62件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

マグネタクトアニマルは、NTTコミュニケーション科学基礎研究所の安謙太郎氏が研究するマグネタクトを、クリエイターの石川将也氏が動きの領域に発展させた。

NTTコミュニケーション科学基礎研究所の三鼓悠研究員らは2日、コンピューターグラフィックス(CG)や写真など画像データの取得条件が分からないデータを人工知能(AI)に学習させる技術を開発したと発表した...

NTTコミュニケーション科学基礎研究所の近原鷹一研究員と京都大学の鹿島久嗣教授らは1日、人種や性別など間接差別になる特徴を含んでも公平な予測が可能になる機械学習技術を開発したと発表した。

NTTコミュニケーション科学基礎研究所は31日、サーマルカメラで人が触った場所を特定し見えるようにするシステムを開発したと発表した。

新役員/NTT 執行役員経営企画部門長・谷山賢氏 (2021/1/12 電機・電子部品・情報・通信1)

【略歴】たにやま・たかし=90年(平2)筑波大第一学群社会学類卒、同年NTT入社。09年NTTコミュニケーションズヒューマンリソース部担当部長。15年NTT経営企画部門担当部長。

新役員/NTTコミュニケーションズ 取締役・大土拓氏ほか (2020/8/14 電機・電子部品・情報・通信)

05年NTTコミュニケーションズシステムエンジニアリング部担当部長。... 16年NTT新ビジネス推進室担当部長。... 16年NTT総務部門秘書室長。

NTTコム、法人定例イベント続行 オンラインで1万人参加へ (2020/7/20 電機・電子部品・情報・通信)

NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は、毎年10月に開催してきた法人顧客向けのイベント「NTTコミュニケーションズフォーラム」を、今年はオンラインで開く方針を示した。... NTTコムの丸岡亨社長...

◇ロボット革命・産業IoTイニシアティブ協議会(RRI) IoTによる製造ビジネス変革ワーキンググループ グローバルデータ流通管理基盤サブワーキンググループ主査 境野哲(NTTコミュニケーションズエバ...

NTTコミュニケーション科学基礎研究所の自然言語処理などの研究成果を活用し、図書館システムに強いNTTデータ九州(福岡市博多区)が開発した。

座ったままで歩行感再現 NTT、VR空間で臨場感体験技術 (2019/5/31 電機・電子部品・情報・通信1)

NTTは30日、椅子に座ったままの状態でも、歩いているような感覚を疑似的に生み出す技術を一般公開した(写真)。... NTTコミュニケーション科学基礎研究所が同日、最新の研究開発成果を発表するイベント...

NTTコミュニケーション科学基礎研究所の安謙太郎研究主任は、磁石シートでカチカチとした触感のある目盛りやスイッチを作る手法を開発した。

NTT東、電話・ナビの新技術開発は共感重視 (2018/10/16 電機・電子部品・情報・通信1)

NTT東日本が11月18日までNTTインターコミュニケーション・センター(ICC、東京都新宿区)で、新たなコミュニケーションを体感できる特別展を開いている。... NTTコミュニケーション科学基礎研究...

NTT西日本は、京阪電気鉄道が運営する遊園地「ひらかたパーク」(大阪府枚方市)の体験型ホラーイベントに技術協力した。... NTTコミュニケーション科学基礎研究所が開発した振動デバイス「ぶるなび」を採...

NTT、雑音下でも特定人物の声のみ抽出 AI技術の研究成果 (2018/6/1 電機・電子部品・情報・通信1)

NTTは31日、NTT京阪奈ビル(京都府精華町)で最新の研究開発成果を一般公開する「オープンハウス2018」を開いた。騒がしい環境下でも声の特徴に基づいて特定の声のみを抽出する技術、マイクで収音した音...

NTTは人工知能(AI)技術を用いてスタジアム周辺の人の流れをリアルタイムに予測して誘導し、混雑を緩和する技術モデルを確立した。... 全体を見て誘導するのがポイントで、NTTコミュニケーション科学基...

産総研人工知能研究センターの辻井潤一センター長が「人工知能がもたらす新たな世界の構築」と題して基調講演するほか、セコムIS研究所の小松崎常夫所長とNTTコミュニケーション科学基礎研究所上田特別研究室の...

NTT、京都でオープンハウス−4領域29件の最新技術紹介 (2016/6/3 電機・電子部品・情報・通信1)

NTTは2日、NTT京阪奈ビル(京都府精華町)で、最新技術を紹介する「NTTコミュニケーション科学基礎研究所『オープンハウス2016』」を開いた。「データと学習」「言語と計算」「メディア」「コミュニケ...

NTT、騒音下で音声を高精度に認識 (2015/12/15 科学技術・大学)

NTTは14日、バス車内やカフェ、商店街など公共エリアの騒がしい環境下でも、音声を精度良く認識できるシステムを開発したと発表した。... NTTコミュニケーション科学基礎研究所が開発した同システムは、...

NTTコミュニケーション科学基礎研究所の西田眞也上席特別研究員らは、錯覚を起こすプロジェクション技術「変幻灯」を開発してバッハの肖像画を笑わせた。... ★「変幻灯」 &#...

NTTコミュニケーション科学基礎研究所はこのほど、NTT京阪奈ビル(京都府精華町)で研究テーマを公開(写真)した。... コミュニケーションのテーマで衆目を驚かせたのは、イントネーションを分析・解析し...

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる