128件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

2022年に予定される第8回アフリカ開発会議(TICAD8)に向けた連携確認やビジネス関係強化、アフリカ東部・西部の平和と安定などを協議する。

「22年に第8回アフリカ開発会議(TICAD8)がチュニジアで開かれるため、中小企業のアフリカ展開を後押しする。

2022年の第8回アフリカ開発会議(TICAD8)に向け協力を深める。

外相、きょうからアフリカ訪問 (2020/12/8 総合4)

チュニジアが議長国となる2022年の第8回アフリカ開発会議(TICAD8)を見据える。

昨年の横浜でのTICAD7においても、リアルで4人のアドバイザーが現地企業を10社日本に連れてきてくれ、日本企業と合計99件の商談会を行ったが、今回はその経験を基に、更に多くの企業とのマッチングを企図...

菅義偉官房長官(写真)は16日午前の会見で、2022年の第8回アフリカ開発会議(TICAD8)を、北アフリカのチュニジアで開催することが決まったと発表した。... TICAD8でもこの問題が、主要議題...

19年に横浜で開催された第7回アフリカ開発会議(TICAD7)では、3年間で200億ドル(2兆円)以上の民間投資の拡大に向け、アフリカのビジネス環境改善に貢献し、日本企業の進出とイノベーションの促進に...

ジェトロは19年8月開催の第7回アフリカ開発会議(TICAD7)を受け、アフリカビジネスの機運が高まったと見ている。

昨夏に横浜で開催された第7回アフリカ開発会議(TICAD7)でケニア政府と結んだMOU(覚書)に基づき、ハイラックスのノックダウン生産を始めた。

併せて中古車市場のニーズも多く、メンテナンス網の整備も図っていく」 ―昨年8月に横浜で開催された第7回アフリカ開発会議(TICAD7)で存在感を発揮していました。 ...

アフリカの開発では8月に日本主導で開いた第7回アフリカ開発会議(TICAD7)の議論にも触れた上で、アフリカの経済発展や平和と安定に向けた方策について意見を交わす。

トッパン・フォームズ、「TICAD債」に投資 (2019/10/1 電機・電子部品・情報・通信2)

トッパン・フォームズは、国際協力機構(JICA)が発行する機関投資家向け債券「TICAD債」に投資する。... 同債券は、8月末に横浜市で開催された第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に合わせて発行...

「ナイジェリア国営石油会社と液化天然ガス(LNG)の長期取引・販売でMOU(覚書)を結び、8月末のアフリカ開発会議(TICAD)で発表した。

ヤマハ発と同社は8月に開かれた「第7回アフリカ開発会議(TICAD7)」で無人航空機を使ったサービス事業の立ち上げに関する協定を締結した。

日本政府、アフリカ新興企業と日本企業のマッチング促進 第7回アフリカ開発会議(TICAD7)では、日本企業とアフリカ発スタートアップとのオープンイノベーションの可...

三菱UFJ銀行は5日、国際協力機構(JICA)が発行する機関投資家向け債券「TICAD債」に投資すると発表した。... 同債券は8月末に開催した第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に合わせて発行され...

技術力・課題解決力アピール 8月30日まで横浜市で開かれた「第7回アフリカ開発会議(TICAD7)」の併設展示会には日本企業150社以上が出展し、アフリカの政府要人や企業関係者に技術...

「ダブルE・ダブルI」強調 「ビジネスTICAD」(外務省幹部)と表現されたように、横浜市で開かれた第7回アフリカ開発会議(TICAD7)では初めて、日本とアフリ...

8月30日まで横浜で開かれた第7回アフリカ開発会議(TICAD7)において、同社グループはアフリカ10カ国の政府・機関・企業と合計16件のMOU(覚書)を結ぶなど、事業拡大に布石を打つ。

8月30日まで横浜で開かれた第7回アフリカ開発会議(TICAD7)では、政府開発援助(ODA)からビジネス中心にアフリカとの経済関係を強化することを確認した。

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる