231件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

いずれ規制強化により米国や日本でも需要が出る」 ―窒素酸化物(NOx)センサーの需要見通しは。 「規制強化によりNOxセンサーは1台当たりの2本使い、3本使いが動き...

環境規制強化で硫黄酸化物(NOx)排出量を減らそうとすると一般的に燃費は悪くなる。

窒素酸化物(NOx)センサーも同18%増だ。

従来機に対し16%の燃費改善と75%の騒音低減、二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOx)の排出量削減を実現している。

東邦ガス、水素燃焼試験に2設備 直接・間接加熱式増設 (2020/1/7 建設・生活・環境・エネルギー1)

センサーなどで火炎の各部分での温度、ガス圧力、窒素酸化物(NOx)などの排ガス組成などを検出する。

アンモニア回収装置単体での運用と比べて消費電力と二酸化炭素(CO2)排出量が約83%減少し、窒素酸化物(NOx)の排出ゼロを実現できる見通し。消費電力ゼロでCO2とNOxの排出量ゼロのアンモニア処理プ...

サノヤス、バラ積み貨物船完工 (2019/11/14 機械・ロボット・航空機2)

環境対策で窒素酸化物(NOx)排出2次規制対応の省燃費性能に優れた電子制御式の低回転超ロングストーク型主機関などを搭載した。

荏原、高効率の排ガス処理装置 (2019/11/14 機械・ロボット・航空機2)

荏原は半導体製造工程向けに、低窒素酸化物(NOx)・低一酸化炭素(CO)の新型排ガス処理装置「TND―Single型(燃焼式+水処理式)=イメージ」「TND―Single Plus型(水処理式+燃焼式...

鋳造と圧延が分離した従来プロセスと比べ、エネルギー消費と関連コストを最大45%低減、二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOx)の排出量も大幅削減できるとしている。

従来船と同じ船体要目を維持しつつ、窒素酸化物(NOx)排出規制や硫黄酸化物(SOx)排出規制の最新規則を織り込み、載貨重量増加と燃費低減を両立した。

「中国電力の15万キロワットでのアンモニア混焼発電では燃焼に変化がみられず、排ガス中の窒素酸化物(NOx)は増えなかった。

機関単独で国際海事機関(IMO)の窒素酸化物(NOx)3次規制をクリアするなど環境性能に優れ、大型ガスエンジンでのシェアは最近では9割に達しているという。

IHI原動機は予混合・希薄燃焼技術を採用、窒素酸化物(NOx)低減装置不要で規制をクリアするデュアルフューエル「X―DF」エンジンが強み。

2020年にも月産数十キロ―数百キログラムの量産体制を確立し、自動車の排ガスに含まれる窒素酸化物(NOx)を浄化する触媒向けに25年の社会実装を目指す。 ... 製造した合金のNOx...

JFEエンジ、ベルギーのバイオマスプラント受注 (2019/9/26 機械・ロボット・航空機2)

他の炉形式に比べ低温・低酸素で燃焼させるため窒素酸化物(NOx)排出量が少ないという。

大気汚染の原因とされる硫黄酸化物(SOx)の排出量は神鋼単体で85万9000立方メートル、窒素酸化物(NOx)の排出量は同じく407万9000立方メートル(ともにノルマル換算)と、前年度比でそれぞれ4...

三井E&Sマシナリー(東京都中央区、高橋岳之社長、03・3544・3950)は12日、玉野機械工場(岡山県玉野市)で窒素酸化物(NOx)3次規制に対応した船舶用大型ディーゼルエンジン(写真)の生産を大...

三井E&S、ガスコージェネの新機種 積水化学に納入 (2019/8/29 機械・ロボット・航空機2)

希薄予混合燃焼システム(SoLoNOx)により、ガスタービン単体で20ppm(ppmは100万分の1)以下と低レベルの窒素酸化物(NOx)排出値を実現している。

放射線や窒素酸化物(NOx)などニーズに応じて観測対象を広げる。

発生するシアン化水素(HCN)やアンモニア(NH3)などの有毒ガスを含む排ガスに対し、酸素富化燃焼を利用した二段燃焼を用いることで、窒素酸化物(NOx)の生成を抑制しながら省エネルギーを達成できる。&...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる