182件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01824秒)

...(jaxa)が開発する新型基幹ロケット「h3」。地球からissやゲートウェーへの物資の運搬に使う(イメージ=jaxa提供) ...

検証2019/米宇宙計画へ参加 日本が正式表明 (2019/12/20 科学技術・大学)

...給船「htv―x」や新型基幹ロケット「h3」によるゲートウェーへの物資燃料補給などに携わることになる。 計画...

...機構(jaxa)は17日、新型基幹ロケット「h3」用フェアリング(ロケットの先端部)の分離放てき試験を川崎重工業の播... ...弾性で分離機構を二つに開頭した。h3は2020年度に種子島宇宙センター(鹿児島県南種子町)へ搬入し、打ち上げ... ...県南種子町)へ搬入し、打ち上げる。 h3のプライムコントラクターである三菱重工業のもと、川重がフェアリン...

...20年度打ち上げの次期基幹ロケット「h3」の開発を進める。 さらに21年度の供用開始を目指すスーパーコンピュ...

...の打ち上げに基幹ロケット『h2a』『h3』を使いたいと考えるユーザーは多い」と語るのは、スペースbd(東京都...

...「h2a」と2020年度以降に打ち上げる「h3」で、25年3月末までにjaxaが打ち上げる衛星を載せたロケットのみが対象...

...るとした上で「(新型基幹ロケットの)h3ではコスト競争力のあるロケットを作りたい」と語った。 ...

産業春秋/「はやぶさ2」帰還 (2019/11/25 総合1)

...してくれそう。 次期主力ロケット「h3」も20年度中の試験機打ち上げに向けて開発が最終段階にある。打ち上げ...

...計画だ。固体燃料は基幹ロケット「h3」の固体ロケットブースターにも利用されるため、将来のコストダウン... ...ち上げを目指す新型基幹ロケット「h3」の開発を進めている。国際競争力向上のため、h2aの打ち上げ費用の半... ...50億円での打ち上げを目指す。さらにh3はイプシロンとの部品の共通化などシナジー開発によるコスト低減にも...

インフルエンザ、流行期入り 「飛沫感染」に注意を (2019/11/19 素材・医療・ヘルスケア)

...エンザのウイルスには、a/h1n1亜型、a/h3n2亜型(いわゆる香港型)とb型の種類があり、春までのシーズン中にいずれ...

...送船「htv―x」や新型基幹ロケット「h3」によるゲートウェーへの物資燃料補給、月の着陸地点を選ぶ際の月面...

...ローダーでできる旋盤用チャック「h3qjシリーズ=写真」を2020年2月に発売する。チャックの直径は8インチ、10イ... ...旋盤メーカーの対応が必要だった。h3qjは、爪を汎用のロボットやローダーでもつかみやすいよう改良。後付け...

...グループ会社で次期基幹ロケット「h3ロケット」用部品を受注した。100%子会社のタナカエンジニアリング(富山... ...でに拡大した。 今回受注したのは、h3ロケットの水素と酸素の混合比を最適化するのに寄与する燃料噴射部品...

...打ち上げ予定の新型基幹ロケット「h3」と新型物資補給船「htv―x」によるゲートウェーへの輸送技術などを担...

...給船『htv―x』や新型基幹ロケット『h3』での物資燃料の供給、着陸地点選定のための月面のデータ技術の共有...

...検 ロボティクスのシンガポール企業h3ダイナミクスは、水力発電関連事業のブラジル企業ephエンジニアリング... ...料電池ドローン「ハイコプター」とh3ダイナミクスの人工知能(ai)点検プラットフォーム「h3zoomai」を併用した... ...人工知能(ai)点検プラットフォーム「h3zoomai」を併用した点検ソリューションにより、ブラジルで水力発電ダム...

...に参入する。9月内にシンガポールのh3ダイナミクスと提携し、現地で実績のある点検サービスを国内で展開。... ...展開している。既存点検メニューにh3ダイナミクス方式を追加。ドローン操縦士をトレーニングしたのち、12月... ...格は小規模ビルで40万円程度から。 h3ダイナミクスは、ドローンと人工知能(ai)の分析技術を持つスタートアッ...

...ち上げを目指す新型基幹ロケット「h3」の開発費に350億円を盛り込んだ。さらに米国が有人月面探査の中核拠...

...20年度打ち上げの新型基幹ロケット「h3」の開発や、月を周回する月近傍有人拠点「ゲートウェー」の関連費用...

...20年度打ち上げの新型基幹ロケット「h3」や、国際宇宙ステーション(iss)用の新型物資補給機「htv―x」の開発な... ...「htv―x」の開発などを加速させる。 h3は20年度打ち上げ予定の初号機、21年度打ち上げの2号機の開発費や打ち上... ...空宇宙関連のエレクトロニクス)などh3の部品との共通化を目指す小型固体燃料ロケット「イプシロン」の開発...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい化粧品の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい化粧品の本 第2版

実務に役立つ 
プリント配線板の回路形成技術

実務に役立つ プリント配線板の回路形成技術

はじめての治具設計

はじめての治具設計

空飛ぶクルマのしくみ
技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

空飛ぶクルマのしくみ 技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゴム材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゴム材料の本

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる