182件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

ホシデン、英社と提携 空中触角製品を量産化 (2021/7/15 電機・電子部品・情報・通信2)

【東大阪】ホシデンは、次世代自動車用HMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)への応用が期待できる空中触覚技術について、英ウルトラリープと開発契約を結んだ。... ホシデンはタッチパネルを中心とし...

大阪大学の安田弘行教授、趙研准教授、中本将嗣助教と東京工業大学の竹山雅夫教授らは、MI(マテリアルズインテグレーション)システムと金属3Dプリンターの一種である電子ビーム粉末床溶融結合法の活用で、軽量...

このほどシリーズ第1弾として、マシニングセンター(MC)用のベーシックモデル「ロボコンボ MI(エムワン)」を発売した。

日立・三井化学、AI×MIで材料開発実験4分の1 (2021/6/29 電機・電子部品・情報・通信1)

日立製作所と三井化学は28日、人工知能(AI)を活用したマテリアルズ・インフォマティクス(MI)技術で新材料開発に必要な実験の試行回数が従来のMIと比べて約4分の1に低減できる効果を確認したと発表した...

DXの先導者たち(33)ダークトレース・ジャパン (2021/6/24 電機・電子部品・情報・通信2)

親会社の英ダークトレースは、英ケンブリッジ大学の数学者や英国機密情報部「MI6」出身者らが2013年に創業。

MIはデータ科学やAI技術を材料開発に導入する試みだ。... 長野審議官は「17年に化学会社で次々にMIの部門が立ち上がり、数百人単位での人材育成が始まった」と振り返る。

チームはMI(マテリアルズインテグレーション)を駆使し、計算機シミュレーションで溶融部形状や凝固挙動を解析した。

国内の材料開発の拠点である物質・材料研究機構は、MIのために必要な材料のデータ収集に奔走する。... MIに必要なデータを増やせるだけでなく、同じ失敗の繰り返しを防ぎ国内研究機関全体での研究資源の無駄...

米国はバイデン政権でMI研究が息を吹き返す可能性がある。世界のMI研究をけん引した「マテリアルズ・ゲノム・イニシアチブ(MGI)」は、オバマ政権の大型プロジェクトとして11年に始まった。... 自社の...

具体的には材料開発の優れた研究成果やMIの新規導入、先行事例の加速などに関わる研究テーマを募る。

三菱ガス化学は4月1日付でDX関連組織として「AI、MI推進チーム」と「知的基盤センター」を新設。

ミクロボ(相模原市中央区、黒沢鉄哉社長、042・851・4470)は、工具の自動焼きばめ装置「Mi21シリーズ」を今夏をめどに市場投入する。

東京大学生産技術研究所は29日13時から自動運転の車両運動制御寄付研究部門がシンポジウム「車両運動制御とHMIから見た自動運転の展望」をオンライン配信する。

日本IBM、新材料探索アプリ公開 開発期間短縮 (2021/3/5 電機・電子部品・情報・通信)

高度なITスキルがなくてもAIの基本を学びながら最先端のMIを体験できる。

初回はコンソーシアムの事務局・まとめ役も務める東京大学の数理・情報教育研究センター(MIセンター)だ。 ... 駒場キャンパス(東京都目黒区)における低学年での全学教育でまず、基礎統...

アルプスアルパインとHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)領域で、製品を共同開発するなど既存製品のバリエーションも増やす」 ―1月にニュービジネスマーケティング部を新設しまし...

MIは素材大手が取り組むものの、産業界への普及はまだ途上にある。... データコンサルティング事業によるMI支援は、トヨタの新事業開発プロジェクトの一つ。... MIでは、AIや統計処理などのデータ活...

アルプスアルパインはHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)などの製品技術とシステム構築技術に、日本精機はHUD(ヘッドアップディスプレー)やメーターなどの製品技術にそれぞれ強みを持つ。 ...

「タブラサ」によるMIは樹脂だけでなく、新たな食品添加物の開発などにも応用可能だという。

計算科学とデータ科学を融合して材料開発するMI(マテリアルズ・インテグレーション)の活用で造形過程での温度分布の変化などを予測し、ひび割れを抑制する。... MIは各材料の物性値を変更して造形体の温度...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる