357件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

米マサチューセッツ工科大学(MIT)とスペインの風力発電機大手シーメンス・ガメサ・リニューアブルエナジーなどのグループは、複数の大型風力発電機が設置されたウインドファーム&#...

2022年上期の新社長《非上場会社》 (2022/8/12 上期の新社長)

別会社で同一人物の就任含む 関連記事「上期の新社長564人、ポストコロナ視野」 非上...

米マサチューセッツ工科大学(MIT)や米ヒューストン大学などの研究チームは、半導体材料として立方晶ヒ化ホウ素(c―BAs)がシリコンを上回る特性を持つことを実験で確認し...

過去1年間に18億ドルという最大の資金調達を行ったのが、MIT発スタートアップの米コモンウェルス・フュージョン・システムズ(CFS、マサチューセッツ州)。

米マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボは、圧力の変化を機械学習で解析し、人の姿勢や動きをリアルタイムに認識するスマートテキスタイル(賢い布地)を開発した。

米マサチューセッツ工科大学(MIT)などは、センサーやプロセッサーの機能モジュールをレゴブロックのように組み替えられる人工知能(AI)チップを開発した。

SHO―BOND&MITインフラメンテナンス(SB&M)は海外を中心に高速道路や鉄道などのインフラ整備を行う。

米マサチューセッツ工科大学(MIT)などは、脳梗塞や動脈瘤(りゅう)での脳内血管手術を離れた場所から行えるロボットシステムを試作した。

記念講義開催のあいさつで、辻会長は「米国のMIT(マサチューセッツ工科大学)のように、京都工芸繊維大を京都の松ケ崎にある工科系大学『KMIT』と呼ばれるようにしたい」と語った。

米国のマサチューセッツ工科大学(MIT)やロードアイランド·スクール·オブ·デザイン(RISD)などのチームは、非常に小さな音を電気信号に...

三井物産はベンチャーのプリファードネットワークス(東京都千代田区)と共同で事業会社Mit―PFNエナジー(同)を設立し、海底の地下構造を解析するAIを開発している。.....

アイスホッケーの楽しさを初めて知ったのは、米マサチューセッツ工科大学(MIT)に01年から3年間、航空宇宙工学科の研究員として留学していた時のこと。... 翌02年にはMITの日本人会...

『日産自動車のパンデミック対策』は、米マサチューセッツ工科大学(MIT)や他のビジネススクールの授業でも教えられる予定だという。

米マサチューセッツ工科大学(MIT)は2次元ナノ材料である六方晶窒化ホウ素(hBN)を使い、超電導量子ビットを現状の100分の1以下の大きさにまで小型化する技術を開発し...

【教員審査委員賞】【MIT賞】▽TlBr半導体γ線センサーの製造・販売(北海道大学大学院・山石直也さん) 【JVCA賞】▽アート作品ライブコマースサービス『ArtiS...

特に印象的だったのは、米マサチューセッツ工科大学(MIT)で当時20代の女性プログラマーの存在。

富士通と米CBMM、未知データ認識でAI新技術 交通監視・画像診断向け (2021/12/22 電機・電子部品・情報・通信2)

富士通と米マサチューセッツ工科大学(MIT)の機関横断センターは、人の認知特性と脳の構造に着想を得て、学習時と傾向の大きく異なる未知(OOD)のデー...

米国のマサチューセッツ工科大学(MIT)やMIT―IBMワトソンAI研究所などは画像の質感に加え、重力や摩擦、衝突といった物理法則、さらに音や反響も含め実物に近い環境をリアルタイムに再...

真鍋さんに続き、化学賞のプリンストン大のデービッド・マクミラン教授、経済学賞の米マサチューセッツ工科大(MIT)のヨシュア・アングリスト教授の2人にメダルなどが授与された。

米マサチューセッツ工科大学(MIT)発の核融合ベンチャー、コモンウェルス・フュージョン・システムズ(CFS、マサチューセッツ州)は、シリー...

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2020/2021/2022対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2020/2021/2022対応-

めっちゃ使える! 
設計目線で見る「機械材料の基礎知識」
必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

めっちゃ使える! 設計目線で見る「機械材料の基礎知識」 必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン