54件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01631秒)

アステラス、抗体薬物パドセブ複合体が米国で承認取得 (2019/12/20 素材・医療・ヘルスケア)

...クスと共同開発するadc。適応は「抗pd―1抗体薬または抗pd―l1抗体薬による治療歴があり、かつ術前または術後...

理研の最前線(45)生命科学支える研究基盤 (2019/7/15 科学技術・大学)

...連細胞や変異マウス、本庶佑博士のpd―1関連遺伝子や変異マウス等、我が国が誇るべき研究成果に基づいたバ...

...pd―l1を認識する免疫細胞上の分子「pd―1」を阻害するニボルマブによる治療が期待される。 治験では4週ごと...

オプジーボ対価「対立」深まる (2019/6/13 総合3)

...ジーボ」開発の根幹となった分子「pd―1」関連の特許対価について、共同開発者の本庶氏が強く配分の見直し... ...」憂慮】 本庶氏と小野薬品は06年にpd―1特許関連の契約を結んだ。「オプジーボ」発売前の11年から契約の再...

...会で講演し、免疫のブレーキ分子「pd―1」関連特許の権利配分問題について、対立する小野薬品工業への批判...

...に関わる免疫の働きを抑える分子「pd―1」の特許に関するコメントを発表した。ノーベル賞受賞者の本庶佑京...

...免疫のブレーキとなるたんぱく質「pd―1」関連の特許について06年に契約を交わした。ただ本庶氏側は契約時...

...るウイルス「テロメライシン」と抗pd―1抗体ペムブロリズマブの併用臨床試験の中間成績を米国がん学会議で...

...表面の免疫チェックポイント分子「pd―1」が、t細胞の機能を低下させる分子的な仕組みを解明した。pd―1遺伝... ...させる分子的な仕組みを解明した。pd―1遺伝子の発現を増大させる因子を破壊すると、t細胞の機能を維持でき... ...ながん免疫療法の開発につながる。 pd―1のような免疫チェックポイント分子を多く発現したt細胞は疲弊し、標...

...」など免疫のブレーキとなる分子「pd―1」の働きを抑える免疫体による、がん免疫療法の効果と筋肉量の相関... ...可能性が示された。 研究グループはpd―1に反応するオプジーボや「キイトルーダ」による治療を行った肺がん... ...抗腫瘍効果のある物質を分泌する。pd―1を抑えるがん免疫療法の治療効果向上を、筋肉量維持で実現できる可...

...られ、免疫のブレーキとなる分子「pd―1」が増えることがわかった。satb1を抑えることで、自己免疫疾患の新... ...化を促すたんぱく質の産生を抑え、pd―1を増やして自己免疫疾患を軽減できるとわかった。また、th17を取り巻...

...に免疫チェックポイント阻害剤「抗pd―1抗体」と菌株を経口投与すると、抗pd―1抗体のみを注射したマウスに... ...1抗体」と菌株を経口投与すると、抗pd―1抗体のみを注射したマウスに比べがん細胞の増殖が強く抑制された。... ...。これにより、11菌株の経口投与が抗pd―1療法の効果を高める可能性が認められた。 ...

...疫反応を抑えるブレーキ役の分子「pd―1」を発見。この分子の働きを阻害することによって免疫反応を引き出...

...抑制するブレーキ役のたんぱく質「pd―1」を発見。この性質を利用した画期的ながん免疫療法を開発した。 米...

...疫にブレーキの作用を及ぼす分子「pd―1」は、がん免疫療法の考え方を大きく変えた。この分子の働きを阻害... ...どの研究が世界中で行われている。 pd―1はがん以外のさまざまな疾患の治療にもつながる。pd―1の働きを活性... ...まざまな疾患の治療にもつながる。pd―1の働きを活性化し免疫を弱めると、免疫による過剰な攻撃が起こる自...

...氏は免疫のブレーキ役になる分子「pd―1」と「ctla―4」をそれぞれ発見した。これらの分子の働きを防ぎ、免...

...なった免疫の働きを阻害する分子「pd―1」を発見した本庶佑京都大学特別教授のノーベル賞受賞決定が与える...

...と訴えた。 本庶氏が免疫抑制分子「pd―1」を1992年に発見し、本庶氏と共同研究を進めた関西の製薬会社、小野...

...のテーマにもなった免疫抑制分子「pd―1」の抗体に関する基礎研究を進める。関節炎や大腸炎といった症状の...

...、がんへの免疫反応を弱める分子「pd―1」の働きを抑える抗体の効果が持続する仕組みの一端を解明した。抗... ...測や副作用の制御などにつながる。 pd―1は2018年ノーベル生理学医学賞受賞が決定した本庶佑京都大学特別教授... ...。研究グループは少量の血液から、pd―1を抑制する抗体が免疫細胞と完全な結合を保ち、投与を中止しても効...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい化粧品の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい化粧品の本 第2版

実務に役立つ 
プリント配線板の回路形成技術

実務に役立つ プリント配線板の回路形成技術

はじめての治具設計

はじめての治具設計

空飛ぶクルマのしくみ
技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

空飛ぶクルマのしくみ 技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゴム材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゴム材料の本

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる