54件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

府は事務作業の効率化を目的に、2018年の実証実験を経て、19年にRPAを試験導入。... そこで府は書類不備連絡にRPAを活用。... RPA活用のほかにも2次元コードを活用した新型コロナ感染者追跡...

従来の事務処理だけでなく、設計や研究開発の前後処理にも活用していく。20年度に全社で計80台のRPA運用開始を目指す。 同社は、16年にビッグデータや人工知能(AI)をプラントに活用...

まず既存の業務を断捨離・見直し・標準化した上で導入するのがRPAという位置付けだ。 ... そして最後にRPAを導入するのが基本の流れだ。 小野忠RPA推進課主幹は...

事例を共有することでノウハウが蓄積し、早期に復旧できるようになった。... RPAと他のツールを連携させた業務効率化にも取り組む。... 財産目録など多くの書類をOCRで読み取り、RPAに組み込む。

生まれた時間で新しいアイデアを練ったり、改善活動に使うなどイノベーティブな取り組みに活用することが大事だ」と説く。 ... このチェックとメール送信業務をRPA化。... 直近では商...

茨城県がRPA(ソフトウエアロボットによる業務自動化)の活用を推進している。... 新型コロナウイルスに関連する業務にも活用しており、県内事業者への迅速な経済支援にRPAが役立っている。 &#...

「最初はRPAと言わず、現場には『業務効率化を手伝いたい』と伝えた。... RPAの導入効果を高めるには現場の困りごとを知って一緒に取り組む必要があるがRPAを前面に出すと「面倒くさい」と敬遠されてし...

「会社全体の業務効率化や品質向上を目指す上で、RPAはカギとなる一つのテクノロジー」。... 情報システム本部内でRPAの活用やデータを収集してきた。... 20年度にはRPAの活用を海外拠点にも広げ...

情報イノベーション事業部による「RPAプロジェクト」を中心に導入を推進。先行事例として社内に広がり、全体で月1万5000時間以上の効率化を実現している。 ... RPAプロジェクトは...

3月時点で15部門に導入し、140件のRPAが稼働。... 当初はRPA導入で仕事がなくなることに対する現場の抵抗感もあった。... 現在は現場担当者がRPAの活用を考えるようになり、現場の提案が増え...

同社は「アフター・コロナ(コロナ禍の収束後)」を視野に、RPAの活用と合わせて業務改善の取り組みを進める。 ... 業務の再現性が高く、難易度が低い領域を「標準化エリア」とし、同エリ...

2019年8月にさらなる業務効率化を目指しRPA導入の準備を始めた。... 必要な資料のダウンロードなど査定結果報告書の作成業務をRPAが代行する。... 年内にも他の子会社や支店業務内容に応じたRP...

同法人はRPAを導入する前から、業務効率化のためにITを活用してきた。... 訪問者や電話内容の記録もITを活用して集約している。... 18年9月には業務効率化の一環としてRPAの開発を開始した。

小久保部長は「まだRPAにできることは限定的」と見て、RPA以外のソフトウエア技術も活用して仕事の自動化を進める。... 成功事例を社内サイトで発信し、情報を共有。... 導入プロジェクトの最終年度と...

19年4月に全社で横展開を図るための専門部署として「RPA推進室」を新設。... RPA化で約20分と98%もの時短に成功。... 今後は、さらに18のRPAを開発する計画だ。

サイオステクノロジー(東京都港区、喜多伸夫社長、03・6401・5111)は、開発したソフトウエアのテスト工程にRPAを活用している。... そこで、米マイクロソフトのRPAツール「パワーオートメイト...

帝人はグループでRPAの導入を進めている。... 業務変革推進室の井上匡人副室長が心がけているのが、社内でRPAの効果を分かりやすく伝え、“RPAシンパ”を形成することだ。... マテリアル部門では、...

名古屋大附属病院がRPAに取り組み始めたのは18年。... 総務、人事労務などの職員から選び、通常業務の傍ら、RPA研修に参加しつつ開発を進めた。 ... RPAツールにはRPAテク...

これを機に赤穂工場で行う他の事務作業にもRPAの活用を模索する。 ... RPA導入を検討し始めたのは18年秋。... 今後の赤穂工場内の動きとして、購買や総務などへの活用で事務作業...

ミツイワ(東京都渋谷区、羅本礼二社長、03・3407・2181)は、2018年度から3カ年計画を策定し、RPAを活用した社内の生産性向上と、培ったノウハウの社外提供を進めている。... 同社は羅本社長...

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる