46件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

経済産業省と日本自動車工業会、日本自動車研究所(JARI)は2020年度から、一般道を走る自動運転車の安全性評価手法の開発に乗り出す。... 開発プロジェクトの主体は自工会とJARIで、経産省は評価手...

日本電計は7日、日本自動車研究所(JARI)と連携し、茨城県城里町のJARI城里テストセンターで「ADAS技術テクノフェア」を開いた。

日本電計は7、8の両日に茨城県城里町の日本自動車研究所(JARI)城里テストセンターで「ADAS技術テクノフェア」を開く。

日本自動車研究所(JARI)は13日、運転者がいない状態で車が周辺の状況を検知して自走し駐車する「自動バレーパーキング」の実証実験をデックス東京ビーチ(東京都港区)内の駐車場で始めた(写真)。... ...

電気安全環境研究所(JET)と日本自動車研究所(JARI)は、12月18日14時から国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)で、「生活支援ロボット安全試験・認証解説セミナー」を開く。

日本自動車研究所(JARI)の主催。

日本自動車研究所(JARI)は、9月30日―10月3日11時半から神戸コンベンションセンター(神戸市中央区)で「第31回国際電気自動車シンポジウム・展示会(EVS31)」を開く。

高速鉄道など超高速移動環境での5Gサービスを想定し、NEC、NTTと共同で日本自動車研究所(JARI)のテストコース(茨城県城里町)で実験を行った。

明電舎は19日、日本自動車研究所(JARI)に燃費や排ガスを測定するシャシーダイナモメーターシステムの新型(写真)を納入したと発表した。

「健全な技術開発を支援していく」と強調するのは、日本自動車研究所(JARI)代表理事の永井正夫さん。... 事前テスト場となるのは昨年整備したJARIの自動運転評価拠点「Jtown(ジェイタウン)」。

日本自動車研究所(JARI)は25日、自動運転車が公道で実証実験する前に、車両の安全性などを評価する事前テストサービスを2月に始めると発表した。... 17年3月に茨城県つくば市に整備したJARIの自...

日本自動車研究所(JARI)や自動車技術会と連携し、開発を進める。... 評価手法は17年の年初からJARI、技術会と連携して開発を始めた。JARIが粉じん排出の実態を把握する目的で開発しているダイナ...

北海道自動車産業集積促進協議会、来月7日に総会 (2017/5/25 モノづくり基盤・成長企業)

「自動運転の技術開発動向とJARIの取り組み」と題して日本自動車研究所(JARI)ITS研究部部長の谷川浩氏が講演する。

日本自動車研究所(JARI)は28日、茨城県つくば市に建設した自動運転車の評価拠点「Jtown(ジェイタウン)」を報道陣に公開した。... JARIは拠点の使い道について、大学や企業への貸し出しや産学...

こうした動きに対抗するため、日本自動車研究所(JARI)が、データを整備して完成車やサプライヤー各社で共有する仕組みを構築する。JARIの谷川浩ITS研究部長は「完成車メーカーにとっては1社独占ではな...

日本自動車研究所(JARI)は自動運転の画像認識用の走行映像データベース(DB)を開発した。... JARIが共通DBを提供することで、自動車各社の画像認識人工知能(AI)を比較でき、各社の違いがわか...

首都高速道路や東名などの約300キロメートルの区間の自動車専用道路、東京臨海地域周辺の一般道、日本自動車研究所(JARI)の市街地テストコースなどを利用する。

主要7カ国(G7)科学技術相会合期間中の16日、各国の科技相が茨城県つくば市内の産業技術総合研究所(産総研)、物質・材料研究機構(物材機構)、日本自動車研究所(JARI)の3研究機関を視察した。...

日本自動車研究所(JARI)による製品性能や安全性に関する認証を取得している。

日本自動車研究所(JARI、東京都港区、池史彦理事長=日本自動車工業会会長、03・5733・7921)は、車両の試験・評価に関わる人材の育成についてタイ工業省と覚書を結んだ。同省は国営の自動車テストコ...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる