97件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

メッセンジャーリボ核酸(mRNA)原薬や遺伝子組み換えたんぱく質などバイオ医薬品関連の製造ラインを、有事にワクチン製造へ切り替える体制を描く。

さらには、18年に独ビオンテックとインフルエンザワクチンの共同開発契約を結んでいて、mRNAワクチンを設計する技術もあった。

mRNAの製造にも用いられ、ビオンテックのmRNA型ワクチンの原材料となる。

アクセリード(神奈川県藤沢市、藤沢朋行社長)は27日、米バイオ製薬のアークトゥルス・セラピューティクス・ホールディングスと合弁でリボ核酸(RNA)の一種、メッセンジャーRNA(mRNA)を活用する医薬...

国内では3月、新型コロナワクチンとして第一三共がメッセンジャーリボ核酸(mRNA)ワクチン、KMバイオロジクス(熊本市北区)は不活化ワクチンについて、それぞれ第1/2相臨床試験を始めた。 &#...

そこで毛包をモデル器官に選び、細胞外マトリックスのメッセンジャーリボ核酸(mRNA)の発現とたんぱく質の空間情報を網羅した毛包の「細胞外マトリックスアトラス」というデータベース(DB)を作成した。&#...

第一三共は、メッセンジャーリボ核酸(mRNA)を使った開発中の新型コロナワクチン「DS―5670」について、第1/2相臨床試験を開始した。

研究グループは今回、キャス9をmRNAの形にして使用。... キャス9のmRNAを使えば、ゲノム編集酵素の発現期間は数日程度になり、標的外遺伝子の切断を回避できる。 ... キャス9...

ファイザーの新型コロナワクチンは、メッセンジャーリボ核酸(mRNA)という遺伝情報を活用した核酸ワクチンで、投与すると新型コロナ表面のスパイクたんぱく質が細胞内で発現する。... 千葉大学医学部付属病...

予防を目指すものとして、mRNAワクチン(mRNA―1237、BNT162b2)、DNAワクチン(INO―4800)、不活化ワクチン、組換えワクチン(NVX―CoV2372)、などが見られる。

ファイザーとビオンテックのワクチンにはメッセンジャーリボ核酸(mRNA)という不安定な物質を使っているため、輸送と保管にマイナス75度Cの超低温環境が必要だ。

【mRNA活用】 一方、現在世界で接種が進む米ファイザーと独バイオ企業のビオンテックのワクチンは、メッセンジャーリボ核酸(mRNA)を活用する。... mRNAなど早期開発を可能にす...

―実用化が進むmRNAワクチンの有効性についてどのように捉えていますか。

モデルナのワクチンは、コロナウイルスの遺伝情報を伝える物質「メッセンジャーRNA(mRNA)」を投与して免疫を作る。

メッセンジャーリボ核酸(mRNA)ワクチンなど新規技術に比べて抗原発現や精製に開発期間を要するが、たんぱく発現技術を活用したインフルエンザ予防ワクチンなどは安全性・有効性を認められ実用化されている。

ファイザーの新型コロナワクチンは、メッセンジャーリボ核酸(mRNA)という不安定な物質を使っているため、輸送と保管にマイナス75度Cの超低温環境が必要だ。

BNT162b2はメッセンジャーリボ核酸(mRNA)を使った核酸ワクチンで、投与すると新型コロナ表面のスパイクたんぱく質が細胞内で発現し、重症化しにくくなると期待される。

高齢者も若者同様の免疫効果 米モデルナ、第3相治験で確認 米バイオ医薬品開発のモデルナは、すでに第3相臨床試験(治験)に入っている新型コロナウイルスワクチン「mR...

第一三共は日本医療研究開発機構(AMED)が支援し、東京大学医科学研究所が進める遺伝子(mRNA)ワクチン開発などに参画した。

名大、たんぱく質合成用mRNA開発 (2020/7/27 科学技術・大学)

【名古屋】名古屋大学大学院理学研究科の阿部洋教授らのグループは、天然由来に比べてたんぱく質の合成効率が20倍以上の人工のメッセンジャーリボ核酸(mRNA)を開発した。... mRNAは生体内でたんぱく...

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる