171件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

ニューヨーク市場の原油相場が約11カ月ぶりの高値をつけた。... ドル高はドル建て資産の割高感を醸成し、原油相場の重荷となり得る。 ... 新型コロナが需要回復の足かせとなり、原油相...

ニューヨーク市場の原油相場が約2カ月ぶりの高値圏まで上昇している。... 野村証券の大越龍文シニアエコノミストは「(治験結果などに)不透明さもあるため、ワクチン期待は目先で原油相場を下支えするにとどま...

ニューヨーク市場の原油相場は軟調に推移。... 国営石油会社は、主要港における原油輸出の不可抗力条項を解除すると発表し、4週間以内に産油量は日量100万バレルに達するとの見通しを示した。 &#...

ニューヨーク市場の原油先物相場が、約1カ月ぶりの安値圏で推移している。... リビアは内戦による政情不安で生産が停滞していたが、暫定政権と軍事組織が8月に停戦合意に至ったことを受け、原油輸出の解禁が表...

ニューヨーク市場の原油先物価格が、約3カ月ぶりの安値圏まで下落している。... サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコが、米国向けの原油販売価格の調整金を半年ぶりに引き下げたことも重なり、需要懸念...

ニューヨーク市場の原油先物の上値が重い。... 世界の石油消費の約2割を占める米国経済は、米サプライ管理協会(ISM)の8月の製造業景況感指数が約2年ぶりの高水準となるなど回復基調にあるが、原油在庫は...

ニューヨーク市場の原油先物が、1バレル=40ドル近辺と年初比約3割安の水準で膠着(こうちゃく)している。... 4月に米国の原油貯蔵スペースの不足でWTIがマイナス価格に陥った混乱は解消されているが、...

NY原油、再軟化 在庫最高更新が圧迫 (2020/6/26 金融・商品市況)

米国南部での新型コロナウイルス感染の拡大に加え、6月に入って米国の原油在庫が史上最高の更新を続けていることが圧迫材料となっている。 米エネルギー情報局(EIA)が24日発表した19日...

ニューヨーク市場の原油先物は日本時間8日午前の時間外取引で一時、約3カ月ぶりに1バレル=40ドル台に回復した。... ただ原油価格の回復は、協調減産に不参加の米シェールオイル企業の生産増加などにつなが...

ニューヨーク市場の原油先物が10ドル近辺の安値圏で膠着(こうちゃく)している。... 足元では、原油先物の上場投資信託(ETF)大手が、取引の中心となる6月物を売却して7月物以降に分散投資する方針を公...

新型コロナ/NY原油、初のマイナス 価格下押し圧力続く (2020/4/22 建設・生活・環境・エネルギー1)

世界各国が新型コロナウイルス感染対策で移動制限などを講じて原油需要が激減する中、タンクやパイプライン、タンカーなどの保管スペースが尽き、米国では早くて3―4週間で貯蔵がいっぱいになる見込みだ。... ...

需要の激減で原油在庫が増大し、貯蔵スペースが逼迫(ひっぱく)しているため、21日が取引終了日となる5月物で代金を支払ってでも原油を手放す動きが加速した。... 取引が終わる21日時点で買い越したままだ...

ニューヨーク市場の原油先物が再び1バレル=20ドルを割り込んだ。... 新型コロナウイルスの感染拡大を背景とする需要減少が原油市況に重くのしかかっている。 ... 米エネルギー省が1...

ニューヨーク市場の原油先物の上値が重い。... 足元の原油価格は各産油国にとって持続可能な水準ではなく、次の一手が求められる状況が継続している。 ... だが需給引き締めへの期待は小...

ニューヨーク市場の原油先物は上値の重い展開。... 3月6日のOPECプラス会合でサウジ側が3月末期限の協調減産の延長を提案したが、ロシアが拒否したことで原油価格が暴落。... サウジの経常収支均衡に...

ニューヨーク市場の原油相場が約18年ぶりの安値圏まで下落している。... ロイター通信によれば、サウジのエネルギー省は18日、4月から現行比27%増とする原油供給を数カ月続けるよう国営石油会社に指示し...

ニューヨーク市場の原油相場は下振れへの警戒感が強まっている。... 欧米では原油需要を下押しする材料が続出している。... 一方、米政府は、原油相場低迷で採算割れが見込まれる産油企業を支援するため、石...

ニューヨーク市場の原油先物は約4年ぶりの安値圏まで急落。... ただ原油価格の下落は、産油国財政の圧迫リスクを伴う。ロイター通信はロシアのプーチン大統領の発言として、同国財政の北海...

ニューヨーク市場の原油相場は急反発。... 楽天証券の吉田哲コモディティアナリストは「協調減産の拡大期待が(原油価格に)プラス要素になっている」と指摘する。

ニューヨーク原油先物の底割れが再び迫っている。欧米などでの新型肺炎の感染拡大や株価急落を背景に原油が売り込まれ、直近1年の下値であるバレル当たり50ドル近辺まで約2週間ぶりに下落し...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる