65件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

道路上の信号や標識、歩行者の持つスマートデバイス、周囲の自動車などとリアルタイムで通信する「V2X(Vehicle-to-Everything)」である。 &#...

自社のEV用充放電器「V2X」と組み合わせて提案し、初年度10セットの販売を目指す。 ... 再生エネ発電設備、蓄電システム、V2X、車載蓄電池の間を双方向、直流で接続でき...

古河電工、“街づくり”照準 ワイヤレス送電・電線地中化 (2022/6/1 電機・電子部品・情報・通信2)

また21年には総務省から5・9ギガヘルツ(ギガは10億)帯V2X(車車間・路車間通信)用の実験試験局免許を取得。光通信システムとV2Xを融合し、スマートシティー(...

同社は福島県の補助事業で、太陽光発電(PV)と蓄電池、電気自動車(EV)によるV2X(ビークル・ツー・X)システムの独立電源システムを2017年度から2...

エナジア、再エネ・V2Xで脱炭素 自立・分散型エネ事業全国展開 (2022/3/31 建設・生活・環境・エネルギー)

【福島】エナジア(福島県郡山市、白石昇央社長)は、再生可能エネルギーとビークル・ツー・エックス(V2X)の複合システムで脱炭素を実現する。... 同社のいわき支店に導入...

同社は再生可能エネルギーの活用に当たり、EVから電力系統へ電気を供給するV2G(ビークル・ツー・グリッド)技術が役立つとみて研究開発を進めている。今回の実験を通じV2Gの運用時間や利便...

ECU小型化に貢献 ホシデン、車載用超小型同軸コネクター開発 (2022/1/19 電機・電子部品・情報・通信2)

【東大阪】ホシデンは自動運転・先進安全システム用電子制御ユニット(ECU)や、第5世代通信(5G)・V2X(車車間・路車間通信)など...

V2X(車車間・路車間通信)に求められる水準を満たしており、自動運転機能の高度化に役立つとしている。

ダイヘンは、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)を活用した非常用電源「V2X(ビークル・ツー・エックス)システム」...

東電とヨークベニマル、非常時の電力供給を実証 PCS活用 (2021/10/12 建設・生活・環境・エネルギー2)

カギとなるのはEVから他の機器へ給電する「V2X」機能を持つPCS。... 実験は10、11の2カ月間、ヨークベニマル結城四ツ京店(茨城県結城市)で行う。

両社ともにV2X(ヴィークル・ツー・X)も導入する計画で、脱炭素化に拍車をかける。... さらに太陽光発電を追加し、電気自動車(EV)が電気を充・放電するV2X事業を2...

オンライン展、目白押し (2021/8/25 機械・ロボット・航空機1)

EVでは急速充電機器のほか、EVバッテリーと蓄電池などを直流で相互接続できるV2X(ビークル・ツー・エックス)、ワイヤレス充電機器の開発で求められる測定について紹介する。

椿本チエインは19日、電気自動車(EV)のバッテリーと、太陽光発電や蓄電池などを直流のまま相互接続できるV2X(ビークル・ツー・エックス)対応充放電装置「eLINK&#...

廃校となった旧田人第2小学校校舎を活用。... V2X(ビークル・ツー・エックス)やEVで使用したバッテリーの利活用システムの研究開発も行う。

通信技術の進展に伴い、車が他の車やインフラなどと通信し相互連携する「V2X」など、新たなサービスが生まれる。

「目指す5000億円企業は今の2倍以上。... 新事業は植物工場の自動化システム、新型コロナウイルス禍でニーズが高まるPCR検査自動化装置、電気自動車(EV)と連携するV2X(...

【京都】GSユアサは京都事業所(京都市南区)で、自家消費型エネルギーシステム「V2Xシステム=写真」の実証実験を始めた。... 実証では電力自給率や自家消費率、二酸化炭素...

アルプスアルパイン、5GNRモジュール 車載用サンプル出荷 (2021/3/23 電機・電子部品・情報・通信2)

車が交通インフラや他車、歩行者などと通信して相互連携する「V2Xシステム」と5Gを組み合わせるための部品として提案する。... V2Xシステムに5Gを活用することで、交通状況をナビゲーションシステムに...

V2Xシステム、ワイヤレス充電システム、溶接・接合などの環境関連分野、産業用ロボットなどの現場改善分野を軸に開発投資して、社会課題に向き合う「研究開発型企業」を目指す。

政府のグリーン成長戦略については、EVを非常用電源として活用できる『V2X』システムなどで貢献する」 【記者の目/異材接合など新領域を開拓】 現在の中計は...

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン