54件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

同じコロナウイルスの重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)のワクチン開発も、ADEによって頓挫している。

消毒液、表記さまざま 滅菌、生存率100万分の1 新型コロナはインフルエンザウイルスや麻疹ウイルス、重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルス、中東呼吸器症候群(MERS)コロナ...

近年コロナウイルスはSARS、中東呼吸器症候群(MERS)、新型と約10年ごとに突如現れ、さまざまな動物で感染が報告されている。

新型コロナは重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)などと同様のウイルス。

ベタダインはポビドンヨードを含む製品シリーズで、中東呼吸器症候群(MERS)などを引き起こしたコロナウイルスなど、広範な細菌・ウイルス・真菌に効果を持つ。

感染症についてもインフルエンザや中東呼吸器症候群(MERS)、RSウイルス感染症などの知見を入れて対策を更新していく必要がある。

さらに、重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)のように、コウモリからハクビシンやラクダなどの中間宿主を経て、ヒトに感染するウイルスもある。

作製した抗体は、重症急性呼吸器症候群(SARS)コロナウイルスや中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルス、風邪の原因となるヒトコロナウイルスなどの近縁のウイルスには反応せず、新型コロナだけに反応する...

韓国は中東呼吸器症候群(MERS)の後、バイオベンチャーへの注力過程でPCRキットの短期量産が容易だったことが奏功したが、それだけではなく、ドライブスルー検査の実施といった現場のアイデアが果断に採用さ...

インフルエンザ、重症急性呼吸器症候群(SARS)、中東呼吸器症候群(MERS)といった菌全般で高い抗菌効果があることが公的機関の試験に認められている。

新型コロナは過去に流行した中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)に比べ致死率は低いものの、感染力は強いと専門家は見る。... 同じコロナウイルスに分類されるMERSに比べると3...

過去に流行した中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)に比べ致死率は低いものの、感染者は増え続けており、感染が報告されていない国でもウイルスが急速に広がる恐れがある。 &...

これまでにも09年の新型インフルエンザや15年に流行した中東呼吸器症候群(MERS)への対策として約300基を国内外の医療機関に納入してきた実績を持つ。

過去に流行したSARSの致死率は10%弱、MERSは34%程度だったが、この3・5%という数字は、依然この感染症の危険性を表すデータとして確定的なものではない。

「新型コロナウイルスは、同じコロナウイルスである重症急性呼吸器症候群(SARS)ウイルスや中東呼吸器症候群(MERS)ウイルスよりも死亡率は低く、インフルエンザウイルスよりもやや高いと想定されている。

18日12時時点の全世界の感染者数は7万2865人で、過去に発生したSARS(約8000人)、MERS(約2500人)と比べると、その感染力は著しく強い。

米国立アレルギー・感染症研究所の研究チームは18日までに、開発段階の抗ウイルス薬「レムデシビル」をサルに投与する実験で、中東呼吸器症候群(MERS)の予防・治療効果があったと米科学アカデミー紀要電子版...

新型コロナウイルスは高い確率でウイルス性肺炎を引き起こすものの、同じコロナウイルスである重症急性呼吸器症候群(SARS)ウイルスや中東呼吸器症候群(MERS)ウイルスほどの重症化リスクはないという見方...

このうち重症化傾向のある中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)などはアジア中心に流行し、数百人規模の死者を出しました。

危険度の高い2類感染症の重症急性呼吸器症候群(SARS)、中東呼吸器症候群(MERS)と同様に、患者の強制入院や就業制限、入国者への検査指示が行える。... (総合1参照) ...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる