19件中、1ページ目 1〜19件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

小売り最大手の米ウォルマートはメタバース(仮想空間)で顧客に仮想商品を販売するビジネスに備え、独自の仮想通貨と複数種の非代替性トークン(NFT)の発行を準備している。

二つ目はブロックチェーン技術を利用して、所有権を公的に証明する「NFT(非代替性トークン)」を用いたデジタルアイテムの売買。

メルカリ、NFT事業参入 パ・リーグ名場面販売、公式映像シェア (2022/1/1 電機・電子部品・情報・通信1)

メルカリはプロ野球パ・リーグの試合映像配信を手がけるパシフィックリーグマーケティング(東京都中央区)と連携し、非代替性トークン(NFT)事業に参入した。... 伏見慎剛...

3位=NFTトレカ&アート。

暗号資産サービスの提供で顧客をつなぎ留めたい金融機関や、非代替性トークン(NFT)について知識を深めたい小売業者、またデジタル通貨の発行を検討している中央銀行などを顧客として想定してい...

特にデジタルでありながら改ざんできず、唯一性を保持できる非代替性トークン(NFT)アートが3月のオークションで高値を付けて話題となり、急速に注目度を上げた。... ここに加わったNFT...

「デジタル資産である非代替性トークン(NFT)や分散型金融、さらに中央集権的な管理主体なしに事業を進める自律分散型組織(DAO)がブロックチェーン技術のユースケースとし...

従来の証券業務で培ったノウハウやネットワークを活用して産学官と連携しながら、非代替性トークン(NFT)などのデジタル資産市場の発展に寄与したい考え。

楽天、来春NFT参入 (2021/8/31 電機・電子部品・情報・通信)

楽天グループは30日、ブロックチェーン(分散型台帳)技術を用いた「非代替性トークン(NFT)」の国内市場に2022年春に参入すると発表した。サービス名は「楽天NFT」。...

シヤチハタ、分散型台帳で電子印鑑 改ざん耐性向上目指す (2021/8/23 電機・電子部品・情報・通信)

電子文書にNFT化した印を押すと、押した人や日時が分散型台帳に記録される。... シヤチハタは「NFT印鑑」としてサービス化を目指す。... NFT印鑑が実現すると、印鑑のみで証明が可能になる。...

ノンファンジブル・トークン(NFT)も注目すべき技術だろう。... だが、NFT技術を活用すれば、アイテムに固有のトークンを発行し、それぞれを別のアイテムとして個別に識別することが可能...

スタートバーンが手がけるアート作品のデジタル証明書サービスの強化や、米国を中心に急速に人気が高まっているデジタル資産の一種「ノンファンジブル(非代替性)トークン」(NFT...

アステリア、仮想通貨企業と提携 (2021/4/15 電機・電子部品・情報・通信2)

アステリアは、日本円を対象としたステーブルコイン(価格が安定した仮想通貨)「JPYC」の発行や、デジタル資産の原本証明ができるNFT(代替不可能な価値を示すトークン)技...

ツイッター創業者の初ツイート、競売で3億円超 (2021/3/24 電機・電子部品・情報・通信1)

暗号資産(仮想通貨)を支える基盤技術ブロックチェーンで所有権を証明する「非代替性トークン(NFT)」として管理され、改ざんは不可能とされる。

投稿は写真や動画、その他のオンライン媒体の保有者をデジタル署名で証明するデジタル資産「ノンファンジブル・トークン(NFT)」として売られた。

対象者は同財団の新分野・新技術支援研究会(NFT)に参加する中小企業で、人数は約10人。

川崎市産業振興財団、ISO監査員講座開催 (2018/4/30 中小企業・地域経済)

同財団の「新分野・新技術支援研究会(NFT)」会員は5000円引き。

NFT、フォトマスク検査機を量産 薄膜形成装置で欧米進出も (2017/11/3 電機・電子部品・情報・通信)

ニューフレアテクノロジー(NFT)は、新規事業の立ち上げを加速する。... NFTが開発した次世代機「NPI―8000」は、回路線幅10ナノメートル(ナノは10億分の1)...

川崎市産業振興財団は11日14時から川崎市幸区の川崎市産業振興会館で新分野・新技術支援研究会(NFT)合同研究会を開く。

おすすめコンテンツ

カラー版 はじめての溶接作業

カラー版 はじめての溶接作業

2022年度版 
技術士第二次試験「建設部門」 <必須科目>論文対策キーワード

2022年度版 技術士第二次試験「建設部門」 <必須科目>論文対策キーワード

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい二次電池の本
新版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい二次電池の本 新版

よくわかる粉体・粒体ができるまで
機能を持った粒をつくる造粒技術

よくわかる粉体・粒体ができるまで 機能を持った粒をつくる造粒技術

技術士第二次試験 
「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策
第2版

技術士第二次試験 「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策 第2版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード
第6版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード 第6版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる