227件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

日中韓など15カ国政府は14日、「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)」の署名・発効に向けて中間閣僚会合をオンラインで開催した。... 所管する経済産業省幹部は「RCEPがインドに開かれていることを...

「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)への取り組みに期待している。... 中国含む東アジアで枠組みをつくるRCEPは容易に結論が出るものではないが、議論のモメンタムを維持してほしい。

特に農業を中心に賛否が分かれた環太平洋連携協定(TPP)への参加を表明した2013年は、日中韓自由貿易協定(FTA)や東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉の動きもそろい踏みし、『メガFTA元年』...

日中韓や東南アジア諸国連合(ASEAN)などが交渉に参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の第8回閣僚会合が27日、テレビ会議形式で開かれた。... 共同声明では「RCEPがインドに対して引き...

16カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)はインドが大幅な関税撤廃に反発し、交渉が停滞。... RCEPを主導する日本としては交渉の場に戻るようインドを説得する必要がある。... RCE...

このほか税関や民間の貿易手続きの電子化や、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の年内妥結などを進める。

インドを除く15カ国は、インドがRCEP交渉の重要な参加国であるとし「RCEPがインドに対して引き続き開かれている」との共同声明を公表した。 ... RCEPは約20の交渉分野のうち...

米国は中国の『一帯一路構想』を意識し『自由で開かれたインド太平洋』を猛烈にアピールした」 ―インドは、日本が主導する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の交渉から離脱を表明し、対米...

今後も情報発信に力を入れていく」 ―RCEP交渉ではインドが反発しています。 ... インドのいないRCEPは、日本・東アジア全体にとって意味の小さいものになってし...

RCEPは年内の署名を目指し、日本政府はあくまでもインドを含めたい意向。... このためインドの参加を得てRCEPの「本年中の署名を目指す」(茂木敏充外相)としている。だが、日本の思惑とは裏腹に、イン...

東アジア地域包括的経済連携(RCEP)についても本年中の署名を目指す」と表明。

広域経済圏を創設する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)では、慎重な構えのインドを含めた早期署名へ努力する方針を確認した。

日中韓が東南アジア諸国やインド、豪州などと進めてきた東アジア地域包括的経済連携(RCEP)は昨年、協議の終了を確認し、今年は各国の署名に向けた精査に入る。

「東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉はインドが貿易赤字を気にしている。

今後、環太平洋連携協定(TPP)圏のさらなる拡大や東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉でのリーダーシップの発揮に意欲を示した。

3カ国はまず、RCEPについて、加盟16カ国による早期の署名を目指す。RCEPはインドが高水準の関税撤廃に難色を示しているが、今回RCEPの中の主要国である日中韓が推進で合意したことは、インドを説得す...

会談には安倍晋三首相と李克強首相、文在寅大統領が出席し、日中韓自由貿易協定(FTA)や東アジア地域包括的経済連携(RCEP)など自由貿易の推進で一致した。安倍首相は会談後の会見で、RCEPについて「1...

また東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉の2020年中の妥結でも協議する。... 首脳会談に先立って行われた日中韓貿易担当相会合では、RCEP交渉を前進させることで一致した。... 輸入制限措置...

国内ではデジタル化を中心とした成長戦略を軌道に乗せ、対外的には米中とバランスを保ち、「その他大勢」と共にWTOを支え、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)で足元を固める必要がある。

RCEPに慎重姿勢 10月に講演会講師として浜松市に赴いた。... 11月にバンコクで開催された東アジアサミットにおいて、インドが東アジア地域包括的経済連携(RCEP)から離脱する意...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる