―12月期のGDPギャップと比べると、マイナス幅が1・1ポイント、...

内閣府は12日、国が中長期的にどれだけの経済成長が達成できるかを表す「潜在成長率」と、経済全体の総需要と供給力の差を示す「需給ギャップ」(GDPギャップ)の推計を見直した。... 潜在成長率は経済の実...

同研究所によると、米国は17年7―9月に総需要が総供給を上回り、国内総生産(GDP)ギャップがプラスに転じた。米国はGDPギャップがプラスになってから2年で景気後退へと転じるパターンを繰り返していると...

GDPギャップ改善、賃上げが続き、デフレ脱却に向けた改善は続く。

内閣府は21日、7―9月期の国内総生産(GDP)速報値から推計される同四半期のGDPギャップ(需給ギャップ)はマイナス3・5%で、4―6月期と横ばいになったと発表した。

内閣府は15日、1―3月期のGDPギャップ(需給ギャップ)がマイナス3・8%になったとの推計結果を発表した。1―3月期の実質GDP改定値が年3・7%減から年3・5%減に上方修正されたことを受け、5月3...

内閣府は21日、2010年10―12月期のGDPギャップ(需給ギャップ)がマイナス3・8%になったとの推計結果を発表した。... 需給ギャップは09年1―3月期に過去最悪のマイナス9・2%、名目の年換...

内閣府は14日、2010年7―9月期の国内総生産(GDP)の改定を踏まえ、同四半期のGDPギャップ(需給ギャップ)を推計した結果、マイナス3・1%になったと発表した。... 改定値で民間設備投資と民間...

内閣府は22日、2010年7―9月期のGDPギャップ(需給ギャップ)がマイナス3・5%になったとの推計結果を発表した。... 需給ギャップは09年1―3月期に過去最悪のマイナス8・3%、名目の年換算で...

大和総研はGDPギャップ(需給ギャップ)の緩やかな改善が続いていることから「需給面からみた物価下落圧力は遅行的に緩和していくとみられるものの、CPIの下落幅が縮小するペースは緩慢であろう」と予想する。...

「将来の経済構造を見据えた民需刺激策によりGDPギャップ解消を進める」。

内閣府は14日、2010年4―6月期の国内総生産(GDP)の改定を踏まえ、同四半期のGDPギャップを推計した結果、マイナス4・5%になったと発表した。GDPの改定前と比べて0・3ポイントの上方修正とな...

内閣府は2010年4―6月期のGDPギャップ(需給ギャップ)がマイナス4・8%になったとの推計結果をまとめた。... 内閣府によると、需給ギャップは世界同時不況後の09年1―3月期に過去最悪のマイナス...

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる